この画面をダブルクリックするか、ブロック右上の「編集」をクリックし、お知らせの内容を記入してください。
   
 
 
現在までの訪問者数1269259

メニュー

教育局の概要学校教育社会教育講師採用・人材育成学校一覧リンク集学校紹介コーナーダウンロードページ
※各ページのデータが必要な場合は、
中丹教育局までご連絡ください。

中丹のまなびⅫ
↓画像をクリックすると全ページご覧頂けます。(画像データ)


↓↓↓ ページタイトルをクリックしてください

00   表紙.pdf

01-02 超スマート社会を生き抜く人材の育成.pdf

03-04 必見これからの学力調査が変わる.pdf

05-06 個別最適な学びと協働的な学びの充実.pdf

07-08 課題解決型学習設計ガイド.pdf

09-10 未来の創り手となる子どもたちに必要な資質能力の育成を目指して.pdf

11-12 指導と評価の一体化による授業改善.pdf

13-14 資質能力をはぐくむ家庭科の授業づくり.pdf

15   裏面.pdf


◆中丹のまなびⅪ
【全体】



【内容】
・表紙
・未来をともに幸せに生きる
・人権教育を推進するために
・幼小接続でつなぎたいもの
・特別支援教育から広がるICT活用
・小学校担任制の4つの効果
・「主体的・対話的で深い学び」の実現(PBLの授業実践)
・「主体的・対話的で深い学び」の実現(学習ガイドの活用)
・「主体的・対話的で深い学び」の実現(学習指導案の作成)

◆中丹のまなびⅩ
【全体】


【内容】
・表紙
・共生社会の実現を目指して
・スタートカリキュラムの充実
・非認知能力を意図的に育むために
・PBL(課題解決型学習)のすすめ
・社会で必要なことは社会の中で学ぶ
 (総合的な学習の時間)
・生徒自身が"思考する"授業を目指して
 (中学校授業力向上プロジェクトより)
・評価から授業をつくる
・中丹の授業スタンダード
 (指導案参考様式)
 
                  親力アップ はぐナビランド
 



                  
 



 

京都府教育委員会相談窓口等

性格・行動・友人関係、心や体の発達・学業、
不登校やいじめ、しつけや子育てなどに
ついてのご相談を受け付けています。
電話           メール
  

ネットいじめを発見されたときは、
こちらから通報してください。



京都府教育委員会へのご意見箱
ご意見箱京都府の教育に関するご意見・ご提案をお寄せください。
 

算数・数学魅力アッププロジェクト☆メニュー☆

 
 
 
 
 
 
*----*----*----*----*----*----*----*----*----*----*----*----*----*----*----*----*----*----*----*----*----*----*----*----*----*----*----*----*----*----*-
 
算数・数学における小中連携の在り方
  京都産業大学 牛瀧文宏教授の講義より
小中連携の必要性
 最近よく言われているいわゆる「中1ギャップ」の現状について、中学1年生へのアンケート結果を見ると、小学6年生に比べ、数学が「好き」と答える生徒が半減し、「きらい」と答える生徒が倍増するというデータがある。
 これは、他教科ではあまり見られない数学特有の現象である。

 この現状を打破するために、1時間1時間の「指導法」の研究だけでなく、算数や数学という「教科」を理解する「教科理解」という観点が必要であり、この観点で見ていくと、これまで見えなかったものが見えてくる。
 「教科理解」をするために必要なのが、小・中学校の先生がお互いの授業を見合うということ。
 さらに、中学校の先生には、小学校の算数以外の教科の授業も見る必要がある

 連携の最大の目的は「15才学力に責任を持つ」ということ。
 小学校でしか学習しない内容については、小学校の間に教え切り、「算数」という教科で責任を持つことが大切である。

算数と数学の位置関係

 「教科理解」という観点で考えると、算数と数学にはつながるところとつながらないところがある。この整理はとても重要である。この2つの教科だけでつなぎを考えるとうまくいかない。そもそもこの2つの教科は、科目が違うのである。

 これを分かりやすく言うと、小学校の「算数」の学習内容は、中学校になると「数学」はもちろんであるが、「理科」や「社会」や「技術家庭」など他教科に細分化されていく。中学校の「数学」での「数」の扱いは分数が多くなるが、中学校「理科」では、小数を扱うことが多い。
 このように小学校の算数の内容は、中学校でのいろいろな教科に分化していくのである。

 このように、小学校と中学校の様々な違いを見ていくことが、連携の大きなポイントになるのである。使われている「言葉」や「表現」の違い、小学校で「やっていること」と「やっていないこと」、教科書に「出ていること」と「出ていないこと」これらを捉えるために、それぞれの教科書をじっくり見比べていくことが大切である。