現在までの訪問者数772395
 
 
       コンセプト
 
 

メニュー

教育局の概要教育振興事業学校教育社会教育講師採用・人材育成学校一覧文化財リンク集ダウンロードページ
◆平成29年度中丹「はぐくみたい力」育成プラン

  (1ページ)                  (2ページ)    



(3ページ)                   (4ページ) 



 
◆平成29年度学校教育の取組   
 
◆平成29年度社会教育の取組
 
 

ダウンロード

◆由良川元気サミット(H29)発表校決定
 H29開催要項

◆由良川元気サミット(H29)
 H29募集要項・応募票.doc

◆「みんなの笑顔」特別支援教育研修会(10/31)
 自校の振り返りシート.doc

◆学力充実対策会議(5/31)
   実践レポート用紙学力充実対策会議研究協議資料.doc  

中丹地域の特別支援教育の取組全体図(H29)

◆特別支援教育「中丹★研修ガイド」
   表紙.pdf    29中丹★研修ガイド.pdf

◆英語力向上プロジェクト(H25更新)
  つないでシート・ふりかえりシート

◆理科力向上プロジェクト(H27更新)
  小・中学校理科ふりかえりシート 
  やる気!理科実験リーフレット

算数・数学魅力アッププロジェクト

学校と地域を結ぶプロジェクト(H25)

みんなの笑顔プロジェクト(H23更新)
 
                 
                      ↑ 詳しくはここをクリックしてください。



                  
 

中丹管内の学校紹介コーナー

加久藤(かくとう)火山灰の露頭
 福知山市立有仁小学校西側、山の斜面に、※加久藤(かくとう)火山灰層が見られます。京都府内で唯一確認できる、非常に貴重な地質資料です。

 ※加久藤火山灰・・・ 約33万年前の大噴火により加久藤盆地(鹿児島県から宮崎県にまたがるカルデラ性盆地)から飛来した火山灰

絵文字:マル過去に紹介した学校

 
 

京都府教育委員会相談窓口等

性格・行動・友人関係、心や体の発達・学業、
不登校やいじめ、しつけや子育てなどに
ついてのご相談を受け付けています。
電話           メール
  

ネットいじめを発見されたときは、
こちらから通報してください。



京都府教育委員会へのご意見箱
ご意見箱京都府の教育に関するご意見・ご提案をお寄せください。
 

算数・数学魅力アッププロジェクト☆メニュー☆

 
 
 
 
 
 
*----*----*----*----*----*----*----*----*----*----*----*----*----*----*----*----*----*----*----*----*----*----*----*----*----*----*----*----*----*----*-
 
算数・数学における小中連携の在り方
  京都産業大学 牛瀧文宏教授の講義より
小中連携の必要性
 最近よく言われているいわゆる「中1ギャップ」の現状について、中学1年生へのアンケート結果を見ると、小学6年生に比べ、数学が「好き」と答える生徒が半減し、「きらい」と答える生徒が倍増するというデータがある。
 これは、他教科ではあまり見られない数学特有の現象である。

 この現状を打破するために、1時間1時間の「指導法」の研究だけでなく、算数や数学という「教科」を理解する「教科理解」という観点が必要であり、この観点で見ていくと、これまで見えなかったものが見えてくる。
 「教科理解」をするために必要なのが、小・中学校の先生がお互いの授業を見合うということ。
 さらに、中学校の先生には、小学校の算数以外の教科の授業も見る必要がある

 連携の最大の目的は「15才学力に責任を持つ」ということ。
 小学校でしか学習しない内容については、小学校の間に教え切り、「算数」という教科で責任を持つことが大切である。

算数と数学の位置関係

 「教科理解」という観点で考えると、算数と数学にはつながるところとつながらないところがある。この整理はとても重要である。この2つの教科だけでつなぎを考えるとうまくいかない。そもそもこの2つの教科は、科目が違うのである。

 これを分かりやすく言うと、小学校の「算数」の学習内容は、中学校になると「数学」はもちろんであるが、「理科」や「社会」や「技術家庭」など他教科に細分化されていく。中学校の「数学」での「数」の扱いは分数が多くなるが、中学校「理科」では、小数を扱うことが多い。
 このように小学校の算数の内容は、中学校でのいろいろな教科に分化していくのである。

 このように、小学校と中学校の様々な違いを見ていくことが、連携の大きなポイントになるのである。使われている「言葉」や「表現」の違い、小学校で「やっていること」と「やっていないこと」、教科書に「出ていること」と「出ていないこと」これらを捉えるために、それぞれの教科書をじっくり見比べていくことが大切である。