現在までの訪問者数794919
 
 
       コンセプト
 
 

メニュー

教育局の概要教育振興事業学校教育社会教育講師採用・人材育成学校一覧文化財リンク集ダウンロードページ
◆平成29年度中丹「はぐくみたい力」育成プラン

  (1ページ)                  (2ページ)    



(3ページ)                   (4ページ) 



 
◆平成29年度学校教育の取組   
 
◆平成29年度社会教育の取組
 
 

ダウンロード

◆由良川元気サミット(H29)発表校決定
 H29開催要項

◆由良川元気サミット(H29)
 H29募集要項・応募票.doc

◆「みんなの笑顔」特別支援教育研修会(10/31)
 自校の振り返りシート.doc

◆学力充実対策会議(5/31)
   実践レポート用紙学力充実対策会議研究協議資料.doc  

中丹地域の特別支援教育の取組全体図(H29)

◆特別支援教育「中丹★研修ガイド」
   表紙.pdf    29中丹★研修ガイド.pdf

◆英語力向上プロジェクト(H25更新)
  つないでシート・ふりかえりシート

◆理科力向上プロジェクト(H27更新)
  小・中学校理科ふりかえりシート 
  やる気!理科実験リーフレット

算数・数学魅力アッププロジェクト

学校と地域を結ぶプロジェクト(H25)

みんなの笑顔プロジェクト(H23更新)
 
                 
                      ↑ 詳しくはここをクリックしてください。



                  
 

中丹管内の学校紹介コーナー

加久藤(かくとう)火山灰の露頭
 福知山市立有仁小学校西側、山の斜面に、※加久藤(かくとう)火山灰層が見られます。京都府内で唯一確認できる、非常に貴重な地質資料です。

 ※加久藤火山灰・・・ 約33万年前の大噴火により加久藤盆地(鹿児島県から宮崎県にまたがるカルデラ性盆地)から飛来した火山灰

絵文字:マル過去に紹介した学校

 
 

京都府教育委員会相談窓口等

性格・行動・友人関係、心や体の発達・学業、
不登校やいじめ、しつけや子育てなどに
ついてのご相談を受け付けています。
電話           メール
  

ネットいじめを発見されたときは、
こちらから通報してください。



京都府教育委員会へのご意見箱
ご意見箱京都府の教育に関するご意見・ご提案をお寄せください。
 

京都府奉仕活動・体験活動情報センターでのボランティア登録
及び紹介、相談業務実施要領
 
1 趣旨
子どもの体験活動及び府民の生涯学習を支援するボランティアを希望する個人又は団体とボランティアの受入れを希望する団体、施設等(以下「団体等」という。)のコーディネイトを行うため、京都府奉仕活動・体験活動情報センター(以下「センター」という。)での登録及び紹介並びに相談業務の実施に関し、必要な事項を定める。
 
2 登録資格
(1) 子どもたちの体験活動を支援しようとする個人又は団体。ただし、個人の登録は16歳以上であること。
(2) 府民の生涯学習を支援しようとする個人又は団体。ただし、個人の登録は16歳以上であること。
(3) 子どもたちの体験活動を推進するためボランティアを受け入れようとする団体等
(4) 府民の生涯学習を推進するためボランティアを受け入れようとする団体等
 
3 登録等の手続
(1) ボランティア登録希望者は、登録用紙(別記第1号様式)をセンターに提出し面接により登録手続を行い、センターは登録の可否を本人に通知する。なお、高校生が登録を希望する場合は、保護者の承諾を必要とする。
(2) ボランティア登録希望団体及び受入希望団体等は、登録用紙(別記第2号様式・第3号様式又は第4号様式)をセンターに提出して登録手続を行い、センターは登録の可否を団体代表者に通知する。
(3) 登録の期間は2年とする。
(4) 活動分野・内容によっては登録できない場合もある。
 
4 情報収集の内容
センターは、登録用紙の提出及び面接(個人のみ)により情報収集を行い、その内容は以下のとおりとする。
(1) ボランティアを希望する個人については、氏名、連絡先、活動内容、活動地域及び活動希望意見とする。
(2) ボランティアを希望する団体については、団体名、連絡先、活動内容、活動可能地域、団体概要、E-mailアドレス及びURLとする。
(3) ボランティアの受入れを希望する団体については、団体名、連絡先、ボランティアを求める事業の概要、ボランティアの活動内容、団体概要、E-mailアドレス及びURLとする。
(4) ボランティアの受入れを希望する施設又は機関については、施設名又は機関名、連絡先、ボランティアを求める事業の概要、ボランティアの活動内容、E-mailアドレス及びURLとする。
 
5 情報提供の内容
センターは、登録した個人、団体、施設、機関の同意を得て、ホームページ、情報誌及び相談業務において情報提供を行い、その内容は以下のとおりとする。
(1) ボランティアを希望する個人の情報については、ホームページ、情報誌への掲載及び相談業務での提供は行わない。
(2) ボランティアを希望する団体の情報については、原則として、団体名、活動内容、活動可能地域及びURLを公開対象とするが、非公開を選択することもできる。その他の内容については、公開又は非公開を選択できる。
(3) ボランティアの受入れを希望する団体の情報については、原則として、団体名、ボランティアを求める事業の概要、ボランティアの活動内容及びURLを公開対象とするが、非公開を選択することもできる。その他の内容については、公開又は非公開を選択できる。
(4) ボランティアの受入れを希望する施設又は機関の情報については、原則として、団体名又は機関名、ボランティアを求める事業の概要、ボランティアの活動内容及びURLを公開対象とするが、非公開を選択することもできる。その他の内容については、公開又は非公開を選択できる。
 
6 登録の取消し
センターは、次のいずれかに該当する場合、登録の取消しを行う。
(1) ボランティア登録者・団体及び受入団体等から取消しの申出があったとき。
(2) この要領の趣旨に反する行為があったとき。
 
7 センターの事務手続等
(1) センターは、登録用紙記載内容の概要を登録一覧表(別記第5号様式から第8号様式まで)にし、相談業務に活用する。
(2) センターは、登録した団体、施設及び機関の同意に基づき、その登録内容をホームページ及び情報誌で府民に提供する。
(3) ボランティア活動の実施に際しての具体的な内容等については、ボランティア登録者・団体と受入団体等が協議して決定する。
 
8 その他
(1) 登録用紙及び登録一覧表は、登録者本人及びセンター職員以外は閲覧できない。
(2) 政治活動、宗教活動及び営利目的の活動に対する援助とならないよう十分配慮すること。