お知らせ 

   

宅学習課題&ホームページ集

                                          
   

京都府中丹教育局のホームページに、紹介されています。それぞれの学習にご活用ください。

  

京都府中丹教育局
「自宅学習課題&ホームページ集について」

http://www.kyoto-be.ne.jp/tyuutan-k/cms/?page_id=375

文部科学省にも、あります。
  (このサイトは、これから随時更新される予定です。)

 

 「臨時休業期間における学習支援コンテンツポータルサイト


 「京都府教育委員会からの挑戦状」

  

http://www.kyoto-be.ne.jp/gakkyou/cms/?page_id=220

京都教育大学公式 YouTube kyokyochannnel

 

お知らせ

                        令和3年度 豊里中学校部活動指導指針
  
                                                                                 綾部市立豊里中学校

1 部活動の目的
 (1) 生徒が自ら選択したスポーツ活動や文化活動を活発に発展させることにより、
       自己の特性を伸ばし個性豊かな人格の形成を図る。
 (2) 対外試合や異年齢集団での交わりを通して、社会規範やマナーを身に付ける
       とともに、人間関係を構築する力を育む。

2 方針
 (1) 部活動を、体験的に人格形成を図る教育活動の一部としてとらえる。
 (2) 教職員の一致した指導方針に基づき、指導に当たる。
 (3) 生徒の意思を尊重し、理解と納得を重視して指導に当たる。
 (4) 生徒の生活、健康、学習、家庭状況など十分に配慮するとともに保護者との 
       連携を密にする。
 (5) 部活動を生徒会の自主、自治活動に位置付ける。

3 活動計画
 (1)  本年度設置する部活動
 ・ 野球部
 ・ 女子バレーボール部 
 ・ 男子バスケットボール部 ・ 女子バスケットボール部 
    ・ 男子ソフトテニス部   ・ 女子ソフトテニス部
    ・ 美術部
 
 (2)  活動時間および日数
   ア 基本 
    「運動部活動の在り方に関する総合的なガイドライン」(30年3月スポーツ庁)
      「京都府部活動指導指針」(30年4月京都府教育委員会)
      「綾部市部活動活動指導指針」(30年5月綾部市教育委員会)
   ① 学期中は、週当たり2日以上の休養日を設ける。
     (平日は少なくとも1日、土曜日及び日曜日は少なくとも1日以上を休養日
          とする。週末に大会参加等で活動した場合は、休養日を他の日に振り返る。)
   ② 長期休業中の休養日の設定は、学期中に準じた取り扱いを行う。
   また、ある程度長期の休養期間(オフシーズン)を設ける。      
         ③ 1日の活動時間は、平日では2時間程度、学校の休業日(学期中の週末含)
        は3時間程度を原則とする。
 
   イ 放課後の部活動
     ・ 水曜日を休養日とすることを基本とする。
     ・ 活動時間
   ● 月別終了時刻・完全下校時刻
   ◎ 4・5・10・2・3月      17:00 終了         17:20完全下校
   ◎ 6・7・9月           17:10            17:30
   ◎ 11・12・1月          16:40            17:00
                            *気象状況等により変更する場合がある
   ウ  朝の部活動
      ・ 朝練習の参加は任意とする。(活動時間 7:40~8:10)
     エ 土日の部活動 
      ・  土日の活動は、どちらかの1日とする。
      ・  土日の活動は、3時間程度の活動とする。
          (大会・練習試合はこの限りではない。)
       
    オ 長期休業中の部活動について
       次の期間は活動しない。
        ・ 夏休み     8月9日~8月16日
        ・ 冬休み    12月29日~1月3日
        ・ 春休み        4月  1日 ~始業式の前日
 
    カ その他
  ・ 期末テストは1週間前から活動禁止を原則とする。   
        朝練習については生徒の意思を尊重し顧問と相談し決定する。
  ・ 大会等で、土日両日活動した場合には、翌週の他の曜日を休養日とする
    ことを基本とし、該当の部は、朝の部活動及び放課後の部活動を行わない。

4  大会参加について
 (1)  部活動として参加する大会は、以下の点に該当するものであること。
  ・ 府中体連主催のものである。
     ・ 顧問が引率して参加する。
     ・ その他の大会は、校長が許可した場合のみとする。
   ・  部活動として、大会(練習試合含む)に参加する場合は、計画を作成し、 
       保護者に配布する。
       
5 部活動への入部
 (1)  現行の部のいずれかに全員が所属する。
 (2)  運動部に入部するに当たっては原則、主を学校の部活動とする。
  そうでな い場合は美術部に入部する。事情により社会体育参加と運動部を兼ねた
  い場 合は教育相談(保護者、本人、顧問、担任)を行い入部の確認をとる。
   部活動の状況により入部できない場合は美術部となる。
       入部後同様の希望が出てきた場合も同様の教育相談を行う。

6 部活動の運営
 (1)  各部活動顧問は、年間(月毎)活動計画を以下の点に留意し作成する。
    ・ 本校の活動方針に沿った計画であること。
    ・ 活動方針・活動計画は管理職による事前の承認を受けること。
 (2) 活動について
    ア 各活動場所には顧問が付き、指導及び安全管理(施設設備等・熱中症対策・
   気象変化対策含む)を行う。顧問が付けない場合は、他の教員が管理を行う。
  イ 部員の服装は、学校のきまりに沿ったものとする。
  ウ 大会や練習試合に参加する場合も、学校生活と同様もしくは、チームで統一
      された服装とする。

7 その他
  (1)  本活動方針は、本校ホームページ等で公開する。
  (2)  生徒との連絡方法は、家庭への電話(連絡網)で行う。
  (3)  SNS等を使用しての連絡は禁止する。