学校経営計画

                                                             令和4年度 学校経営計画

                                 綾部市立豊里中学校


【ブロック教育目標】

夢や希望をもって未来を切り拓ける幼児児童生徒を育成する
【めざす幼児児童生徒像】(10年間で育てたい力)

    (1) 自ら学び考える幼児児童生徒 (かしこく)

 (2) 人間関係を築く幼児児童生徒 (やさしく)    ⇒ 生きる力の育成

 (3) 粘り強くやりきる幼児児童生徒(たくましく)

 1 学校教育目標

 感謝の気持ちを持ち、かしこく、やさしく、たくましい生徒を育成する。
【めざす生徒像】

 (1) 基礎学力を身に付け、自ら学び、自ら考える生徒

 (2) 自分を大切にし、人を大切にする生徒

 (3) 心も体も健康で、たくましく生きる生徒

【めざす教師像】

 (1)  生徒一人一人を大切にし、深い愛情を持つ教師

 (2)  教育への強い使命感を持つ教師

 (3)  「あい」のある学習を推進し、生徒の学びに向かう力を高め、確かな学力を付ける教師

 (4)  社会常識を備え、保護者・地域、同僚から信頼される教師
2 学校経営方針

 (1) 学習指導要領、府の第2期教育振興プラン・学校教育の重点、市の学校教育の重点を踏まえ、適切な教育課程を編成し、組織的・計画的に教育目標の具現化を目指す。

 (2) 豊里キャンパス構想を基にした地域との連携により、生徒・保護者・地域が誇りを持ち、信頼される学校を創造する。

 (3) 綾部市小中一貫教育基本構想「あい紡ぎプラン」に基づき、豊里ブロックの特性を生かした具体的実践を推進する。

3 学校経営の重点課題

 (1) 人権教育を柱にして「豊かな感性と温かい人間性の育成」に取り組み、一人一人の尊厳と人権が尊重される学校づくりを推進する。

 (2) 小中9年間の一貫性・系統性をふまえて、授業研究の活性化や指導と評価の一体化をもとに確かな学力の定着を図る。  (「あい」のある学習を基盤とした実践)

      具体的には、ア GIGAスクール構想によるタブレットを効果的に活用した学び

                      イ 協働的な学びと個別最適化された学び

            ウ 授業と家庭学習がつながった学び

                       を取り入れた授業について研究を進める。

 (3) 不登校の解消と未然防止並びに特別な支援を必要とする生徒への対応についての生徒理解の研究を進める。特に、新生徒指導提要をもとに、教育活動全般において開発的・予防的な生徒指導を進めることにより、一人一人に居場所のある学校をつくる。

 (4) 幼小中及び地域と連携したキャリア教育の充実により、将来に展望を持ち希望進路を実現できる能力・態度の育成を図るとともに、体験活動等を通し「ふるさと綾部」を愛する心や社会の変化に対応する力(非認知能力)を育成する。

 (5) 新しい時代の特別活動の指導方法や指導内容について研修し、「人間関係形成」「社会参画」「自己実現」の視点から「自主・自律・自治」の力を育成する。

 (6) 健康安全への理解を深めるとともに防災教育を一層進め、状況に応じて自ら判断して行動できる危機対応能力の育成と向上を図る。

 (7)  教育公務員としての自覚と教育への熱意や使命感をもつ。

  【本年度の留意事項】

 1 教員は指導者としての自覚と共に、自らも生徒と一緒に学んでいるという意識を持つ。 
 2 こだわりと親身になった指導により、生徒や保護者からの深い信頼関係を構築する。ただし、限られた時間でより成果を出せるように働き方を工夫する。

 3 合唱などの表現活動を中心とした特色ある学校づくりを進めるが、生徒数の減少や社会の変容などに鑑み、改めて目的を確認して取組を計画する。

 4 教員の言動は生徒の手本となることを念頭に置き、生徒も教員も互いの良さを伸ばすことのできる活気ある学校づくりに取り組む。

  5 希望進路の実現のために、「授業」「家庭学習」を効果的に繋げる取組を早期に学校全体で構築する。

  6 生徒の力を育成するため、教育に関する「基本的な知識」と「具体的指導における指導方法や指導事項についての理解」の研修を適宜入れる。(短時間の研修)