12月20日(金)、2学期の終業式を行いました。校長先生をはじめ、各分掌部長の先生方より講話があり、校長先生からは今学期の振り返りとともに、「兀々地」(ごつごつち)という言葉を用い、毎日こつこつと工夫して努力を行うことの必要性についての話がありました。

式の最後には第39回近畿高等学校総合文化祭で優秀賞を受賞した演劇部の活躍が紹介されました。

HRでは、年末年始の生活についての注意事項が伝えられ、成績表が手渡されました。