11月14日(木)~17日(日)にかけて独立行政法人国立青少年教育振興機構が主催する全国防災ジュニアリーダー育成合宿に2年マネジメントクラスの2名が参加しました。この合宿は防災学習を実施している全国の中学、高校生の代表が参加し、防災・減災活動の担い手を育成することをテーマに実施されています。今年度は熊本県の国立阿蘇青少年交流の家を中心に、多くの研修や熊本城や火山博物館、むき出しになった断層や被災地の見学などのフィールドワークをとおして防災に関する知識を深めました。

生徒たちは全国の高校生と交流を深め、積極的に学習に励むことができました。ポスターセッションでは本校で実施している出前授業の取り組みや、京都アニメーションの火災事故に関する学習の様子について質問や関心が寄せられました。講演をされた先生にも終了後に直接質問に行くなど、意欲的に取り組みました。

今後も本校においてリーダーシップを発揮してくれることを願っております。

今回、お世話になりましたすべての方に感謝申し上げます。