10月4日(金)の5、6限に、2年生を対象に体育館で主権者教育・租税教室を行いました。見税務署および京都府選挙管理委員会から、それぞれ講師をお招きし、税金の使われ方や町づくり等、身近な事柄から政治について考えました。また、模擬選挙・投票を通して、生徒たちは選挙の意義やしくみについて理解を深めることができたようです。