6月6日(木)5・6限に、ライフサポートクラス3年生では車いす体験実習を行いました。伏見区社会福祉協議会より数人の職員の方に来ていただいて車いすの操作方法について学び、自走する、介助する実習をしました。「一人で車いすを操作するのは力が必要」、「介助者に声をかけてもらうと本当に安心だった」など発見があったようです。