5月30日(木)2年生キャリアコースライフマネジメントクラスは、阪神・淡路大震災についての知識を深めることを目的に校外学習を行いました。午前中は神戸の「人と防災未来センター」で当時の被害や復興に向けての人々の取り組みなどを自分たちでまとめ、液状化現象や耐震構造などについて学びました。午後からは神戸学院大学に移動し、現代社会学部社会防災学科の前林清和教授より、阪神・淡路大震災と東日本大震災の被害の違いについて学び、私たちが大災害発生時に何ができるかなどを考察しました。