3月20日(水)、本校体育館で終業式を行いました。学校長は、式辞の中で、大リーグの大谷翔平選手の言葉『先入観が、可能を不可能にする』を引用して、自分で何かに取り組むとき、やる前から諦めてしまったり、自分にはできないと言い訳にしてしまうのではなく、自分の力を信じて何事にもチャレンジしてほしいと、生徒たちに話されました。続いて、進路指導部長から、講和の中で、自己の進路を見据え、高校生活の学びをきちんと記録し、ポートフォリオとして蓄積していくことを習慣化するよう助言がありました。式後、生徒会から取組の報告や生徒指導部長からの諸注意がありました。春休みを経て、さらに成長した姿で新年度を迎えてくれることを期待しています。