社会に貢献できる人間の育成を使命とし、" 真の自己実現にTRY をスローガンに、「質の高い学力」と「信頼される人間力」を育むキャリア教育を推進しています。                                                                                                                          
                                                                                                              TEL. 075-572-2323   FAX 075-572-2317 
 〒601-1326 京都市伏見区醍醐新町裏町
25-1                            

 

設置コース及びボランティア活動



       
 



     


     


    



        


    
      



 
 
 
 
   
          
QRコード
     
    
携帯からも本校
    のHPが見られます!
 
114976アクセス数
スクールライフ2015
12345
2016/03/20

吹奏楽部定期演奏会

Tweet ThisSend to Facebook | by 総務部
吹奏楽部定期演奏会が東部文化会館で行われました。
この3月に卒部する3年生たちの愉快なコスプレステージや卒部セレモニーも行われ、笑いあり涙ありの定期演奏会でした。
  
  
  
  
  
  
14:50 | 投票する | 投票数(2) | コメント(0) | 部活動等活躍・実績
2016/03/18

平成27年度修了式

Tweet ThisSend to Facebook | by 総務部
平成27年度修了式を実施しました。式に先立ち、生徒指導部から交通安全に関する研究発表とその研究成果として作製された、交通安全マップのお披露目と安全な登下校に関しての注意喚起がありました。
また、東日本大震災で犠牲になられた方々を偲び、全員で1分間の黙祷を行いました。
修了式では、校長先生を始め3人の部長の先生方からお話がありました。
今年一年間をふりかえり、そして来年の目標を定め、一年後の自分の姿を想像して来年度を過ごせるよう春休みを有意義に過ごしてほしいと思います。
式の最後に、3学期間に活躍した生徒たちの伝達表彰も行いました。
  
  
11:00 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | 学校行事
2016/03/13

第27回全国車いす駅伝競走大会にボランティア参加

Tweet ThisSend to Facebook | by 総務部
第27回全国車いす駅伝競争大会の運営及び選手介護をするボランティア活動に、本校生徒が参加しました。大会前の3回に及ぶ研修を経て、前日より大会準備をお手伝いし、当日は早朝より活動を開始しました。大会に参加される選手の方々が最高のパフォーマンスを発揮することができるように、そして、無事に大会が進むように心をこめて支援することができ、参加生徒一同大感激でした。
10:09 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0) | 地域連携・ボランティア活動
2016/03/11

ヒューマン&サイエンスリサーチ「文明と環境」特別講義

Tweet ThisSend to Facebook | by 総務部
ヒューマン&サイエンスリサーチシリーズ合同で、講師に立命館大学古気候学研究センター長の中川毅先生をお迎えして、「文明と環境」の特別講義を実施しました。
中川先生は福井県水月湖の湖底堆積物から得られた「年縞」を日英独らの研究者と分析をすすめ、52,800年前まで正確に遡れる地質年代測定の世界標準をつくられました(2012年7月13日;第21回国際放射性炭素会議@フランス・ユネスコ本部にて決定)。その内容は論文としてSience2012年10月19日号に"A Complete Terrestrial Radiocarbon Record for 11.2 to 52.8 kyr B.P."のタイトルで掲載されています。
特別講義の前に本校生徒有志らとビジネスランチを取り、ヒューマンリサーチシリーズ担当者による「文明と環境」に関するブリーフィングの後、「荒ぶる時代とおだやかな時代~人類は気候の激変期をどのように生きたか~」のテーマで特別講義をしていただきました。
水月湖の年縞データは、地質学年代の物差しになっただけでなく、火山噴火、地震、洪水等の痕跡をとどめ、また花粉化石等から劇的な気候の変化も読み取ることができます。あらゆる自然災害と気候変動が発生した過去を知ることにより、将来起こりうる事象に対応できる備えをすることができます。それらの実践には、世界中のあらゆる「多様性」を認め合うことの重要性も中川先生は生徒たちに強くうったえらえました。
特別授業の後、活発な質疑応答もあり、2時間の授業時間はあっという間に過ぎてしまいました。
  
  
  
   
  
17:28 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | ヒューマンリサーチシリーズ
2016/03/01

第37回卒業証書授与式を行いました

Tweet ThisSend to Facebook | by 総務部
寒さが少しばかり緩む中、第37回卒業証書授与式を行いました。
それぞれの思い出を胸に、卒業生たちは笑顔で巣立っていきました。
  
  
  
  
  
  
   
  
13:55 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | 学校行事
2016/02/14

フランス・ジュールゲード国際高校との交流

Tweet ThisSend to Facebook | by 総務部
フランスより来日したジュールゲード国際高校が本校生徒らと交流を行いました。
本校に隣接する世界文化遺産・醍醐寺において、境内見学、茶道体験、茶碗の絵付けなどを本校生徒らと行いました。
茶道体験では本校オリジナルの干菓子が振る舞われ、説明をすると歓喜の声があがっていました。
また、茶碗の絵付けでは、さる1月末に本校生徒が研修した成果を発揮し、フランスの生徒たちにアドバイスをする場面も見られました。
盛りだくさんの交流内容でしたが、双方の生徒達はこの交流を通じて、互いの文化を理解することの重要性をこの交流で学ぶことができました。
  
  
  
  
  
  
  
  
11:02 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | 人権教育・国際教育・ESD
2016/02/13

男子バレーボール部 新人戦で健闘

Tweet ThisSend to Facebook | by 総務部
亀岡運動公園体育館で行われた「平成27年度京都府高等学校バレーボール新人選手権大会」において、本校男子バレーボール部が、強豪・東山高校(本大会優勝校)と対戦し健闘しました。
本校は1年生主体のチームのため、今後の活躍が期待できます。
【スコア】
          8 - 25
東稜高校 0          2 東山高校
         17 - 25

  
  
10:52 | 投票する | 投票数(6) | コメント(0) | 部活動等活躍・実績
2016/02/12

ライフスポーツコース特別授業「スポーツを仕事にする」

Tweet ThisSend to Facebook | by 総務部
キャリアコース・ライフスポーツ第2学年の生徒を対象に、特別授業「スポーツを仕事にする」を実施しました。講師に京都文教短期大学森井秀樹先生をお招きし指導いただきました。
スポーツを仕事にするには、プレイするだけでなく、サポート、指導、研究等、異なる視点からのアプローチも必要であり、それぞれについて具体的な職業例を挙げながら、生徒たちとともに考える機会を持っていただきました。
  
10:37 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | キャリアコース(ライフスポーツ)
2016/02/11

国際協力中学生・高校生エッセイコンテスト受賞結果

Tweet ThisSend to Facebook | by 総務部
本校は地歴公民科を中心に、2010年度から「国際協力機構(JICA)主催 国際協力中学生・高校生エッセイコンテスト」に作品を応募し、その取り組みの中で国際協力の重要性を指導してきました。
このコンテストは本年度で、中学生の部は20回、高校生の部は54回の歴史を持ち、年々応募数が増加しています。今年度は全国(一部海外の日本人学校等含む)から中学生の部40,119点、高校生の部29,636点、総数69,755点の作品が応募されました。その中から、本校生徒が個人賞を受賞しました。併せて、応募初年度から連続受賞してきた「学校賞」の業績が認められ、今年度も昨年度に続き、2度目の「特別学校賞」を受賞することができました。
【受賞結果】
青年海外協力隊OB会会長賞 2年女子
特別学校賞
↑受賞の詳細についてはそれぞれをクリック
   
10:22 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0) | 人権教育・国際教育・ESD
2016/02/09

AED講習会を実施

Tweet ThisSend to Facebook | by 総務部
第2学年全員を対象にAED講習会を実施しました。伏見消防署醍醐消防分署の方々をお招きし、心臓マッサージ及び、AEDの使用方法について指導いただき、全員が一連の動作ができるように実習を行いました。
この講習は「命を繋ぐ大切な技能を習得する講習」として位置づけており、あってはならない不測の事態に適切な対応ができることを期待しています。
  
  

10:11 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | 教科の取り組み
12345

お知らせ

スクールライフ2015については、手続等の関係により遅れてアップロードされることがあります。
あらかじめご了承ください。