特別支援教育課 企画調整係と指導推進係             
 
 
特別支援教育のセンター的機能
特別支援教育のセンター的機能
 
  京都府では、特別支援学校がその専門性を活かし、地域の関係機関等と連携をとりながら、障害のある子ども、その保護者並びに保育所、幼稚園、小学校、中学校及び高等学校等に対する相談と支援を行っています。
 障害のある子どもが地域において豊かに生活ができるようサポートすることにより、自立と社会参加の促進を図ります。
 
○主な実施事業
地域支援センターの設置 地域の学校等の障害のある子どもへの教育相談等を行うため、地域支援センターを設置します。
地域支援コーディネーター等の指名 教育・福祉・医療・保健・労働等の関係機関や地域の学校との連携をする推進役として、「地域支援センター長」及び「地域支援コーディネーター」を指名します。
学校の実情に応じて「特別支援教育コーディネーター」を指名します。
地域特別支援教育総合推進事業運営協議会の設置 支援地域内における特別支援教育を総合的に推進するため、学校や関係部局・機関等からなる「地域特別支援教育総合推進事業運営協議会」を設置します。
相談支援チーム(巡回相談チーム)の設置 障害のある児童等に対する望ましい教育的対応について、学校等に助言を行うため、関係機関と連携し、医師、心理学の専門家、福祉関係者及び高い専門性を有する教職員等からなる相談支援チームを設置します。
教育相談 相談支援チームを運営・活用しながら、障害のある児童等、その保護者及び学校等に対して電話、来校又は巡回による教育相談を実施しています。
個別の指導計画・個別の教育支援計画作成の支援 地域の学校等の「個別の指導計画」・「個別の教育支援計画」の作成を積極的に支援します。
研修支援等 学校側からの要請に応じて研修講師の派遣、教材・教具の貸し出し、施設設備の提供等、必要な支援を行います。
広報活動 事業実施内容の広報活動に努めます。