障害のある子どもたち一人一人のために
 ノーマライゼーションの進展に対応して、従来の障害児教育の対象の障害だけでなく、LD(学習障害)、
ADHD(注意欠陥/多動性障害)、高機能自閉症等を含め、障害のある子どもたちの自立や社会参加に向けて、一人一人の教育的ニーズを把握して、その持てる力を高め、生活や学習上の困難を改善又は克服するために、適切な指導や必要な支援を行うのが、特別支援教育です。
  この考え方に立ち、子ども・保護者・地域の人たちの願いに応えるための教育活動を大切にしています。 
       
 
まなびのバイキング
 
はあと ギャラリー in Rubino

はあと  ル ビ ノ
ギャラリー in Rubino




平成20年6月6日(金)、
はあとギャラリー in Rubinoがオープンしました!


 
ルビノ京都堀川の1階で展示しています。
 

 児童生徒が一生懸命作成した作業学習製品です。
 展示作品は随時入れ替える予定です。

 「京都盲唖院」の貴重な資料を展示しています。
 


 展示物 (会場にリーフレットをおいています)
    日本で最初の障害のある人の学校
 「京都盲唖院」関係の資料

 府立特別支援学校作業学習製品

 府立特別支援学校児童生徒作品

   

ルビノ京都堀川アクセスマップ
 会場

 公立学校共済組合京都宿泊所
  「ルビノ京都堀川」1階

 会場へのアクセス

 ●地下鉄ご利用の場合
  「丸太町駅」から徒歩15分

 ●市バスご利用の場合
  最寄りバス停
  「堀川下長者町」駅 すぐそば



児童生徒の日頃の学習の成果を、ぜひ、見に来てください