学校生活

 

7月初頭から降り続く九州地域の豪雨に苦しむ方々に何か出来ることをしようと、
生徒会が主催となって募金活動に取り組みました。
13日から15日までの3日間、生徒会役員が校門の前に立ち、募金を呼びかけました。

 

スクールサポーターの方をお迎えして薬物乱用に関する講演をしていただきました。
生徒たちは熱心にお話を聞いていました。

 

 2020年東京五輪・パラリンピックまでに47都道府県を巡って、各地の日本遺産を広く知ってもらう文化庁主催の企画です。この企画のスタート地点として京都が選ばれ、宇治の萬福寺で7月2日(日)に京舞・落語・長唄が披露されました。その際、高校生たちが取材をし、その記事が共同通信社より全世界に発信されることとなりました。その大役を本校生徒会長 谷井君が務め、ボランティアで参加した向井さんと共に伝統芸能を堪能し、出演者に積極的に取材しました。

 

ボランティア募集を受けて集まった有志と
生徒会役員で花壇の整備を行いました。
綺麗になった花壇には改めて花を植える予定です。

 

平成29年度前期生徒会役員の立候補者による、
全校生徒に向けた立ち会い演説会が行われました。
演説後全生徒による信任投票が行われ、全員信任となりました。

 

JA共済主催の自転車交通安全教室が開かれ、交通事故の再現スタントを見学しました。
改めて安全運転の重要性を知る機会となりました。

 

新しく入学した1年生を2,3年生が迎えました。
オーストラリアに留学していた生徒によるパワーポイントを用いた発表も行われました。
新入生歓迎会の部活動紹介では、各部員たちがそれぞれの部の魅力を工夫を凝らして伝え、仲間を募りました。