学校生活

 

 3月25日(水)は第3学期終業式です。感染症拡大防止に伴い、内容を一部変更し、各ホームルーム教室で放送により行うこととしましたので、お知らせします。   
 <3月25日(水)の日程>
   SHR  8:30~8:40
   終業式  8:40~9:00
   LHR  9:00~9:30
   完全下校 10:30

 

 本日、学年末考査が無事終了しました。府立高校では、3月19日(木)までを臨時休業としてきたところですが、この間の府内の感染状況を踏まえて、春季休業期間(学年末休業・学年始休業)に入っても、当面の間、これまでと同様に、新型コロナウイルス感染症対策を継続します。何とぞ御理解と御協力をお願い申し上げます。
 本日、お子様を通じて、下のとおり保護者の皆様宛て文書を配布しました。御覧いただきますようお願いします。

 
 

ファイル名:kansenshotaisaku-1.pdf

PDFファイル容量:【127.3KB】

※PDFを開くには下記「新型コロナウイルス感染症対策について①(...」をクリックして下さい。

 

 新型コロナウィルス対応に関連して、3月3日(火)から3月13日(金)まで臨時休業となります(期間については、状況に応じて教育委員会からの指示により延長されることがあります)。1、2年の生徒は、3月2日(月)午後1時からLHRのみを行います。生徒の皆さんは下記のとおり行動してください。


1 登校日時 3月2日(月)午後1時ホームルーム教室集合              

 (バス通学の生徒はバスの本数が少ないので、時刻表を事前に確認してください)

2 持ち物 私物を持ち帰ることができるカバン、筆記用具など

       各教科で提出指示を受けている課題

3 その他 (1)2月29日以降、不要不急の外出は控えるようにしてください。

       (2)学年末考査等については3月2日に説明します。

       (3)卒業生についても3月2日以降は登校を控えてください。

         (なお、進路関係などの急な用件については学校に連絡を入れて指示を受けてください。)

      (4)今後新しい情報があれば、ホームページ、まちcomiメールに掲載しますので、確認してください。

 

 本日、感染症対策についてのプリント(下記からご覧いただけます)を配布しましたので御一読よろしくお願いします。

 なお、卒業証書授与式につきましては感染症予防のため一部例年と異なる内容で予定通り実施します。

 
 

ファイル名:PDF_200226.pdf

PDFファイル容量:【55.3KB】

※PDFを開くには下記「感染症対策について」をクリックして下さい。

 

2月13日に、3年生で200冊以上図書館の本を読んだ人に贈られる「エクセレントリーダー賞」の表彰式を行いました。今年は山形さんと細山さんの2名が表彰されました。

 

 2月5日(水)に第35回 耐寒マラソン大会が山城総合運動公園で実施されました。

 生徒たちは約13kmの周回コースを一生懸命走っていました。

 2学期期末考査終了後から実施している長距離走の成果を出すことができました。

 また、PTAの本部運営委員の皆様には、生徒への応援と給水所で水を配布していただきました。寒い中長時間にわたり対応していただき、ありがとうございました。

 

1月23日(木)の5~7限の時間帯に、2年生の人権学習が行われました。テーマは「同和問題(部落差別)」です。本校の人権担当教員による講義を行い、2年生は熱心に耳を傾けていました。同和問題は現在も続いていることを認識し、より理解を深めることの大切さを学びました。

 

今年度も、莵道高校芸術祭が行われます!

日時は、令和2年2月22日(土)の10時30分~16時です。会場は、莵道高校体育館です。

主な内容は、作品展示とステージ発表です。

作品展示では、本校生徒の作品に加え、本校教職員、さらに宇治支援学校の作品も展示しております。

ステージ発表では、1年生の合唱コンクール、2年生の合奏、そして吹奏楽部とフォークソング部の演奏が行われます。

たくさんの方のご来校をお待ちしております。

芸術祭の要項をPDFでご覧いただけます。以下をクリックしてご覧ください。

 
 

ファイル名:todoh-art-festival.pdf

PDFファイル容量:【545.2KB】

※PDFを開くには下記「莵道高校芸術祭(2/22)のご案内」をクリックして下さい。

 

 1月16日木曜日に、1年生がビブリオバトルを行いました。これは自分の好きな本についてプレゼンテーションをした後にディスカッションをして、最後にいちばん読みたいと思う本を投票してチャンプ本を決める書評ゲームです。

 1グループ4~5人の班に分かれて、その班で一番良かった「チャンプ本」を決めました。自分では読まなかった本を知ったり、色々な感じ方や考え方に触れたり、良い読書の機会となりました。

 

1月18日(土)、19日(日)はセンター試験の試験日でした。会場の龍谷大学には、本校の教員が応援に駆けつけ、3年生に激励の言葉をかけていました。3年生の皆さんは、2日間本当にお疲れ様でした。20日(月)には自己採点が終了し、いよいよ志望校合格に向けての対策が始まります。体調に気をつけて、引き続き受験勉強を頑張ってもらいたいと思います。莵道高校は、進路実現に向けて努力する皆さんを応援しています!

 

令和2年1月11日(土)に、長年本校茶道部でご指導くださっている國松先生をお迎えし、茶道体験を実施しました。

参加生徒は1年生の9名。入退室の作法から、お茶を点てて頂く作法まで、茶道部員のアドバイスも受けながら学びました。

副校長先生・松田先生もご参加の和やかなひとときとなりました。

足のしびれとの戦いでもありました?!


 <参加生徒の感想>

・今まで茶道はやったことがなくて、思った以上にたくさんの道具があり、使い方も特殊でびっくりした。あと予想以上にお茶を飲むまでの時間が長くて、お菓子もお茶と同時にいただくのだと思っていたが、お茶の前にいただいて、お茶の苦さを和らげるのがお茶の美味しさを引き立てるポイントなんだと知った。茶道は本当に日本らしくて道具を綺麗にする時のふくさの折り方も一つ一つ違っていて、清潔にする心構えがすごいと思った。茶道は神に感謝する心がとても大きく表れているので、自分自身、当たり前のようでありがたいことにこれからは一つ一つ感謝して生活していきたいと思った。茶道を通して日本の古き良き伝統だけでなく、感謝の大切さを学ぶことができた。

 

 本日1月8日(水)より、3学期が始まりました。始業式の校長式辞では、昨年12月に行われたイチロー杯争奪学童軟式野球大会の閉会式で、大会長のイチローさんが話した言葉が紹介されました。その言葉とは、「厳しく教えることが難しい時代に、誰が教育をするのか。最終的には自分で自分のことを教育しなければならない」というものでした。校長式辞の後、進路指導部長からのお話があり、「普通に高校生活を送れていることは、とても恵まれていることであり、そのことに感謝しながら高校生活を送ってほしい」という言葉がありました。2020年は、東京オリンピック・パラリンピックの開催など変化の多い年であることが予想されます。生徒の皆さんは、自分を成長させつつ、周りへの感謝も忘れない1年としてほしいです。

 また、2学期の部活動や生徒会活動の表彰が行われました。アーチェリー部や美術部など、本校の生徒が多方面で活躍しています。3学期も多くの生徒が活躍することを祈っています。


 

 12月19日(木)7限に体育館にて、1年生を対象に、来年度の研修旅行に向けた第1回の事前学習を行いました。

 1年生は2学期にポスターセッションの取り組みを行いましたが、研修旅行の行き先であるシンガポール・マレーシアについて調べた各クラスの代表者が、学年全体に発表を行いました。

 発表を通して、シンガポール・マレーシアの気候や民族、経済、健康についてや、貧困問題や水問題についての内容を学ぶことができました。

 

 12月20日(金)に終業式が行われました。始めに校長先生から、いろいろなことに挑戦する大切さや、高校生が身に付けるべく取り組みを続けている必要があることを伝えました。

 その後、生徒指導部長から今年の振り返りがありました。通学中に起こる事故の危険性や当事者意識だけでなく他者意識を持つことが大事であることを伝えました。

 最後に、部活動の表彰式を行いました。来週からは冬季莵活が始まります。有意義な冬休みを送ることができるよう一日を大事にしてほしいと思います。

 

 12月12日(木)7限目に、2学年を対象とした道徳教育講演会を実施しました。

 講師としてKDDI株式会社より 丹上 守 様をお呼びし、「スマホ・ケータイ安全教室」と題して、SNSやゲーム依存に関する問題などを通して、スマートフォンとのつきあい方について講演していただきました。

 携帯電話・スマートフォンという身近なテーマに加え、講演中に流された非常に印象的なビデオの効果もあり、生徒達は真剣に話を聴いていました。

 

本校では特色化事業の一環として、1年生全員がポスターセッションの活動に取り組んでいます。テーマはグローバルネットワーク交流校の共通テーマでもある「持続可能な国際社会への展望」です。1学期には、JICAの方をお呼びして、SDGsについてお話をうかがいましたが、本格的な活動は2学期に開始をしました。5人ごとのグループに分かれ、SDGsを基盤としたサブテーマを決めるところから始まります。グループで調べ学習を進める中で、テーマへの理解を深めていきました。

 10月末には、各クラスで発表の場を設け、さらにクラスの代表者を集めて、学校代表選考会を行い、3グループを選出しました。

 今後2月1日の交流会に向けて、代表者はさらに活動を進めていきます。

 

 11月27日水曜日の昼休みに,図書館にてライブラリーコンサートを行いました。

毎年フォークソング部と図書委員会が協賛で行っているコンサートです。

1年生のバンドと2年生のバンドが1曲ずつ歌ってくれました。

期末テスト前のつかの間のひととき。たくさん集まってくれた聴衆を魅了しました。

 

 本校では特色化事業の一環で、「宇治田楽」に取り組んでいます。

 宇治田楽は平安時代からの歴史を持ち、現代に復活した伝統芸能です。

 今年度は1・2年生の希望者23名が宇治田楽祭り実行委員会の皆様の御指導の下、7月から練習に励み、11月16日(土)にロームシアター京都で行われた第39回近畿高等学校総合文化祭京都大会の総合開会式の歓迎パフォーマンスとして「惣躍り」を演じました。

 色とりどりの伝統的な衣装に身を包み、2000人の観客を前に、華やかに踊りや演奏を披露しました。

 

 11月12日(火)2・3限および15日(金)3・4限に、2年生理数コース物理選択者を対象に、京都教育大学名誉教授の沖花 彰先生をお招きし、「IH調理器の仕組みを探る」というテーマで出前授業を行っていただきました。

 IH調理器を使って電磁気に関する様々な実験を行い、その結果からIH調理器の仕組みを探究しました。最後は、実際にIH調理器を分解してその仕組みを確認しました。

 生徒達は大変興味深く実験に取り組み、より物理を身近なものとして感じることができるよい機会となりました。

 

11月7日(木)に、生徒会役員選挙を行いました。会長・副会長・書記・会計の計6名が立候補し、候補者1人1人が生徒会活動に向けての抱負を述べました。その後行われた信任投票の結果、6名全員が信任されました。新しいメンバーによる生徒会活動に、ぜひご期待ください。