学校生活

 

 9月12日(土)に令和2年度秋季京都府高等学校野球大会1次戦Bゾーン決勝戦の西京高校戦が行われました。3年連続2次戦進出をかけた大一番!絶対に負けられません。


【令和2年度秋季京都府高等学校野球大会1次戦Bゾーン決勝戦】


莵 道 011 211 10 = 7

西 京 202 360 01x = 14 (8回コールド)

(莵)武田、渡辺、吉田 - 栗原 (西)田中 - 川口


 序盤から西京に先制を許し、追いかける展開となります。ランニングスコアを見ても分かりますが、莵道が必死の追い上げをしますが、西京が逆転を一度も許さず粘ります。守備で苦しいイニングが続きますが、5回表終了時、なんとか前半戦で試合が崩れることなく、後半勝負かと思っていた矢先に猛攻にあいます。6安打に2失策が絡んでしまい、一挙6失点。もろさの出たイニングでした。「高校野球は強いチームが勝つのではなく、弱いチームが負ける」まさにそんな試合となりました。

 これで秋季大会は終わりとなりました。夏休みから掲げてきた目標「2次戦で勝つ」には至らず、見直す点もたくさん見えた大会となりました。今はチームの長所、短所を明確にしながら、それぞれを改良、改善するために再度、チームが動き出したところです。今年のチームは選手間、選手スタッフ間の意見が活発に出るチームです。お互いを厳しい目で見ながらチームを成長させてもらいましょう。

 また、今大会は無観客試合で、選手、保護者、OB会の方々、関係者の方々が寂しい思いをしたことでしょう。来春にはいつものにぎやかな公式戦ができるようになることを願ってやみません。