学校生活

 

9月27日(日)に、本校グラウンドにて第48回京都府高等学校アーチェリー選手権大会兼新人戦が行われ、本校から生徒16名が出場しました。

結果は以下の通りです。

<新人戦の部・男子>

優勝 青山 文二

3位 田中 健陽

1年生にとっては初めての大会でした。午前中は新人戦として1年生が30m36射の合計点を競いました。今年度、男子7名、女子3名の新入部員が入部し、この大会での入賞を目指し、切磋琢磨しながら練習に励んできました。その成果が結果として表れ、本校にとって12年ぶりに新人戦の優勝を勝ち取ることができました。

午後は2年生の競技が行われ、1・2年生併せて男女それぞれ上位20名が10月11日(日)に府立工業高校で行われる決勝ラウンドに進出します。

結果、本校からは以下の生徒が決勝ラウンドに進出しました。

男子・・・中嶋(2年)、青山(1年)、田中(1年)、羽原(1年)

女子・・・福原(2年)、平野(1年)

決勝ラウンドは70mの大会となります。選抜予選への出場をかけた大切な大会です。

今回の大会での課題を踏まえ、決勝ラウンドでの入賞に向けて練習に励んでまいります。

今後とも応援のほど、よろしくお願いいたします。