学校生活

 

 11月16日、17日に京都工芸繊維大学で、第39回近畿総合文化祭の自然科学部門が実施されました。莵道高校科学部は17日に「学校林を利用する哺乳類の研究」というテーマで口頭発表をして、奨励賞をいただきました。

 2017年度から2年以上にわたって行っている学校林のセンサーカメラ調査について、解析したデータを元に季節変化や多様性について考察し、それをまとめて発表しました。学校内にシカがやってくることや、すぐ近くにある山の中に多くの動物が生息していることは、近畿地方の各県からやってきた高校生達も驚いていました。

 自分達の発表だけでなく、他の学校の発表を聞いたり、ポスター発表を見たりすることもできて、部員達は良い刺激を受けたのではないかと思います。

 
 

ファイル名:kinsoubun_2019_todo.pdf

PDFファイル容量:【820.7KB】

※PDFを開くには下記「近畿総合文化祭で研究発表」をクリックして下さい。

研究論文「学校林を利用する哺乳類の研究」 京都府立莵道高等学校 科学部