学校生活

 
7月21日(日)~22日(月)に、兵庫県加東市の滝野総合運動公園多目的グラウンドにて第58回近畿高等学校アーチェリー選手権大会が開催され、本校から3年の安食、奥野、黒崎、2年の山本の4名が個人で出場しました。

近畿2府4県の上位選手が集い、緊張感ある中で大会は進められました。
初日は70mラウンドが行われ、72射の合計点を競いました。強い風が吹く中での試合で、生徒達も苦戦を強いられていました。
結果、3年の安食が上位32位までに入り、翌日のオリンピックラウンドに進出しました。
2日目のオリンピックラウンドは雨が降る中で試合が行われ、1回戦の1/16マッチで安食は甲南女子高校の生徒に破れ、ベスト32で敗退となりました。
この大会をもって、3年生は全員引退となりました。これまで支えていただいた多くの方々に感謝申し上げます。
また、この大会を通して他府県の選手の射型面や行動面でも学ぶべき事が多く、本校にとって大きな刺激となりました。
来年はこの大会に団体で出場し、上位入賞が出来るよう、残りの1・2年生は気持ちを新たに、日々精進して参ります。
今後とも応援のほどよろしくお願いします。