学校生活

 

4月14日(日)洛西高校グラウンドにて春季大会2回戦が行われました。

【結果】

莵道7-3東宇治

【試合内容】

 試合開始前、チームに悪い雰囲気が流れていました。ベンチ前のミーティングで主将・藤田(3年 精華中出身)が「みんなで同じ方向を向いて、勝ちにこだわってしっかりやっていこう!」と檄を飛ばしチームの悪い雰囲気を断ち切り、選手が試合に集中して向かっていけました。ここの部分が無ければ負けていた、そんな試合だったでしょう。

 さて、肝心の試合ですが、前半、スコアリングポジションにランナーを置き、優位に試合を進めますが、あと1本が出ずベンチにはもどかしい雰囲気が流れます。ここで相手に先制を許せば一気に流れを持っていかれもおかしくない展開でしたが、そこはスターターの北波(3年 木幡中出身)が強気の投球で相手打線を封じます。

 試合が動いたのは5回。守屋(3年 木幡中出身)、松原(2年 西宇治中出身)の連続適時二塁打で2点を先制します。その後も効果的に追加点を奪い、流れを相手に渡さずに優位に試合を進めることができました。

 北波は連投の疲れが見え始めた8回、相手打線につかまります。四球を絡めて2人の走者を置いた状況で適時二塁打を打たれます。後続を抑え、9回はクローザー長野(3年 東宇治中出身)に託します。北波はこの日も8回3失点としっかりと役割を果たしてくれました。

 あとを継いだ長野は持ち味のリズムの良い投球で9回を無失点で締めくくりゲームセット!

 緊張感一杯の接戦を制することができたことが1番の収穫ではないでしょうか。また、春季大会2日間を通して、主将を中心にチーム1人1人が自分の役割を考え、たくましく行動できていた部分も評価できます。うまくいった経験、失敗した経験を糧に練習に励み、もっともっと成長し続けてもらいたいものです。

 おかげ様で、今週末にも公式戦を経験できます。園部高校、東宇治高校の分も力に変えて一生懸命頑張ります!


【予定】

4月20日(土)春季京都府高等学校野球大会1次戦Bゾーン決勝

 10:00プレイボール

 VS. 花園高校 (立命館宇治 三室戸グラウンド)