学校生活

 

 新年度が始まりました。今年度も科学部は、莵道高校ならではの活動をしていきたいと思っています。早速、春休み中に仕掛けていたセンサーカメラを回収してきました。季節が変わって春になり、撮影数も増加しています。

 今回は久しぶりにハクビシンが撮影されました。ハクビシンは漢字で「白鼻芯」と書くように、顔の中心に白いラインがあります。日本では珍しいジャコウネコ科の哺乳類で、実は大陸からやってきた外来生物らしいのですが、詳しいことは不明だったりします。京都では近年増加傾向にあるようで、農作物を荒らしたり、民家の屋根裏に住み着いたりといった問題が出ています。

 さて、今年度はどんな動物が撮影できるでしょうか。楽しみですね。