学校生活

 

 3月の貯水池調査をしてきました。月1回実施している調査も今回で5回目ですが、まだまだ春というには寒い時期ですので、結果としてはこれまでとそう変わることはありませんでした。

 しかし、確実に水温は上がってきていますし、心なしか水中のオオカナダモの色も良くなっているような気がします。採集できた水生生物も、ウシガエル(オタマジャクシ)、ヤゴ、マツモムシなど、いつものメンバーに加え、今回はカゲロウの幼虫を見つけることができました。

 カゲロウといえば、きれいな水に生息しているイメージがありますが、これはカゲロウの種類によるみたいですね。きれいな水にしか生息できない種もいれば、汚い水に生息する種もいるみたいです。今回、カゲロウの種までは分かりませんでしたので、水のきれいさを言及することはできませんが、いずれにせよ、新しい生物が見つかると嬉しくなりますね。