学校生活

 

 2月の貯水池調査をしてきました。11月から始めて4回目になりますが、冬場ということもあって、先月までとあまり変化はありません。自慢のオオカナダモも、こう寒いと元気がないようです。

 いつも通り、水温・水深・pHなどをチェックし、タモ網で生物調査をしていきます。先月見つけたマツモムシは、今回も発見することができました。冬場だけこの貯水池に来ているのか、春以降もずっといるのか、気になるところですね。

 この貯水池には、ウシガエルのオタマジャクシ、ヤゴ、貝類など、一定の大きさがある動物以外にも、イトミミズやアカムシのような、よく見ないと気付かない動物もたくさんいます。今回もそんな感じで、水中を泳ぐ透明な虫を発見しました。調べてみると、フサカの幼虫らしいのですが、こうやって知らない動物が見つかるのは楽しいことですね。