学校生活

 

 2月になりましたが、まだまだ寒い日が続いております。というわけで、センサーカメラを回収してきました。今回もヌタ場を中心に、様々な動物を撮影することができました。

 1月の終わりに雪が降り、少し積もったりもしたのですが、そんな雪の中を元気に動き回るイノシシやシカの姿も撮影されていました。雪自体はすぐに解けて消えてしまうのですが、こうやって積雪した瞬間に撮った写真は、何だか貴重な感じで嬉しくなりますね。

 日本の哺乳類の多くは冬眠(冬ごもり)をせず、冬でも活動しています。莵道の森では、冬ごもりをするアナグマだけはこの時期に姿を消すのですが、それ以外の動物はちゃんと活動していることが、調査をしているとよく分かりますね。