学校生活

 

 本格的に冬の季節となり、寒い日が続いていますね。というわけで、期末テスト期間に入る前に仕掛けていたセンサーカメラを回収してきました。

 今回は、シカがたくさん写りました。特に人工林のセンサーカメラは、水場の前に設置したこともあり、色々なシカの行動を見ることができました。中でも、立派な角をもった雄ジカが頻繁に撮影されており、水飲みだけでなく、泥浴び、近くの木で角をとぐ姿まで撮影することができました。ビデオ(動画)でもその様子は撮影されており、なかなかの迫力でした。

 シカやイノシシは、泥浴びをすることで体毛につくダニや汚れを落としています。こういう場所は「ヌタ場」と呼ばれており、動物の観察地点の一つです。カメラはしばらくここに固定して、様子を見ていきたいと思っています。