教育内容

 

こんにちは。
オーストラリア留学も残り1ヶ月を切りました。最近は、特に時間が過ぎるのが早く感じます。
先月もとても充実した月となりました。学校では、他国の留学生と一緒に校外学習でブリスベンに行きました。全てが輝いて見え、とても楽しかったです。また、留学生の誕生日会も行いました。より一層、仲が深まった気がします。
プライベートでは、ファミリーと一緒に動物園に行ったり、ファミリーの友達の家に泊まりに行ったりもしました。動物園では、コアラを抱っこしたり、カンガルーと触れ合ってご飯をあげたりしました。見たことのない動物をたくさん見るなど、日本ではできない体験ができたので、非常にうれしかったです。
学校の授業は、ついていけているとは正直言えませんが、毎日必死にやっています。授業中は、生徒からの質問が多くとても積極的で、日本との違いに驚きます。学校が15時には終わるので、授業中眠くなることもなく、70分間集中して授業を受けることができています。

さて、3月に入ったということで、オーストラリアもテスト週間が近づいてきました。黙って助けを求めても気づいてもらえないので、わからない事があれば積極的に質問するようにしています。家に帰ってから勉強する時間はたくさんあるので、頑張ろうと思います。
また、3月からは気持ちを引き締める為に、今までお昼は留学生と食べていましたが、現地校生と食べることにしました。とても緊張しましたが、現地校生は快く受け入れてくれてうれしかったです。

ホストファミリーは本当に優しい方達で、帰りたくない、というよりも離れたくない、という気持ちが強いです。もっとたくさんの思い出を作っていきたいと思います。確実に帰国日が近づいていますが、まだまだチャレンジしたいこと、学びたいことがたくさんあります。
絶対に後悔のない留学にするために、毎日小さな目標を立て、頑張っていきたいと思います。


須河 澪

 

こんにちは。オーストラリアに留学している須河澪です。
オーストラリアに来て2ヶ月近くが経ちました。この2ヶ月近くは、初めての体験ばかりでたくさん苦労したこともあり、時間が過ぎるのがとても早く感じました。ホームシックにもならず、充実した日々を送っています。30度超えの日が続き、本当に日本は冬なのか、と思います。
ホストファミリーの家は驚くほど大きく、すごく居心地が良いです。また、家にはプールがあるのでほぼ毎日ホストシスターとプールで遊んでいます。100メートルほど歩けばビーチがあるので、夕食後はファミリーとよくビーチに散歩に行きます。家がとても田舎ということもあり、裏庭でカンガルーに会うこともできました。初めて野生のカンガルーを見たのでとても驚き、オーストラリアならではだな、と思いました。
ファミリーはとてもフレンドリーで優しく、私の慣れない英語も親身になって聞いて下さるのでとてもありがたいです。ですので、「今日の出来事」を話すのがとても楽しいです。それと同時に伝えたいことをうまく伝えることができなくて、悔しく感じるときもあります。
夕食はいつも美味しく、健康的なものをいただいています。毎日、夕食のメニューが楽しみです。また、オーストラリアの主食はジャガイモだという発見がありました。1ヶ月で食べた白米(タイ米)の回数は2回です。
外に出ると、まだまだ驚きと発見ばかりで、毎日「why」と「what」の連続です。留学して2ヶ月近くが経ったからといって、英語力が驚くほど伸びた!というわけではありません。なので、残りの期間を後悔の無いように1日1日を大切に過ごしたいです。

 

こんにちは、芳村和佳です。カナダに来て3ヶ月が経ちました。

昨日、Student council(生徒会本部)のメンバー達が非常に興味深い活動をしていました。彼らは「We are silent.」の文字を掲げ、1日中声を発さないようにしていました。授業中も例外ではなく、いつも元気すぎるくらいの彼らがだんまり。彼らは一体何のためにこのような活動をしていたのでしょうか...

モントリオールは本格的な寒さがやってきました。「-8℃から-3℃!」なんて日が続きます。雪も京都府南部では見ないほどよく積もります。ここで私が体験した亜寒帯ならではのエピソードを一つお話したいと思います。
ある朝、私は寝坊をしました。こちらで、私は夜ではなく朝にシャワーを浴びるので、乾ききらない髪の毛のまま極寒の中をバス停めざして走りました。さて、一体何が起こったか想像できるでしょうか..
そうです、髪の毛が凍りました。しかも、走っていたので髪の毛をタオルで拭いたままの形で凍ってしまいました。驚いてとっさに髪の毛を握ると、髪の毛が「バキッ」という音を立てて折れるのです。大変驚きました。

そんな凄まじい寒さのことを除けば、すっかりこちらでの生活には慣れてしまいました。3ヶ月も生活をしていると英語がめちゃくちゃ上達したんじゃないかと思われるかもしれませんが、なかなかそういうことにはなりません。実は、私はそもそも英語の語彙力というものが非常に乏しいのです。つい半年ほど前までは「英語なんか勉強してなんの意味があるんやぁ」とか「日本語が話せればいいやろがぁ」と思っていたものです。だから英語を真剣に勉強してこなかったのは凄くもったいなかったと思います。しかし、こんなに語彙力が乏しい私でも、こちらでの日常生活にはほとんど支障がないのです。自分の学んで知っているだけの知識を振り絞って生活をしています。

文法的に少々おかしな英語を話しても、大抵のことは伝わってしまうし、相手の言っていることは大まかに理解できます。なぜなら、私たちは日々使用する言語だけでコミュニケーションを取っているわけではないからです。その時のシチュエーションだとか、表情だとか、断片的に聞き取れる単語だとかで、大体のことを把握出来るようになっていると思います。特に私の場合はジェスチャーを駆使します。ですから英語を話すときの私は体の動きがとても大きくなっているのに気づきます。それに、私が今留学をしているモントリオールではほとんどの人がフランス語を話します。(ケベック州はフランスからの移民が多く、かつて公用語論争があり、住民投票の結果、公用語がフランス語と英語となった経緯があります。)フランス語は英語よりも断然難しい言語で、実を言うとなにがなんだかさっぱりなのですが、例えばお店のレジでの会話くらいならフランス語でもどうにかなります。
『Est-ce que vous voulez un sac en plastique ?』大抵の店員さんからはこう聞かれます。私はこの文の中の『sac』という単語と状況から『Oui』または『Non』と答えることができます。『sac』は「袋」という意味です。日本でもリュックサックとかナップサックとかいうので認識しやすいです。そこからこの質問が「袋はいりますか?」だろうという想像がつくのです。そして私は必要に応じて「はい・Oui」か「いいえ・Non」と答えることが出来ます。最後に『Merci! (ありがとう)』。これは凄く簡単なケースですが、コミュニケーションが取れていることに間違いはないです。恐らく私たちは日本語で会話をする時もこのように想像力を活用して会話をしています。ですから英語でも自然に同じことを行っているのが感じられます。更に私は英語を5年間学んで少しだけある程度の知識はあったので、全く知らない言語を使うよりはずっと容易にコミュニケーションをとることが出来るのです。但し、その上で語彙力や文法力があるに越したことはないです。予め持っている知識が多ければ多いほど、実践で得られる知識も多くなってきます。でもだからといって、英語が苦手だからとか、英語をほぼ勉強してこなかったからなどの理由で英語を諦めるのはもったいないと思います。私のようにイマジネーションをフル活用していると間違いをすることを多々ありますが、間違いを恐れすぎる必要は本当にないと思います。最終的にはなんとかなることがほとんどなので、ほぼ日常生活に支障が出ないのです。英語を使うしかない環境で英語を実際に使ってみると、英語を唯の教科と捉える意識も変わってくるし、なんというか、コミュニケーションがとりたいから英語をもっと学びたいという意欲が沸いています。ですから英語を少しでも話せるようになりたいけど...と思っている人にはどんどん英語を使ってみる機会を見つけてほしいし、英語の勉強がめんどくさいと思う人には是非一度英語をコミュニケーションのツールとして認識してみてほしいし、英語は唯の教科で受験の為のものと考えている人にはそのまま勉強を続けて欲しいです。もし将来英語が必要になったときに、その時身につけた正しい文法や語彙力が絶対に生きてくると思います。少し、偉そうなことを言っていますが、お許しください。

さて、生活に慣れたおかげで楽しいことがより一層増えました。暫く勉強に追われていた私ですがモントリオールの有名な建物などをどんどん巡るようになりました。今日はホストペアレンツに「聖ジョセフ礼拝堂」に連れていってもらいました。とても大きな教会で、その歴史や人々の祈りを捧げる姿に感動しました。バルコニーからはモントリオールを一望することができ、その景色は壮観でした。ホストペアレンツやそのファミリーがとても優しく本当の家族のように感じていて、あと1ヶ月で離れてしまうことを考えるととても寂しい気持ちになります。この1ヶ月を今までで一番大切にしたいと思います。

カナダの我が家ではもうすでにクリスマスの準備が始まっています。昨日の放課後には巨大なクリスマスツリーを飾り付けて、みんなでクッキーを焼きました。なんでも今年のクリスマスパーティーのトナカイ役は私で決定しているんだとか...凄く楽しみです。

もちろん、日本に帰って日本の家族や皆さんと会うのも待ちきれない気持ちです。その時は少しでも成長した私を見せることが出来たらいいなと思っています。日本に帰ってからの学校生活のことなどを考えると不安な所が多々ありますが...色々とよろしくお願いします。

さて、Student council(生徒会本部)の皆が一体なぜ1日中黙っていようとしたのか、ということについてですが、皆さんはこの言葉に聞き覚えがありますか?

『We realize the importance of our voices only when we are silenced.』
これは、2014年に史上最年少でノーベル平和賞を受賞したマララ・ユスフザイさんの国連演説の一部だそうです。彼らはこの言葉の意味を噛み締めるために「We are silent.」という活動を行っていたとのこと。本当に彼らの行動力には驚かされます。私ももっと自分から声を上げられる人間になりたいと思いました。

毎回話がダラダラと長引いてしまってすみません。それだけこの留学生活で得られるものが多いのです。この1ヶ月のことであと5倍は書けるくらいです。ラスト1ヶ月、できる限りのことを全て吸収して日本に持って帰りたいと思います。

See you soon!

 

11月11日(土)、莵道高校特色化事業の一環として「食文化交流」を実施しました。
京都府名誉友好大使であるマレーシア出身のヒュー ズー シンさんと、タイ出身のヘウツンチャラン ピトゥモンさんをお招きし、1年生の生徒16名、教員3名と一緒に、ナシ・ゴレン・カンポン(日本語では「田舎風のチャーハン」の意味)というマレーシアの代表的な料理を作りました。調理の前には、大使のヒューさん、ピトゥモンさんからマレーシアの食文化について解説していただき、マレーシア料理に関する理解を深めました。本校の生徒はほぼ全員がマレーシア料理初体験とあり、調理が始まると、エシャロットや空芯菜(くうしんさい)など、普段の料理ではあまり使用しない材料に新鮮さを感じていました。材料を炒め合わせるととても良い香りが広がり、あちこちで「美味しそう!」「お腹すいたー!」という声が上がっていました。作り方の手順は大使の方にわかりやすく説明していただいたので、生徒もほぼ完璧な手順で調理できていました。
大使のお二人は非常に優しく親切で、生徒もリラックスしながら食を通じた異文化交流ができました。東南アジアの料理を実際に食べ、自分たちの持っていたイメージと現実の味のギャップを楽しむなど、新たな発見ができる有意義な機会となりました。

 

『Hello! Remember me?
How have you been doing?
I am well as usual.
It's getting much colder here in Montreal.』

こんにちは。芳村和佳です。
皆さまいかがお過ごしでしょうか。

カナダに来て早2ヶ月、最近は中弛みと奮闘の日々を送っています。とはいえ、とても元気にやっています。

気候のことでいえば、モントリオールはここ1週間でぐっと寒さが増しました。10月でこの寒さなので、これからの2ヶ月を耐えきれるかが不安なところです。早いうちに本場の防寒具を揃えて、寒さに備えたいと思います。皆さんも冬のカナダにお越しの際は是非万全の防寒体制でお越しください。
また、10月の後半に入ってからというもの、毎朝起きると、外が真っ暗です。朝6時だというのに真夜中のような暗さです。7時頃に家を出るときはまだ真っ暗。皆さんは中学や高校の地理で習ったサマータイムというものを覚えていますでしょうか。カナダでは10月31日現在、サマータイムを実施中です。授業でサマータイムなるものを習った時には「絶対いらんやろ...」と思ったものですが、こうも日の出ている時間が季節によって変わるとは驚きです。カナダに来て初めてサマータイムの大切さに気付くことができました。こういうなんでもない発見が凄く楽しいです。カナダに来て良かったなぁと思います。今週末、やっとカナダは平常時に戻ります。真っ暗な朝ともお別れですね。

学校の方は一学期も終盤ということで、テストと小論文の嵐です。冒頭にも書かせていただいた通り、私は中弛みの最中なので大変も大変です。「中弛みとはどういうことだ」というお叱りを受けるかもしれません。それでも敢えて書く理由は、高校生活も半ばの同級生の皆と少しでもこの感覚を共有したい気持ちがあるからです。実際に中弛みに陥っている人にしか、分からない苦悩や不安がありますよね。なぜ私達はしばしば中弛みに陥るのでしょうか。それは多分、自分なりに凄く頑張った期間があるからだと思います。ずっとだらけてたら、中弛みもなにもないですよね。頑張っていたら、ふと力が抜けてしまう期間があるのは至極当然なことだと思います。私はこちらで英語で授業を受けているので、最初はずっと緊張していて、毎日毎日必死でした。しかし慣れてくるにつれて意識や集中力が低下して少しずつ少しずつ色々と疎かになってきているのを感じます。でもこのままではいけないとわかっています。だからこそ、それが辛いと感じる時も出てきます。でも、これまで頑張れていたのだから今からもまた頑張れる、そう思い込むようにしています。もし私みたいに中弛みに悩んでいる人がいたら、自分の力が多少弱ってきても自分の行動に自信を持って、たまには思い切って休んでみたりして、そこからまた頑張ってみて欲しいと思います。きっとなんとかなります。私はこれで大量のテストや小論文もなんとかやりきっています。勉強に部活に、大変ですが頑張りましょう。自分を責めすぎない!大丈夫!多分!、と自分に言い聞かせています。

10月といえば、ハロウィン。モントリオールのダウンタウンや私の通う高校ではイベントが行われました。日本とは一味違う、本格的なハロウィンの文化に触れることが出来ました。
ダウンタウンでは主に大人の皆さんの仮装を見ました。クオリティが高すぎて本当に怖かったです。リアルに鳥肌が立ちました。
学校では、クラスメイトが仮装のまま真面目に数学のテストやフランス語の討論なんかに取り組んでいる姿が印象的でした。生徒会主催のお化け屋敷やベイクセールもあって、とても楽しかったです。

ホストファミリーとの思い出でいうと、赤カプリカ祭りをしました。なんだそれ、と私も最初は思いましたが「pepper」と言われるばかり。いざ行ってみると、大量のパプリカを焼いて皮をむいて調味料につけて親戚で分けるというとても不思議なお祭りでした。そのパプリカがめちゃくちゃ美味しいんです。あと、パプリカの皮を剥くのがめちゃくちゃ楽しいんです。本当にいい経験をしました。パプリカ祭り。家に帰ったら是非やりなさいとホストペアレンツに言われているので、絶対にやろうと思います。私のパプリカの皮を剥く能力は、京都で一番くらいになっていると思います。

留学生活、案外楽しいことばかりではないです。失敗も、上手くいかないこともたくさんあります。でも圧倒的に楽しいことの方が多いです。些細な発見が楽しい、些細な成功が嬉しい。2ヶ月経ってカナダに来てよかったと心から思います。残りの2ヶ月、更に自分を高められるような、そんな2ヶ月にしたいです。皆さんも元気で、毎日を楽しくお過ごしください。

You Only Live Once.
Have a nice day!

 
こんにちは。ご無沙汰しております。
芳村和佳です。
カナダに来て1ヶ月と気付いてとても驚いています。あっという間だった気もするし、これがたったの1ヶ月だったのか...という気もする、そんな気持ちです。沢山失敗をした分長く感じたし、沢山楽しい経験をした分短く感じたというところでしょうか。

こちらに来てすぐのときはホームシックになったり迷子になったりで久々に大泣きをしまくりましたが、ホストファミリーがとてもいい人たちだったのですぐにこちらの生活にも慣れることができました。マザーとファザーはとても料理が上手く、いつも高級レストランで食事をしているような気持ちになります。毎日のように山盛りのサラダがでてくるので健康的で嬉しいです。同じ家にステイしている中国からの留学生のユキは私より歳がひとつ下なのですが英語がペラペラでとても頭がよくなんでも教えてくれるのでとても助かっています。

学校では日本に興味のある友達や、生徒会の友達、他の国からの留学生などと交流しています。みんなとても優しい人たちです。

こちらでも理系のコースに通っています。授業には正直ついていけているとは言えませんが、毎日なんとかやっています。3時には学校が終わるので宿題などにじっくり時間がかけられてとても嬉しいです。睡眠もしっかりとれるので授業にもしっかり集中できます。授業中は質問の嵐で、日本との違いに驚いています。

ケベック州の公用語は英語とフランス語です。ケベックに住みはじめて、一番凄いなと思うのは、沢山の人がバイリンガルというところです。本当にフランス語と英語の切り替えに驚きます。羨ましいです。

沢山書きたいことがあるのですが、きりがないので終わります。

あと3ヶ月悔いのないように色々なことにチャレンジしたいと思います!