教育内容

 
 1月19日(金)、2年生6・7組の日本史選択講座の生徒が平等院見学を行いました。
 まず、前日に事前学習として、平等院が宇治に建てられた背景や、鳳凰堂、阿弥陀如来坐像、その他寺内の様々な箇所について学びました。
 
 そして、平等院では学芸員の方に寺院内の案内と平等院の歴史やそれぞれの建物の云われと伝承、歴史的な概観の講義をしていただきました。
 重要文化財である観音堂をはじめ、桃山期のつくりが見られる最勝院を見学し、鳳凰堂内の拝観も行い阿弥陀如来坐像を目にすることができました。ミュージアム鳳翔館では、歴史的価値のある展示物などが多く保存されており、皆足を止めて見入っていました。
 今回の見学で、地元の歴史とその成り立ち、そして背景についてよく分かったと思います。そして、それらを受け継ぎ守っていくことが大事であると学んだことと思います。