鳥羽の特徴
スーパーグローバル
ハイスクール

Super Global High School
 

7月14日(日)

 鳥羽グローバル・サミット最終日の本日は、KYOTOフィールドワーク・課題研究発表会を実施しました。

 「京の智」(京都に遺された歴史的・文化的価値)の再発見を目的として、1・2年生は事前学習においてフィールドワークの場所を決め、その場所についてさらに興味を持った点、深めたいと思った点をグループで話し合いました。また、それらを英語で海外大学生に伝えるために、必要な情報を英語に訳して本番に備えてきました。

 KYOTOフィールドワーク当日を迎えた今日、参加生徒は6名の海外大学生とともに京都の街へ出かけ、各フィールドワーク場所で「京の智」に関連する写真を撮影したり、各場所の歴史や文化について英語で説明をしたりしました。   

 フィールドワーク終了後、生徒と海外大学生たちは学校へ戻り、各グループで撮影した写真についてプレゼンテーションを行いました。「伏見稲荷大社の4体の狐」など、京都に慣れ親しんだ私たちも知らないような発見が多くあり、海外留学生の方々にも日本の文化について、一層興味を持っていただくことができました。

 

 フィールドワーク終了後は、ホストファミリーとの送別会、およびグローバル・サミット閉会式を行いました。送別会では5日間の思い出と感謝の気持ちを伝え合うとともに、どの家庭でも「またぜひ互いの国を訪れて再会したい」と別れを惜しみながらも、互いの未来の幸せを願って海外留学生を送り出しました。

 

 5日間を通して、生徒たちは海外大学生とたくさんの交流をし、異文化を理解し尊重する力、課題解決力、コミュニケーション能力といった様々な力をつけ、成長してくれたと確信しています。今回のグローバル・サミットをきっかけに、さらなる人と人とのつながりを生徒たちが主体となって広げていってくれることを楽しみに、この記事を書き終えたいと思います。

 

 最後になりましたが、ホストファミリーの皆様をはじめとして、多くの皆様のご協力のもと、鳥羽グローバル・サミットを無事成功させることができました。この場をお借りして、御礼申し上げます。本当にありがとうございました。

 
 
 
 

7月6日(土)

 2年生グローバル科の生徒が、「イノベーション探究Ⅱ」と「京都の風土・世界の風土」の共催でおこなった国立民族学博物館フィールドワークに臨みました。

 はじめに人類文明誌研究部教授の池谷和信先生より、「人間らしさとは何かー認知革命とビーズー」と題して御講演いただき、ビーズをとおして人類規模・地球規模で物事を捉えることの大切を学びました。その後、実際に常設展示・特別展示を拝観し、人類が築き上げてきた壮大な文化を展示場のフィールドワークをとおして学びました。

「イノベーション探究Ⅱ」や「京都の風土・世界の風土」の授業では、国際的な問題について考察する機会が多く、生徒たちは本日のフィールドワークをとおして、地球規模で課題を発見し解決することの大切さを再認識できました。

 
 
 
 

7月13日(土)

 鳥羽グローバル・サミット4日目の本日は、「グローバルまちづくり高校生サミット」を開催しました。1・2年生の希望生徒が参加し、「京都を訪れる外国の方が増えている中で、私たちにできることとは?」というテーマでグループごとに探究を進めました。

 事前学習で各グループは、国際連合が定める「持続可能な開発目標(SDGs)」に基づいて探究テーマを設定しました。外国の方が京都で生活する中で課題となる点として、「ゴミ処理」「医療機関へのアクセス」等、多様なテーマが挙がりました。

 そして本番を迎えた今日は、TAとして17名の海外大学生・留学生をお迎えし、生徒たちの探究テーマに対して、当事者としての意見を教えていただきました。TAの皆さまのアドバイスのもとで、各グループが、グローバル社会にふさわしいまちづくりの在り方について、英語で提言発表をすることができました。

 生徒の感想からは、「海外大学生・留学生との交流をとおして、地元京都について様々な観点から知ることができた。」「英語で意見を伝えるのが難しかったので、もっと英語力を向上させたい。」といったものが見られ、本日のサミットを楽しみつつ、様々な気づきを得てくれた様子でした。

 今日1日をとおして得られた気づきを今後の学校生活にもつなげて、努力を続けていってもらえればうれしいです。

 

 
 
 
 

7月12日(金)

鳥羽グローバル・サミットも早くも3日目となりました。

海外大学生は昨日と別のクラスで、総合数学やグローバルコミュニケーションの授業に参加し交流を行います。

また、今日はグローバル科の3年生がイノベーション探究Ⅲで行った課題研究の成果に関する英語論文の内容について、海外大学生とのディスカッションを行いました。ティーチングアシスタントとして京都大学や京都工芸繊維大学で学んでいる留学生も加わり、合計19名に参加していただきました。テーマごとに分かれて、他の地域・言語・世代を超えて価値観を交流し、深い研究内容を英語でディスカッションし、ポスターを作成しました。

放課後には本校茶道・華道部の生徒が海外大学生に茶を点てて振る舞う、GlobalCafé 行いました。

希望生徒も集まり、交流をしながら茶道体験ができるので、海外大学生にも人気の企画でした。

 

明日土曜日はグローバルまちづくり高校生サミット、日曜日にはKYOTOフィールドワークがあります。

 
 
 
 

鳥羽グローバルサミット期間中(7月12日(金))に行われたイノベーション探究Ⅲは合計12の国と地域から19名の大学生・大学院生をティーチングアシスタントに招き、これまでの課題研究内容に対しての結論と、現時点で考え得るベストな解決策をポスターセッションのかたちで提言するという内容でした。海外の大学生の新たな視点を加味して、どのチームもチームなりのユニークなポスターを作成し、自分たちの課題研究に対しての提言をまとめ、英語で発表することができました。思い返せば、1年次の入学間もない時期に始まった一連の課題解決型学習でしたが、その当時の発表とは見違えるぐらいに堂々と要点をまとめ、かつ聴衆を意識して語ることが出来た生徒が多かったように感じます。グローバルイシューを普遍価値の創造へと変換するという道程はまだまだ続きますが、今後このラスト・ワンピースを探究しつつ残りの日々を充実したものにしてほしいと願っています。最後になりましたが、この活動に実施前の段階から関わって頂いた大学生の皆さんに心よりお礼申し上げます。

 
 
 
 

7月11日(木)

鳥羽グローバル・サミット2日目となりました。

昨日お迎えした海外大学生6名は、本日よりホームステイ先の生徒と登校しています。

本日は、午前中に英語・数学などの授業にて本校生徒と交流をして、お昼にグローバルランチ(昼食会)にて自由参加のフリートーク、そして午後からは1年生普通科の全クラスのホームルームに参加して、放課後には日曜日に行うフィールドワーク参加生徒との対面式を行いました。

どの活動においても、海外留学生と鳥羽高校生たちは積極的にコミュニケーションをとり、親交を深めていました。

明日は授業交流に加え、イノベーション探究Ⅲでの課題研究発表やグローバルカフェなどの活動が行われる予定です。

 
 
 
 

応援メッセージの記事が、京都府国際課のホームページでも取り上げられています。

こちらを御覧ください。

 
 

フランスはパリにある世界的に有名な世界遺産の一つであるノートルダム大聖堂が火災に見舞われたニュースが世界を席巻したことがまだまだ記憶に新しいところですが、過日京都府の国際課より依頼をいただき、鳥羽高校のグローバル科フランス語選択者の有志が、ノートルダム大聖再建に向けた応援メッセージビデオに出演しました。以下に京都府からフランスに向けたメッセージを掲載させて頂きますとともに、是非ノートルダム大聖堂再建に向けたビデオメッセージをご覧ください。

 

 

Chères Françaises, Chers Français, bonjour. La Préfecture de Kyoto au Japon vous présente ses sincères salutations.
La cathédrale Notre-Dame, classée patrimoine culturel et symbole fort de la France, a connu un incendie de grande ampleur le 15 avril 2019. La flèche et une partie du toit ont été détruites.

Face à cet évènement tragique, la Préfecture de Kyoto qui possède un lien fort avec la France, souhaite envoyer ce message de soutien et d'encouragement aux Français en vue de la reconstruction. Nous sommes avec vous.

Après avoir regardé la vidéo n'hésitez pas à la partager autour de vous ; à vos connaissances et amis Français!

<Lien de la vidéo du Youtube>

https://youtu.be/wT6wyUvU3QA
La Préfecture de Kyoto

 

 

フランスの皆さん、こんにちは。日本の地方自治体である京都府です。 フランスを代表する文化遺産であるノートルダム大聖堂において、2019年4月15日、大規模な火災が発生し、尖塔と屋根の一部が焼失しました。 これを受け、京都府とフランスは深く長い交流の歴史があることから、フランスの人々に対して、再建への祈りを込めて、京都府民による応援・激励のビデオメッセージを作成しました。これを受け取ったフランスの皆様、是非一度、ご覧ください。


<Youtubeから直接見る場合>

https://youtu.be/wT6wyUvU3QA


そして、一人でも多くのフランスの方に見ていただきたく、ご視聴くださった後、ご家族やお知り合いの方に、是非シェアしてくださったら、とても嬉しいです。
一刻も早く、ノートルダム大聖堂が再建されることを、心からお祈り申し上げています。

京都府

 
 

7月10日(水)

 シンガポール国立大学から4名と上海の復旦大学から2名の大学生を招いて、本年度の鳥羽グローバル・サミットが開幕しました。7月10日(水)から14日(日)までの5日間、SGHの取組として、6名の大学生には、本校生徒の英語による課題研究発表会や授業に参加してもらったり、「グローバルまちづくり高校生サミット」と題した国際会議やフィールドワークにも参加していただきます。本日は歓迎式、本校生徒による学校案内、ホームステイをお世話いただくホストファミリーとの対面式を行いました。サミット期間中には京都留学生ハウスから参加してくれる留学生も含め、12の国・地域から20名の海外大学生及び留学生が参加してくれることになっています。

 
 
 
 

7月5日(金)
 SGH韓国ソウル海外研修に参加する10名と、SGH上海海外研修に参加する10名が株式会社片岡製作所において、インターンシップに参加しました。
 片岡宏二代表取締役社長よりグローバル社会で活躍する人などについて御講演いただき、生徒は、誠実な人はどのような場所においても好かれることであったり、相手の立場に立って考えることがあらゆる問題解決に繋がるということを学びました。
 次に片岡宏也取締役管理本部長より事業概要と社是、経営基本方針などについて御講演いただいた上で工場見学を行い、レーザー技術によってどのような事ができるのかを学びました。
 SGH韓国ソウル海外研修とSGH上海海外研修では、株式会社片岡製作所の海外事業所にも訪れ、海外インターンシップを行う予定です。

 
 
 
 

7月3日(水)

 京都光華女子大学准教授の乾明紀先生を講師としてお招きし、探究学習・課題研究についての教職員研修を行いました。

 本校と連携して研究開発してきたSGHの取組に触れながら、調べ学習と探究学習の違いを整理した上で、探究学習には探究 の面白さ、楽しさを学習(経験)することが重要であることを学び、これから探究学習を普及させるにはどうすべきかを 他校からの参加者10名を交えながらワークショップをとおして考察しました。

 
 
 
 

 6月22日(土)

 2年生グローバル科の生徒が「イノベーション探究Ⅱ」の授業を行いました。

 6月8日(土)に実施された大阪大学ワークショップで学んだことを基に、もう一度自分たちの「研究計画書」を見直しました。また、この日は京都光華女子大学准教授の乾明紀先生をお招きし、「研究計画書」の作成について各グループが御指導・御意見をいただきました。

よい研究発表をするために

①研究目的を明確にすること

②思考に分析と論理を含めること

③的をしぼった調査をすること

が大事です。決まりきった方法や答えなどはありません。自分たちでトピックを立て、調査方法を決めることはとても難しいですが、とても大切なことです。グローバル科2年生はたくさん悩み、成長しています。

 夏休みには「研究計画書」に基づいて本格的に調査やフィールド・ワークが始まります。

 
 
 
 

グローバル科3年生のイノベーション探究Ⅲは鳥羽グローバルサミット前の最後の授業でした。各研究グループに加わってもらうティーチングアシスタントのリスト、当日の取り組みをどのように評価するかを示すルーブリックを提示し、併せて当日の準備・撤収の指示を行いました。その後各研究チームに分かれて、準備・リハーサルを行いました。最高の準備で当日を迎えることが出来ればと願います。

 
 
 
 

6月22日(土)

 1・2年生の生徒12名が、7月13日(土)に行われる「グローバルまちづくり高校生サミット」の事前学習を行いました。 グループごとに持続可能な開発目標(SDGs)の17領域の中から自分たちが興味のある考察領域を選び、キーワードマッピング の手法を用いながらグループの探究テーマを設定しました。

 「グローバルまちづくり高校生サミット」では、SDGsの「領域11 住み続けられるまちづくりを」を軸とし、「京都に来る外国人が増える中、私たちにできることは?」という問題意識のもと考察領域ごとに見い出された課題の解決法を海外大学生・留学生の アドバイスをうけながら提言を作成・発表していきます。

 
 
 
 

6月22日(土)

1年生グローバル科の生徒たちが、福知山公立大学ワークショップ「フィールドワーク入門&ワークショップ入門」に臨みました。講師には杉岡秀紀先生(福知山公立大学地域経営学部准教授)をお招きしました。生徒たちは、夏休みに行う京都フィールドワークに向けて、フィールドワークの基礎知識や作法を学び「信頼」がキーワードであることを理解しました。また、ワークショップの意義や作法についても学び、実際にケーススタディを行いました。TAの本田湧大さんには、フィールドでの活動についてもお話しいただきました。生徒たちの京都フィールドワークが楽しみです。

 
 
 
 

グローバル科3年生(7、8組)対象のイノベーション探究Ⅲの本日のメニューは、先週完成した英語論文に関する研究発表プログラム(鳥羽グローバルサミットの海外大学生との共同発表)において、課題に対する解決策・提言を発信するためのワークシート作りでした。これまでの課題研究の中で培ってきた様々な「智」をさらに深めることができる機会となるよう、研究チーム内で議論を尽くします。

 
 
 
 

グローバル科3年生のイノベーション探究Ⅲは英語論文の総仕上げとなりました。時間の冒頭に鳥羽グローバルサミットまでの行程と、鳥羽グローバルサミットの中で求められていることの説明があり、その後各研究チームごとに懸案の英語論文の細かい修正に取りかかりました。完成したチームから、英語の自習課題を受け取り、ホームルーム教室にて、英検2級と準1級の問題に取り組みました。

 
 
 
 

6月8日(土)

 2年生グローバル科の生徒が「イノベーション探究Ⅱ」の授業において、大阪大学ワークショップ「よい研究発表とはどのようなものか?」に臨みました。

 よい研究発表の条件とは、「①研究目的が明確であること」「②思考に分析と論理が含まれていること」「③的をしぼった調査ができていること」の3つであることを学び、現在各グループで作成を進めている研究計画が3つの条件を満たしているかを検証しました。

 また、探究を進めるにあたっては、「分析=分ける」と「論理=つなげる」の2つの考え方を意識する必要があり、その手法を具体的な探究の例をもとにグループワークで学びました。今後、各グループで探究を進める際に、この2つの考え方を活用することで、探究の質が深まることでしょう。

 大阪大学の皆さまには、夏休みに「アカデミック・ライティング講座」でもお世話になります。本日の学びを受け、研究計画をさらに具体化させて講座に臨めるよう、頑張っていきましょう!

 
 
 
 

 3年生のグローバル科(3-7、3-8)のイノベーション探究Ⅲは先週までに入力したデジタルデータの再編集でした。基本のフォーマットからの逸脱、グラフの配色の問題、タイプミス、英語表現上の不具合など、多くのチームが様々な点で修正を余儀なくされ、修正作業に追われていました。その一方で、早々と修正が完了したチームもあり、進捗状況に大きく差ができてきました。

 来週一週間で全ての修正作業を完了し、7月の定期考査後に予定されている鳥羽グローバルサミットでのプレゼンテーション・ディスカッションに向けての準備を始めます。

 
 
 
 

5月30日(木)の5時間目実施のコミュニケーション英語Ⅰでは、ジグソー法を用いたグループディスカッションを行いました。新しいレッスンに進んだ最初に毎回行っているものです。レッスン全体の概要を捉えるために、レッスンに設けてある4パートに対してそれぞれのパートの専門家(スペシャリスト)チームを作り、そこで各パートの「①キーワードとなる表現」、「②各パートの主旨を簡潔にまとめた英文」についてディスカッションし、それらについての統一見解を共有し、5時間目の後半にホームチームごとに、パート1からパート4のスペシャリストが、自分たちの議論の中で確定した①及び②についての見解をプレゼンテーションしました。次回は本年度初めてのティームティーチングですが、1年間かけてパラグラフライティングの基礎固めを目指します。週後半はアクティヴな学びが続きます。

 
 
 
 
 
b_botan