鳥羽の特徴
スーパーグローバル
ハイスクール

Super Global High School
 

◆スーパーグローバルハイスクール(SGH)

<SGHの各種取組>  日本語はこちらへ   英語はこちら

 

平成27年度~31年度の5年間、鳥羽高校は文部科学省からスーパーグローバルハイスクール(SGH)の指定を受けました。

 

スーパーグローバルハイスクールとは、将来国際的に活躍できるグローバルリーダーの育成を目的とした事業です。

 

 

◆鳥羽高校SGHテーマ

 

「ソーシャル・イノベーションで挑むグローバル・リーダーの育成」

~育む5つの力 価値創造力・協働力・突破力・寛容力・教養力~

 

・課題研究(地域研究領域、伝統文化領域、健康・スポーツ領域)と教科学習を組み合わせ、その成果をさまざまな活動(海外研修、海外交流、各種コンテストへの参加、各種資格試験への挑戦)で表現します。
 
 
 
 

12月23日(月)

 

 台湾桃園国際空港に無事に到着し、台北駅へと移動しました。その後、台湾総統府、台湾銀行、二二八和平公園を巡りながら、日本と台湾のこれまでの歴史的な関わり方について考察しました。また、夜市で有名な士林へ移動し、台湾文化について学びました。明日は2月に行われる京都府教育委員会グローバルネットワーク京都交流会での課題研究発表に向けて、台中市内でフィールドワーク及びインタビュー調査を行います。また、午後からは国立台湾大学を訪問し、各自が取り組んでいる課題研究について、大学生へのインタビュー調査行います。

 
 
 
 

12月23日(月)

本日から12月27日(金)まで台湾にてSGH海外研修を実施します。課題研究に係るフィールドワーク、国立台湾大学と台中市立台中工業高級中等学校への訪問及び英語での発表、台湾片岡股份有限公司における海外インターンシップ等を実施します。これまでの事前学習を踏まえて、現地だからこそできる活動に取り組んでいきます。

 
 
 
 
 
b_botan