学校生活

SCHOOL LIFE
 

11月1日「古典の日」にちなんで、古典への理解を深める「古典の日フォーラム」が京都劇場で開催されました。この中で、披講研究部は、静嘉堂文庫蔵「源氏物語屏風関屋・澪標図」(俵屋宗達)の複製をバックに平安装束をまとい、兼題「紅葉」のもと3首を披講しました。この3首は、昨年度の特別指導「和歌を詠もう」で本校2年生が作歌したものから選ばれたもので、冷泉貴実子先生・シェラード久丹子先生からご指導を受けたものです。この模様は、NHK NEWS WEB(京都 NEWS WEB) で観ることができます。

 
 
 
 

 9月7日(木)披講研究部は、京都テルサで開催された「平成29年度近畿地区社会教育研究会 京都大会」にて披講を披露させていただきました。

 れんが祭2日めということでクラスの発表をうまく調整して、2年生の池田匠翔、伊藤ほのか、井上華、小森優希、3年生の中井瑞季、内田千華、吉川昭汰の7名が発表をしました。今日発表したのは、昨年秋、冷泉貴実子先生にお世話になった作歌指導の際に「秋野」という題で作った以下の和歌3首です。

「夕さりて ひびきわたりし 鹿の声 萩の上風 秋の野の原」(2年 出水 かな)

「秋の野に 咲きて乱るる なでしこの 花ににほへる 望月のかげ」(2年 荒川 奈々絵)

「夕さりて 秋風わたる 野の原は つゆもたわわな 百草の花」(2年 泉 凛太郎)

 

 
 
 
 
 
b_botan