学校生活

SCHOOL LIFE
 

10月13日(金)に大学から講師の先生をお招きし、学部・学科別の模擬授業「2年生分野別模擬授業」を実施しました。

授業を通して進路意識・学習意識を高めることができたようです。いくつか生徒の感想を紹介します。

【心理学】テーマ:臨床心理学の観点から見た千と千尋の神隠し

カオナシの心理は私たちに当てはまるところがすごく多いなと思いました。カオナシはお金を持っていることで自分の価値を上げようとしていて、私たちのSNSのフォロワー数や成績に置き換えられると思います。銭婆の「魔法で作ったんじゃ意味ないからね。」という一言は現代の私にも響きました。心理学は治療などだけに使われているだけでなく日々の行動や会話にも大きく関わっていて面白いと思いました。心理学についてもっと調べたいと思いました。

【情報工学】テーマ:音声対話システム

音声対話システムは今の世の中、そしてこれからの世の中に役立つに違いないので自分がどのような分野、地域そしてどのような人々にとって役に立つ存在でありたいのかを考えて進路を選択することが大切だと感じました。日常生活の中で自分が「もっとこうであればいいのに」「あんなものがあればさらにいいのに」と思うことを見つけておいたら進路選択への大切な判断材料にもなるなと思いました。

【幼児保育】名作絵本のひみつ

保育という観点から絵本の話になり、歴史や翻訳の方法をみていくなかで、子どもに伝えたいことを読み解くなど、様々な視点から保育というものを知ることができました。絵本における歴史や日本と世界の絵本との違いがあることを知りませんでした。進路実現のために、今後、保育をするときのコツだけでなく様々な視点を見つけ、自分なりの考えを持つことが重要だと思いました。今後一つの題材から様々な考えが生まれるようにもっとアイデアを生み出す力を身につけたい。

 

 

 

 

 

 
 
 
 
 
b_botan