学校生活

SCHOOL LIFE
 

 JRC部2年の中澤さんが、10月31日(金)から11月3日(月)まで静岡県御殿場市でおこなわれた平成26年度青少年赤十字国際交流集会に京都府代表として、華頂女子高校の生徒とともに参加しました。この集会にはアジア19カ国37名の赤十字メンバーと39都道府県の76名のJRCメンバーが参加し、交流を深めました。
 JRCの活動について、グループディスカッションしたり、各国の文化の違いについてテーマを決めて発表したりしました。ひとりひとりが青少年赤十字の活動を紹介する時間もあり、中澤さんはあしなが募金について英語と日本語で説明しました。
 "I took part in Ashinaga Fund-Raising Campaign as a JRC member. This campaign is for helping children whose parents die of illness or disasters, and are difficult to work because of mental illness. Such children have difficulty in receiving higher education.
 I handed 1,250fliers to passers-by and some of them donated money. When they donated, I felt warmth and kindnessof people.
 At first I was nervous to talk to strangers, but when the person I called donated money, I was very happy and decided again to make efforts to let people know about this campaign.
 I think it is wonderful for people to cooperate for children in need. I feel really happy to help such children. "


写真左:グループごとに発表している様子
写真右:最後の夜の文化交流で盛り上がっている様子

 
 
 
 
 
b_botan