本文へスキップ

自立へつながる自律の力の育成

電話でのお問い合わせはTEL.075-672-8481

卒業生の方へ  サイトマップ

卒業生の皆さんへGRADUATE

各種証明書の手続きについて

各種証明書の発行は事務室で受け付けています。

 ※証明書の申請書の様式が変わりました。新しい様式をアップしています。それに伴い必要書類に
  本人確認書類が加わりましたのでご確認ください。
 ※本人確認や個人情報保護の観点から、電話や電子メールでの申請・交付はできません。
  原則として本人が来校して申請してください。
 ※代理人が来校して手続する場合には、本人からの「委任状(コチラからダウンロードできます)」が
  必要です。
  また、事情により来校出来ない場合は、郵送による手続きも受け付けています。(コチラ)
  但し、年末年始は郵便事情の混雑が見込まれるため、郵送での申込は避けてください。

 ※12/29〜1/3は年末年始の事務室閉鎖期間のため、
  調査書・成績証明書の交付はできません。。


 ※年末年始は郵便事業の混雑が見込まれるため、郵送での申込は避けてください。

(1)窓口取扱時間 平日14:00〜21:00
  ※土・日・祝日および夏季休業日、年末年始の休日(12/29〜1/3)は受付できません。

(2)発行する証明書
  卒業年度によって発行できない証明書があります。
  その場合は不発行証明書を発行することができます。

令和元年度現在の発行可能状況
   
卒業年度【卒業年(西暦)月】 卒業証明書 調査書 成績証明書 単位修得証明書
平成10年度【平成11年(1999)3月】卒業まで
卒業後20年以上
発行不可 発行不可 発行不可
平成11年度【平成12年(2000)3月】卒業から
平成25年度【平成26年(2014)3月】卒業まで
卒業5年以上20年未満

指導の記録
以外発行可
発行不可
平成26年度【平成27年(2014)3月】卒業から
平成30年度【平成31年(2019)3月】卒業まで
卒業後5年未満


(3)申請に必要なもの
  ア)必要事項を記入した「証明申請書」(コチラからダウンロードできます)
  イ)印鑑(スタンプ印は不可)
  ウ)手数料(いずれの証明書も1通につき400円)
  エ)本人確認書類(免許証など)
  オ)代理人が申請する場合は、本人の「委任状(コチラからダウンロードできます)」と
    代理人の本人確認書類(免許証など)を提示してください。
  カ)英文の証明書を希望する場合は、パスポートをお持ちください。

(4)申請から交付までに要する日数
  卒業証明書   翌日
  その他の証明書 3日後
  各種英文証明書 3日後
   ※すべて、土・日・祝日を除いた日数です。十分な日数の余裕をもって申請してください。
    不明な点などのご質問・ご相談は鳥羽高校定時制事務室(TEL 075−672−8481)まで
    お問い合わせください。


○郵送による手続きについて

 手続きの方法は以下の通りです。
 (1)ダウンロードした「証明申請書」に必要事項を記入・押印してください。
    訂正箇所には訂正印を押してください。
 (2)1通につき400円の発行手数料が必要です。郵便小為替を準備していただくか、現金書留にて現金を
    送付してください。
 (3)本人であることを証明できるもの(免許証など)の写しを同封してください。
    これは確認後、返却いたします。
 (4)返信用封筒(「長3」サイズ約11.6×23.1cm以上)に宛先を記入し、切手を貼付して
    ください。証明書は1通約10gです。
    ※急ぐ場合は、速達料金を加算した切手を貼付してください。
 (5)その他、英文での発行希望の場合には、パスポートの写し(正式なローマ字表記を確認するため)、
    代理人による申請の場合には委任状と代理人の本人確認書類の写しを準備してください。
    また、卒業後改姓されている場合は、改姓前の名前の分かるものの写し(訂正された運転免許証や
    健康保険証、通帳の表紙など)をお願いします。これらも必ず返却いたします。

 以上のものを同封し、下記住所まで郵送してください。
 なお、封筒には「証明申込」と朱書きしてください。

宛先 〒601−8449 京都府京都市南区西九条大国町1
             京都府立鳥羽高等学校定時制 事務室


information

鳥羽高等学校定時制

〒601-8449
 京都市南区西九条大国町1
 TEL.075-672-8481
 FAX.075-672-8491
 E-mail toba-hs-tei@kyoto-be.ne.jp

警報に関する対応

受診報告書ダウンロード    
いじめ防止基本方針