平成24年度 学校教育方針


1 教育理念

  京都府教育委員会「学校教育の重点」及び本市教育委員会「指導の重点」を踏まえ、特 色ある教育活動を行い、知・徳・体の調和のとれた心豊かな生徒の育成を図る。

2 学校教育目標

  人権尊重を基盤とし、確かな学力を身に付け、心豊かでたくましく生き る生徒の育成
(知・徳・体のバランスの取れた生徒の育成)


  <学校で育てたい生徒像 ≪目指す生徒像≫>

  • 自ら学び、深く考え、解決する生徒
  • 自らの良さに気づき、自信を持って 努力する生徒
  • 思いやり、協力し合う生徒
  • 健康でたくましく、実践する生徒

3 学校経営方針

(1) 学力の向上、進路希望の実現

1)教職員が専門性を発揮し、日々の授業の充実を図り、基礎・基本をしっかり身につけ生徒の進路希望を実現する。
2)生徒の学習意欲を喚起し、学習指導要領の目標と内容を踏まえ、確かな学力を身につける。

(2) 豊かな人間性と社会性の育成

1)正しい人権感覚、豊かな心を育成する人権教育、道徳教育を推進する。
2)一人一人の生徒が個性ある存在として尊重される人間関係づくりに努め、集団の良さが発揮される学年・学級経営に努める。
3)組織的・計画的に生徒指導、教育相談を充実させる。
4)学級活動、生徒会活動、学校行事、部活動を充実させる。

(3) 健やかな体の育成

1)全教育活動を通して、生徒の体力の向上を図る。
2)学校及び生徒の安全確保に全力を尽くす。
3)美しい学校を目指して、学校の環境整備に努める。

(4) 信頼される開かれた学校づくり

1)学校運営組織全体が適切に機能し、公教育の推進と日々の教育活動の充実を図る。
2)学校、地域との連携を図り、学校評価等を活用して信頼される開かれた学校をより推進する。
3)教職員の服務規律の確保を徹底し、教育公務員としての使命を自覚し、生徒・保護者から信頼される学校づくりを推進する。
4)公的研修会に参加するなど常に専門職としての資質の向上に努め、教職員評価に基づく自己点検・自己研鑽に励み、専門職としての資質の向上に努める。
5)教職員相互の意思疎通を図り、組織的な学校運営と教育活動を推進する。

(5) 組織としての学校づくり

教職員相互の意思疎通を図り、チームとして学校運営と教育活動を行う。
1)報告・連絡・相談を確実にし、組織内、組織間の連携を密にする。
2)諸会議を効率的に運営し、実のあるものにする。
3)情報の共有化を徹底する。
4)PDCAサイクルによる学校評価を適切に実行する。

4 重点目標

(1) 「学力向上プログラム」に基づいて学力の充実・向上を図るとともに、検証し、一層授業改善に努め、学習指導の改善・充実を図る。

(2) 「こどものための京都式少人数教育」を踏まえ、指導方法、指導体制を工夫改善し、個に応じた指導を充実する。

(3) 各教科における言語活動の充実、読書活動の充実、学力向上についての研究(乙訓かがやき校・向日市教育委員会指定研究)を推進する。

(4) 学習意欲の向上や学習習慣の確立のため、学習環境の整備、家庭との連携を図る。

(5) 小学校との緊密な連携により、学力の向上、中一ギャップ・いじめ・不登校等の解決を図る。

(6) 道徳の時間を中心に、全教育活動を通じて道徳教育を推進する。

(7) 体験活動などを通して自己有用感を高め、社会性の育成を図る。

(8) 教職員が率先して手本を示し、基本的生活習慣(挨拶、時間、言葉遣い、けじめ、清掃など)の定着に努める。

(9) 生徒指導の充実を図り、いじめ・問題事象等の防止・解消に努める。

(10) 教育相談の充実を図り、不登校の未然防止・解消に努める。

(11) 学校における、安心・安全を確保するとともに、危機対応能力を育てるための安全教育を充実する。

(12) 保護者や地域から信頼される学校づくりを進め、学校公開、学校便り、ホームページ等で積極的な情報発信に努める。

(13) よりよい校風の発展と地域社会の一員としての自覚をもってふるさと向日市への愛着と誇りを育む指導を充実する。