京丹後市立小学校

    
 所在地:〒629-3241 京都府京丹後市網野町木津1357番地  電話:0772-74-0055  ファックス:0772-74-9088  メール:tatibana-es@kyoto-be.ne.jp

 

天気予報

 

オンライン状況

オンラインユーザー1人
ログインユーザー0人

カウンタ

COUNTER455102

校長室

校長室より
12345
2019/03/31

平成30年度末のごあいさつ

Tweet ThisSend to Facebook | by 京丹後市立橘小学校サイト管理者

麗らかな春光の中、平成30年度も幕を閉じようとしており、3月20日には、18名の卒業生が巣立ちました。6年間の成長は大きく身長は平均36.1cmも伸びました。体だけでなく心も豊かに成長し、「よき伝統のたすき」は確実に引き継がれ、全校のリーダーとして児童会活動等で素晴らしい活躍をしました。在校生が憧れ、信頼される「ひまわり」のような最高学年6年生、6年間の学びを誇りに網野中学校でも、一人一人が、しっかりと歩んでいくことができると信じています。今後の活躍を期待しています。

網野学園1中学校4小学校6幼稚園・保育所(園)で、「目指す子ども像」の実現を目指し、一貫した教育を行いました。「これだけは!授業編」を踏まえて「主体的・対話的で深い学び」の実現を目指してきました。本校では、100名の児童が、楽しい学校でいきいきと学ぶことができるよう、教育活動を推進してきました。児童のがんばりと教員の指導の工夫があり、全学年・学級が落ち着いて学習課題に向かい、学力の充実・向上などの課題を改善することができました。

 
 このように、本校教育活動を充実させることができましたのも保護者・地域の皆さまのご理解・ご協力の賜と心より感謝申し上げます。

 次年度は、平成の時代が終わり新元号元年を迎えます。保護者・地域の皆様、今年度同様、次年度も「元気と笑顔があふれ、様々なことに挑戦する」姿を目指した楽しい学校づくりに、お力添えをいただきますよう心よりお願い申し上げます。

  
                   京丹後市立橘小学校  

                     校 長  山形 元子

 



13:24
2018/08/29

100人みんなが楽しい学校に!

Tweet ThisSend to Facebook | by 京丹後市立橘小学校サイト管理者

 100人みんなが楽しい学校に!
 100
名の児童が一段と頼もしく成長し元気いっぱい登校してきました。地域の皆様に見守られ39日間の夏休みを満喫して、全員元気に登校してきました。ご家庭・地域で様々な経験を積み、2学期の学校生活に希望を膨らませている様子がうかがえます。また、PTAの皆様と6年児童で8月19日に整備作業を行い、気持ちのよい教育環境が整いました。暑い中、その後の資源回収も合わせて大変お世話になりました。地域の皆様にも資源回収及び夏休み中の見守り等、多大なお力添えをいただきましたこと心よりお礼を申し上げます。

 授業日79日間の2学期が始まりました。始業式では、みんなで力を合わせ楽しい学校にしようと話しました。1学期、全員が登校できた日は23日でした。昨年度、1・2学期合わせて80日だったので、2学期はかなり高い目標ですが、57日超えを目標にしようと話しました。修学旅行、運動会、マラソン大会、社会見学、学習発表会など、大きな行事が目白押しの2学期を、元気に過ごして欲しいと思っています。毎日目標をもって過ごしていけるよう指導・支援していきます。「友だちに早く会いたいな!」「今日の算数が楽しみだな!」などと楽しい気持ちで登校できるように工夫していきます。

 

 また、進んで自分の考えを伝えたり、時間を守ったり、目標をもって一生懸命がんばったりする気持ちを育んでいきます。大きな行事・取組を学級やチームのみんなで力を合わせ伸び合うよい機会ととらえ、子ども達の元気と笑顔があふれ様々なことに挑戦できるようにします。全教職員が協力し指導・支援にあたります。不十分さ等お気付きの点は早目に教えていただければ幸いです。ご家庭の皆様や地域の方々の温かいお力添えをいただき、改善していきたいと存じます。保護者、地域の皆様のより一層のご理解・ご協力をお願いいたします。

今年度の教育活動の達成目標(たちばな大作戦100)

子ども達の「元気と笑顔があふれ、様々なことに挑戦する」姿を目指して

楽しい学校にしよう!  (100%登校57日以上)

智恵をみがこう!      (100%伝える)

場を大切にしよう!     (100%時間を守る)

何でも最後までやりきろう! (100%一生けん命)

 

 



16:00
2018/05/08

今年度も「たちばな大作戦100」を進めます!

Tweet ThisSend to Facebook | by 京丹後市立橘小学校サイト管理者
 児童100人が100%楽しい学校づくりに挑戦します!

春が駆け足でやってまいりました。春色に包まれ、平成30年度がスタートしました。「橘(きつ)の実」が最初に着いた地であり、心身を癒す良質の温泉・新鮮でおいしい海の幸等を有し、多くの観光客が訪れる木津・浜詰を校区とする伝統ある橘小学校の教育活動。100名の児童一人一人が「学校は楽しい!」と毎日登校できるように、16名の教職員「チーム橘小」で精一杯進めさせていただきます。

 小中一貫教育も網野学園では本格実施されてから5年目となり、網野中学校区の1中学校4小学校6幼稚園・保育所(園)で、「目指す子ども像」の実現を目指し、一貫した教育を推進しています。網野学園橘小学校として、小中一貫教育の視点を大切にしながら、本校の特色ある取組(朝マラソン、創意工夫した委員会活動、たちっ子み力つたえ隊の取組など)も行い、学力の充実・向上などの課題を改善していきたいと思います。

網野学園≪目指す子ども像≫

:明るく元気に進んで学ぶ子
【知】意欲的に学習に取り組む子ども  
:みんな仲良く支え合う子
【徳】規範意識をもち、仲間と支え合う子ども 
:のびのび生き生きやりぬく子              

【体】粘り強く心身を鍛え、やりぬく子ども

≪学校教育目標≫
将来に夢と希望をもち、郷土を愛し、

知・徳・体の能力を伸ばす児童の育成を図る教育の推進 

≪今年度の教育活動の達成目標≫
(たちばな大作戦100)

子どもたちの元気笑顔があふれ、様々なことに挑戦する」姿を目指して

 た 楽しい学校にしよう!    

 ち 智恵をみがこう!

 ば 場を大切にしよう!  

 な 何でも最後までやりぬこう!

 魅力あふれる校区・地域を舞台として、保護者、地域の皆様の温かいご支援に包み込まれた本校児童100名が、元気いっぱい笑顔いっぱいいろいろなことに挑戦できる学校づくりを目指していく所存でございます。

  どうぞよろしくお願いいたします。

                京丹後市立橘小学校 校長 山形元子

 


 


 

 

 

 

 

  
              

 

 




09:33
2017/12/27

2学期もご支援をありがとうございました!

Tweet ThisSend to Facebook | by ホームページ管理者

みんなで伸び合い、
みんなで輝き 楽しい学校!

 79日間の2学期の教育活動を終え、12月22日には、無事に終業式を迎えることができました。今学期も保護者、地域の皆様には多大なるご協力をいただきました。心より感謝申し上げます。

 2学期は、学校の1年の中で学習内容や行事が多く、様々な経験を通して、個々の児童が自分の力を伸ばしていく学期でもありました。6年生にとっては網野学園の取組の中で、中学校の体育祭の見学、授業体験、部活動体験など学園内4小学校の児童と中学生が交流する機会がたくさんあり、中学校進学に向けての心構えや準備を進めてきました。本校児童も、中学校進学に向けての不安が少なくなったと感想を述べていました。

 10月のマラソン大会に向けて春から取り組んできた朝マラソンでは、児童一人一人が自分の目標を決めて、一生懸命に走り込みを行ってきました。その成果もあり、マラソン大会当日はほとんどの児童が、自己の目標を上回る記録を出すなど、目標に向かって最後まで走り抜く姿は感動的でした。そして市小学校駅伝競走大会では、第3位と昨年度に引き続き、好成績を収めました。

 11月に行った、学習発表会では、日々の学習の成果を伝える場として、それぞれの学年が発表内容の工夫や役割分担をしながら協力し合って取り組み、発表会を全校で創り上げることができました。行事・取組をみんなで力を合わせ伸び合う機会として一人一人が輝きました。低学年は、国語科の物語文の読み取りをもとに表現力を高めての発表を行いました。高学年は、「たちっ子み力つたえ隊」の学習で調べたことや学んだことを発信しました。

  

     2年生「スイミ―」                 1年生「くじらぐも」
   
  3年生「ちいちゃんのかげおくり」     4年生「丹後ちりめんを伝承しよう」
   
5年生「幸せを呼ぶ~丹後の食の魅力~」   6年生「ぼくはここにいるよ」
   
             全校合唱「はじめの一歩」「フレンドシップ」

 また、 確かな学力を付けることを目指して、ドリルタイムでの「計算力アップ大会」、家庭学習がんばり週間やノート展示の期間を設けるなど、全校での取組を進めました。学びに対する意欲が高まってきました。家庭学習がんばり週間期間中は、ご家庭での声かけや点検表の確認等、ご協力いただきありがとうございました。

 終業式には、児童を一緒に2学期を振り返ってみました。2学期当初示した「進んで発表する」「時間を守る」「目標を持って最後までやり抜く」の目標が達成できたと感じています。「目標を持って最後までやり抜く」については、大体できたと挙手した児童が8割を超えませんでしたが、目標の設定が具体的でなかったからではないかと思います。3学期は、具体的な目標設定をしたいと思います。

 楽しい学校づくりを目指して、「たちばな大作戦」に取り組んでいます。その成果として、全員登校の日数が2学期は43日でした。(1学期:37
日でした。)3学期は、授業日が50日程ですし、インフルエンザ等も流行して全員登校の日がなかなかないかもしれませんが、20日を目標にしたいと考えています。

 今後も家庭・地域との連携のもとに学ぶ力の育成に向けて、力を注いでいきたいと思います。2学期教育活動の充実に、多大なるご支援・ご協力をいただいたこと本当にありがとうございました。それでは、皆様よいお年をお迎えください。
                          
                         京丹後市立橘小学校

                             校長 山形元子


13:16
2017/08/29

2学期始業式にあたって

Tweet ThisSend to Facebook | by 京丹後市立橘小学校サイト管理者
  京丹後市の花「トウテイラン」が咲き誇る中、2学期がスタートしました。
 
                    玄関前のトウテイランと橘の木
 始業式では、「夏休みの振り返り」と「2学期のたちばな大作戦」と「たちっ子み力つたえ隊」の3点について話しました。
 まず、夏休みの振り返りをしました。終業式で話した、「たちばな大作戦」
 楽しい夏休みにしよう!
 チャレンジしよう!
 バランスのよい1日にしよう!
 何が何でも命を守ろう!
に沿って、振り返りをしました。毎朝、7時30分からグラウンドで走っていた5・6年生がいました。自分の弱点を考え漢字の自主勉強をしていた人もいました。それぞれが、目標を設定してチャレンジできたようです。また、早寝、早起き、朝ごはんについては、概ね、気を付けて過ごすことができました。何よりも全員が、無事39日間の夏休みを終えたことは大変うれしいことです。
 次に、2学期のたちばな大作戦について話しました。 
 楽しい学校にしよう!
 智恵をみがこう!  進んで発表する。
 場を大切にしよう!  待ち時間0、忘れ物0
 何でも最後までやりぬこう! 目標や夢の実現に向けて

  一人一人が、目標や夢をもち主体的な学びを進め、日々の授業や運動会・マラソン大会・学習発表会などを成長のチャンスとしてとらえ、豊かなつながりの中で力を付けていけるように指導・支援をしていきます。
  3つめは、「たちっ子み力つたえ隊」について話しました。今年度、本校は京都府丹後教育局「TANGO魅力伝え隊」推進校として、総合的な学習の時間・生活科などを中心に校区の魅力についての学びを進めています。
  1学期からの実践を踏まえ、2学期はさらにふるさとの魅力を知るとともに自分なりの言葉や方法で伝えることができるよう学習を進めていきます。この取組を通して、ふるさとの多様な魅力について学び、郷土愛や地域づくりへの意欲の醸成を図るとともに、丹後で育ったことに誇りをもち将来ふるさとを支え、ふるさとに貢献できる人に育ってほしいと考えています。
  8月20日には、PTAの皆様と6年児童で「整備作業」を暑い中お世話になりました。おかげさまで、美しい環境の中2学期をスタートすることができました。さらに同日、PTA・地域の皆様には「資源回収」をお世話になりました。子どもたちのためにと多大なるご協力をいただき、心より感謝申し上げます。今後共 「たちばな大作戦」 「たちっ子み力つたえ隊」 など、本校教育活動に対しまして、より一層ご理解・ご協力をいただきますようお願い申し上げます。
平成29年8月29日 
                       橘小学校 校長 山形元子

10:54
2017/08/08

1学期が終了しました!(学校だよりから抜粋)

Tweet ThisSend to Facebook | by 京丹後市立橘小学校サイト管理者

児童一人一人が輝いた1学期終了
 子どもたちの元気笑顔があふれ、様々なことに挑戦する」姿を目指して、72日間(1年生は71日間)の1学期、日々の授業や運動会などの行事・取組を進めてきました。

4月は学級づくり、5月に行った運動会の取組でチームの絆を深め、子どもたちは、学年、異年齢のつながりを縦糸と横糸を織りなすようにつくってきました。運動会後も6年生が最高学年として見事なリーダーぶりを発揮し、全校遊びやきずなカードの取組などを進めました。1年生もすっかり学校生活に慣れ、毎日元気いっぱい過ごしました。6年生を中心に楽しい学校にする「たちばな大作戦」を進めました。なんと全員が登校した日が、34日間(7月18日現在)と約5割、2日に1回は全員が揃ったということになります。また、学習面では、落ち着いた教室で主体的に学ぶ児童が多かったです。自分の考えをもち、自分の言葉で伝え合い、たくさんのことを学び合うことができました。

このように、学習・生活両面で子どもたちが大きく成長できましたのも、家庭・地域の皆様のご支援があったからこそです。毎日の見守り活動をお世話になった方、子どもたちのあいさつの様子をほめてくださった方、危険個所をご指摘いただいた方、生活科・社会科・総合的な学習の時間などで丁寧に教えてくださった方々など、どなたも本校の児童を大切に思ってくださっていることが伝わってきました。誠にありがとうございました。さあ、明日から39日間の夏休みが始まります。始業式には、たくさんの思い出を胸に一回りたくましく

なって、97名全員が笑顔で登校してくることを願っています。

終業式で、下記のような「たちばな大作戦」について話しました。

  ご家庭や地域の皆様に言葉かけや見守りを大変お世話になります。有意義な97通りの夏休みになりますよう、どうぞよろしくお願いいたします。
 

楽しい夏休みにする「たちばな大作戦」
 みんなの
元気笑顔があふれ、様々なことに挑戦する」姿を目指して

 楽しい夏休みにしよう! ★ やり直しはできない
 一度きりの今年の夏休
 みを思い出
でいっぱ
 いにしよう!

 チャレンジ! ★ 普段できないこと、やってみたいと思っていたことにチャレンジしよう!例えば、うんてい、雲の観察、生き物の世話、料理研究など

  バランス! ★ 「早寝、早起き、朝ごはん」
          「学習」「遊び」「気分転換」
          など、1日
の内にいろいろなことを
          計画的に進め、バランスのよい生活を
          送ろう!

 何が何でも命を守る! ★ 交通事故、防犯、水難
  事故、病気などから命を
  守り、健康
で楽しい
  夏休みにしよう!

未来に向かってチャレンジ
5・6年「海での水泳検定」7月26日




07:15
2017/04/16

平成29年度スタートにあたって

Tweet ThisSend to Facebook | by ホームページ管理者
 たちっこ97名、心新たに新年度をスタートしました!

春風に桜の花びらがまるで粉雪のように舞い散る季節となりました。平成29年度スタートにあたってごあいさつ申し上げます。
  「橘(きつ)の実」が最初に着いた地であり、心身を癒す良質の温泉・新鮮でおいしい海の幸等を有し、多くの観光客が訪れる木津・浜詰を校区とする伝統ある橘小学校の教育活動を、総勢15名の教職員で精一杯進めさせていただきます。

 京丹後市全体で取り組んでいる小中一貫教育も網野学園では本格実施されてから4年目となり、網野中学校区の1中学校4小学校6幼稚園・保育所(園)で、「目指す子ども像」の実現を目指し、一貫した教育を推進しています。網野学園橘小学校として、小中一貫教育の視点を大切にしながら、本校の特色ある取組(朝マラソン、もくもく掃除、創意工夫した委員会活動など)も行い、学力の充実・向上などの課題を改善していきたいと思います。

網野学園≪目指す子ども像≫
【知】意欲的に学習に取り組む子ども :明るく元気に進んで学ぶ子

【徳】規範意識を持ち、仲間と支え合う子ども :みんな仲良く支え合う子

【体】粘り強く心身を鍛え、やり抜く子ども :のびのび生き生きやり抜く子  

≪学校教育目標≫

将来に夢と希望をもち、郷土を愛し、
知・徳・体の能力を伸ばす児童の育成を図る教育の推進

≪今年度の教育活動の達成目標≫(たちばな大作戦)

子どもたちの元気笑顔があふれ、様々なことに挑戦する」姿を目指して

 楽しい学校にしよう!    

 智恵をみがこう!

 場を大切にしよう!  

な 何でも最後までやりぬこう!

 魅力あふれる校区・地域を舞台として、保護者、地域の皆様の温かいご支援に包み込まれた本校児童が、元気いっぱい笑顔いっぱいいろいろなことに挑戦できる学校づくりを目指していく所存でございます。

 どうぞよろしくお願いいたします。
     京丹後市立橘小学校  校 長  山形 元子

 


13:35
2016/09/01

 様々なことに挑戦していける2学期に

Tweet ThisSend to Facebook | by ホームページ管理者

39日間の夏休みも終わり、学校にまた子ども達の元気な声が戻ってきました。今年の夏休みは連日の猛暑が続くとにかく暑い夏でしたが子ども達はそれぞれに日頃は経験出来ない体験や経験のもとに、有意義な夏休みを過ごしてくれたのではないかと思っています。
 
この休み中、保護者の皆様には、「地区プール」の監視、「奉仕作業・資源回収」等お忙しい中にも関わりませず、学校やPTAの各取組にご協力いただきありがとうございました。

 さて、二学期がスタートしました。残暑厳しい中でのスタートではありますが、これからは気候も良くなり、何をするにも最高の季節となります。日々の学習をじっくりと取り組むことはもちろんのこと、「区民運動会」「マラソン大会」、そして「学習発表会」等、大きな行事も数多くある大切な学期です。一学期の取組を基盤にして、子ども達にとっても、教師にとっても実り多い充実した学期となるよう、それぞれの課題克服に向けて、しっかり頑張っていきたいと思います。学校では、子ども達の“元気と笑顔があふれ、様々なことに挑戦する姿”をたくさん見ることが出来る二学期にしていきたいと思います。
 リオオリンピックの各競技野中で日本選手が見せてくれた「最後の最後まであきらめずに戦う姿」を、この橘小学校の中でも見ることが出来るよう、学校の様々な取組の中で、苦手なことにも果敢に挑戦し努力していくことを大切に、指導や言葉かけを行い、子ども達の意欲を高めていきたいと思います。

「元気・笑顔・挑戦」をキーワードに、いつでも、どこでも、そしてどんな場面でも、子ども達が各学年それぞれに学年らしさをしっかり発揮し学ぶことが出来る、そしてさらに大きく伸びていくことの出来る二学期となるよう教職員一同全力で頑張っていく所存です。

子ども達が元気な橘小学校を目指して、一人ひとりがしっかりと力を出し、みんなで力を合わせ、オリンピックに負けない素敵なドラマがいっぱい生み出せる二学期となるよう頑張っていきたいと思います。保護者、地域の皆様には、変わらぬご支援ご協力をよろしくお願い申し上げます。


15:14
2016/05/30

春の運動会から見えた たちっ子のがんばり

Tweet ThisSend to Facebook | by ホームページ管理者
 5月27日に春の運動会を無事に行う事ができました。
 5月の連休明けから6年生を中心に、縦割りのチーム編成を行い、取組を進めて来ました。

 児童会種目である「台風の目」は、中間休みにどのチームも練習を行い、昼休みは自主練習で「玉入れ」を行うなど、主体的な動きが各チームに見られました。また、今年は応援歌にも取り組もうと、雨の日は応援歌の練習も行いました。これらの練習により、日に日に1年生から6年生までのチームの繋がりが深まって行ったように思います。

 運動会の取組に向けてがんばる子ども達の姿は、本校が目指す教育目標に迫るものであり、目指す児童像「あ:明るく元気に進んで学ぶ子 み:みんな仲よく支え合う子 の:のびのび生き生きやり抜く子」の姿、そのものを見るようでした。 全校児童が運動会の成功を目指して、チームの絆を日に日に深め、懸命に取り組む姿を頼もしく感じました。
 
 6年生が中心となり活動する姿からは、最高学年になった喜びを感じました。その思いに応えるかのような5年生以下の協力する児童の姿にそれぞれの学年の成長を感じました。
 そして迎えた運動会当日。初めての小学校での運動会を経験する1年生は元気の良い行進から始まり、最後までよくがんばりました。2年生は1年生のお手本にと、昨年以上の頑張りを見せてくれました。3年生は自分達が出場する競技はもちろんのこと、4年生以上が係活動で出払う中を応援席で1・2年生をリードし応援できました。4年生以上の児童は、係活動をはじめ、高学年らしい動きを最後まで見せてくれました。

 このように、全校で取り組んだ運動会は、子ども達に「全校が一つにまとまった」という手ごたえを残しました。
 取組を通じて、全校で気をつけてきた「時間を守る」ということから生まれた「きびきびとした行動」、次の事を考えた「目的行動」を、今後の生活にも活かしていってほしいと思っています。

 そして、1学期の後半に向け、さらにたちっ子のパワーアップを図っていきたいと思います。
今後とも、変わらぬご支援・ご協力をよろしくお願い致します。
 また、最後までの応援をありがとうございました。


                                     橘小学校
                                       藤井 才子
16:18
2015/12/24

自分の可能性に果敢に”挑戦”した2学期

Tweet ThisSend to Facebook | by 京丹後市立橘小学校サイト管理者
 

自分の可能性に果敢に“挑戦”した2学期

                         

                        校 長  藤井 才子


 気分も新たに新校舎で迎えた始業式から、77日間の2学期の教育課程を終え、本日無事に終業式を迎えられたことを大変嬉しく思います。

この2学期は、一日も早く子ども達が新しい環境に慣れ、日々の取組や多くの行事を通して自己の力を大きく伸ばしていける学期となるように教職員が一丸となって取組を進めて来ました。子ども達には何事にも前向きに、あきらめずに粘り強く取り組むこと、自分の可能性に向かって歩む“挑戦”の学期にしてほしいと話してきました。                               

9月のわくわく学びサタデ―では、新体育館の披露も兼ね網野高等学校新体操部の皆さんに来ていただき、地域・保護者の皆さん、橘保育所の子ども達と一緒に演技を鑑賞しました。日々の地道な歩みがあってこその演技の数々に“努力することの大切さ”を学ぶことができました。区民運動会では春の運動会で築いた異年齢のまとまりを土台とし、高学年がリーダー性を発揮し取組を進めました。10月のマラソン大会では、春から朝マラソンで鍛えてきた力をベースに全校児童が自分の走りへの“挑戦”を繰り広げ、多くの子が新記録を樹立しました。続いて行われた小学校駅伝競走大会でも、5・6年チームで堂々2位入賞を果たしました。11月の学習発表会では、日頃の学習の成果を伝える場として、それぞれの学年が道具作りや役割分担をしながら協力し合い、内容を創り上げ、見ごたえのある内容を発表しました。『みんなが輝く楽しい学校』を目指し、人権月間には友だちの気持ちや自分の言動を振り返り、考え合う機会として取組を進めました。児童会の『サプライズカード』では心と心が通い合うメッセージに温かい心の和(輪)が全校に広がり、子ども同士の繋がりをより確かなものにすることが出来ました。

“元気・笑顔・挑戦”の言葉を念頭に置き、日々の学習や様々な行事に“挑戦”してきた子ども達は、確実に多くの力を身に付け成長しました。保護者・地域の皆様には子ども達の安全な登下校をはじめ、本校の教育活動に多くのご支援ご協力をいただき、本当にありがとうございました。

いよいよ明日から冬期休業となります。それぞれの家庭や地域で年末・年始には様々な行事が取り組まれることと思います。それらに積極的に参加したり、自分に任せられた仕事をしっかりとやり切ったりして楽しく有意義な休みとなることを願っています。

皆様にとりまして、新しい年が夢や希望に満ちた良い年でありますよう心よりご祈念致します。


18:10
12345