イベントトピックス

おしらせ
12345
2019/06/15

伝統的絵画を体験!

Tweet ThisSend to Facebook | by 丹資サイト管理者


6月8日(土)に、「日本画を描いてみよう」を実施しました。
株式会社修美の先生方にお越しいただき、岩絵具という粒子状の絵具を使って、伝統的な技法を使いながら絵に色をつける体験をしました。
いつも使っている絵の具との違いを感じられた方も多かったようです。

みなさんそれぞれ色を塗り分けたり模様をつけたりして、作品を完成させておられました。


参加者の皆様の作品は、8月10(土)~25日(日)の間、当館で展示をします。
ぜひ、お越しください。






10:27
2019/05/15

日本の伝統文化に触れてみませんか?

Tweet ThisSend to Facebook | by 丹資サイト管理者


京都府「文化を未来に伝える次世代育み事業」の一環として、「日本画を描いてみよう~日本の伝統的絵具を知っていますか?~」を開催します。日本の伝統的な絵画で使われてきた顔料(岩絵具)を使い、当時の絵画技法なども学びながら、日本画を描きます。作品は8月10日(土)~8月25日(日)まで、当館で展示します。


日時:6月8日(土)午後1時30分~4時
場所:京都府立丹後郷土資料館 旧永島家住宅
講師:田畔 徳一氏(株式会社修美)
参加費:無料
定員:20名(先着順)
 

【申込方法・申込先】
丹後郷土資料館(0772-27-0230)まで、お電話にて事前申込みが必要です。氏名・連絡先等をお伺いします。
受付時間:9時~16時30分(月曜休館)
締切:6月4日(火)

 

・・・都府「文化を未来に伝える次世代育み事業」とは・・・
京都府内の用事及び児童生徒に対し、地域の身近な場所で、質の高い文化・芸術を体感する機会を提供することにより、豊かな心を育成するとともに、京都の文化芸術の振興と次世代への継承を図ることを目的とした事業です。


チラシはこちら→「日本画を描いてみよう」チラシ.pdf
11:11
2019/04/16

「ぶらり丹後」第1回 開催します

Tweet ThisSend to Facebook | by 丹資サイト管理者


 学芸員と歩いて学ぶ「ぶらり丹後」の第1回目を開催します。
 今年度は、昨年度までとはまた違った場所を散策しますよ。
 第1回目は、本坂道です。古来、成相寺の参詣道として賑わった本坂道は、長らく通行不能となっていましたが、近年、地元の皆さんの手で整備されて復活しました。
 元禄2年(1689)に丹後を訪れた貝原益軒が「この坂中より天橋立、切戸の文珠、与謝の海、阿蘇の海、目の下にありて、その景、目を驚かす。日本の三景の一と言うも宜なり。」と『己巳紀行』に記したように、坂の途中からは素晴らしい展望が開けます。
 天橋立を眺めながら、成相寺山門前まで散策します。今回のコースは急坂が続きますので、ご注意ください。


 集合 午後1時30分     府中地区公民館
 ★「ぶらり丹後 受付」というカードを持った職員が目印です★
 

 解散 午後3時30分(予定) 成相寺山門前

 集合場所と解散場所が異なりますのでご注意ください。
 お帰りの際は、バス、ケーブル・リフトが利用できます(運賃必要)。
 
 事前申込み不要です。現地集合・現地解散としますので、集合場所に山登りに適した服装・靴でお集まりください。
 小雨決行。参加費無料。(解散後、成相寺に参詣される方は入山料が必要です。)
保険加入の関係で、当日、氏名・年齢等をご記入いただきます。

 チラシはこちら→ぶらり丹後第1回チラシ.pdf

 


11:18
2018/12/04

そばの脱穀

Tweet ThisSend to Facebook | by 丹資サイト管理者


11月24日(土)、そば作りの3回目を行いました。
昨年度は雨が降りとても寒い中の作業でしたが、
今年は天気も良く、外で作業ができました。





足踏み脱穀機や唐箕など、初めて見る道具に興味津々。



次回は12月16日(日)の9時から行います。
いよいよ最終回、粉挽きとそば打ちです!


14:43
2018/11/28

府中をぶらり

Tweet ThisSend to Facebook | by 丹資サイト管理者


11月10日(土)は、ぶらり丹後の最終回でした。

観光客でにぎわう籠神社前を出発し、学芸員の解説を聞きながら、
2時間かけて丹後郷土資料館まで歩きました。
少し風が強かったですが、さわやかな秋晴れで、ウォーキング日和でした。

地図を見ながら実際に現地に赴くことで、
昔の府中の様子がより理解できたことと思います。






普段なかなか通らないような道も歩き、
地元の方でも新発見があったのではないでしょうか。



 

たくさんの秋も発見できました。

 


今回に限らず、遠方からはるばるお越しいただいた方もいらっしゃいました。
ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。


16:13
12345

京都府立丹後郷土資料館
〒629-2234 京都府宮津市字国分小字天王山611-1
TEL 0772-27-0230   FAX 0772-27-0020

 
   リンク    サイトマップ