今日のひとこま

丹後郷土資料館の本日
12345
2017/10/19new

10月19日のひとこま 明後日から特別展

Tweet ThisSend to Facebook | by 丹資サイト管理者


資料館の周りには、たくさんの赤とんぼが飛んでいます。秋ですね。
秋とは関係ありませんが、一昨日は珍しい色のカエルを見つけました。



メタル色です。


さて、資料館では、特別展オープンに向け、準備の真っ最中です。

春の企画展でも大きな伊根浦の絵図を展示しましたが、
今回も大きな宮津城の絵図が登場しますよ。

 

 

特別展「宮津という地に居城を拵え-地中に眠る宮津城-」は21日(土)からはじまります。
初日には、実際に宮津城付近を歩いて巡る「ぶらり丹後」を開催します。
ぜひ、お越しください。


09:02
2017/10/04

10月4日のひとこま そば畑のようす

Tweet ThisSend to Facebook | by 丹資サイト管理者

10月に入り、もうすっかり秋の気候になりました。
資料館には、どんぐりがたくさん落ちています。






9月中旬のそば畑です。ぐんぐん成長中。
台風が接近したため、かかしたちも避難をしました。




今のそば畑です。
ちょうど今、花が満開です✿



和紙の原料のコウゾもとても大きくなりました。
11月から始まる紙すき教室では、このコウゾを使って和紙作りをします。


1ヶ月後はいよいよそばの刈り取りです。お楽しみに★
14:07
2017/09/02

9月2日のひとこま そば畑のようす

Tweet ThisSend to Facebook | by 丹資サイト管理者

種まきから1週間がたち、芽が出てきました。






そういえば、今日は小さな来訪者を玄関で見つけました。
入っていただくわけにはいかないので、そっとおかえししました。




16:32
2017/07/13

7月13日のひとこま 丹後の細道

Tweet ThisSend to Facebook | by 資料課

 

丹後の細道  松尾成相

 

一色十代の栄華一睡の中にして、屋形の跡は、今は学校となれり

慈光寺跡は田野になりて、小字にのみその記憶を留むる

先、本坂を上れば、眼下に白砂青松の大橋見えたり

阿蘇海は、野田川がめぐりて、智恩寺で宮津湾に落入

一色等が城跡は、弓木にあり、河口をさし堅め、敵をふせぐとみえたり

さても義臣すぐって此城にこもり、功名一時の草木となる

国破れて山河あり、城春にして草青みたりと、傘打敷て、時のうつるまで泪を落し侍りぬ

 

夏草や 黄一色に 夢の跡

黄の花に 橋立見ゆる 資料観  空


14:48
2017/04/26

4月26日のひとこま 旧永島家住宅で詠む

Tweet ThisSend to Facebook | by 丹資サイト管理者

本日は、舞鶴せせらぎ会のみなさんが旧永島家住宅で句会をされました。
あいにくのお天気で旧永島家住宅は少し冷えましたが、
昔懐かしい雰囲気の中、たくさんの句をお詠みくださいました。
その中から2句ずつ、ご紹介します。

春炉焚き温故知新の句会かな
春雨や耳寄せて聴く民俗史    花崎好晴

橋立を真向にして花は葉に
花冷の句座や庄屋の古だたみ   嵯峨根恭子

青麦の風陶塤(とうけん)に穴七つ
館長に焚いてもらひし春炉かな  岩木 茂

しりはりを戸口に揚げて春炉かな
府中なる黒き板間の春炉かな   斎藤裕靖

菜種梅雨古きもの皆なつかしき
聖堂のステンドグラス春惜む   原田雅子

葉桜や土笛の土艶やかに
春寒や五徳の鍋の煮えたぎる   北 昌重

春潮や丹後の海女の藤衣
春の炉につどひて榾を燃やしけり 藤村由紀

大庄屋の囲炉裏囲みて若竹煮
古民家と知ってか燕ゆるく低く  斎藤明子




15:34
12345

京都府立丹後郷土資料館
〒629-2234 京都府宮津市字国分小字天王山611-1
TEL 0772-27-0230   FAX 0772-27-0020

 
   リンク    サイトマップ