この画面をダブルクリックするか、ブロック右上の「編集」をクリックし、お知らせの内容を記入してください。

学習に役立つサイトを紹介します。ぜひご活用ください。

○文部科学省
https://www.mext.go.jp/a_menu/ikusei/gakusyushien/index_00001.htm
「子供の学び応援サイト
~臨時休業期間における学習支援コンテンツポータルサイト~」
光村図書(国語)
https://www.mitsumura-tosho.co.jp/oshirase/shien_index.html#as
「臨時休業中
の児童生徒に向けた学習支援コンテンツ」(教科書教材の朗読を聞くことができます)
○啓林館(算数)
https://wakuwakumath.net/
スマートレクチャー
授業動画(教科書の内容を動画で学べます)
○京都府教育委員会からの挑戦状
http://www.kyoto-be.ne.jp/gakkyou/cms/?page_id=220

○NHK for
スクール
https://www.nhk.or.jp/school/

○関西大学 近藤誠司WEBSITE 教育支援動画
   http://kondoseiji.main.jp/movie/


 
学校情報
〒622-0232
京都府船井郡京丹波町
曽根宮ノ浦戸麦54
TEL : 0771-89-2353
FAX : 0771-89-2670
ことばの教室 : 0771-82-0175
tanbahikari-es@kyoto-be.ne.jp
 
カウンタ
COUNTER243094
オンライン状況
オンラインユーザー4人
ログインユーザー0人

令和2年 12月

12月に入り、丹波地域特有の霧深い日が多くなり、朝夕はめっきり寒くなりました。長かった2学期も、いよいよあと2週間を残すのみとなってきました。

さて、丹波ひかり小学校では、本年も、11月16日から12月11日までを「人権月間」と位置付け、日常生活における人権意識の一層の高揚を図ることをねらいとして、様々な取り組みを行っています。
「人権」とは、一人ひとり、誰もが生まれながらにして持っている「人間らしく生きる権利」のことを言います。誰もがかけがえのない大切な存在だということです。
 今年度の取り組みのひとつとして、全校児童と教職員が、自分のいいところを紹介する「もちあじポスター」を作りました。自分のいいところを伝え、友達のいいところを知る機会となるように、全員のポスターを掲示しています。

「サッカーがとくいです」
「れきしの本を読むことが大好き」
「ともだちみんなにやさしくできます」
「ともだちのことをたいせつにできます」
「あきらめないこと」「想像力がある」
「頑張り屋さん」「よく笑う」
「何か熱中したら自分が満足するまでそれを続ける」
「その人のよいところをみつけることがとくいです」
など、その人らしい、その人ならではの「もちあじ」にふれ、微笑ましい気分になります。
 これからも、一人ひとりが輝き、認められ、大切にされる(大切にできる)、優しさと思いやりいっぱいの丹波ひかり小学校にしていきたいと思います。

校長室前の掲示板を活用し、子どもたちの「自主学習」の取り組みの様子を紹介しています。(学校ホームページでも紹介しています。)
各学級の担任に子どもたちのノートを見せてもらうと、「子どもたちの持っている力」の素晴らしさに驚かされることがよくあります。毎日の授業の予習や復習にとどまらず、自分の興味や関心に基づいた内容もたくさんあり、「子どもたちの着想は大人を超えているなあ」と感心することが度々あります。
私が尊敬している有田和正先生は「学ぶことが人生最高の贅沢な遊びである」という名言を残されています。そこまで思えるようになるのは至難の業かもしれませんが、「学ぶことは楽しい!」と思える子どもにしたいと思っています。ついつい、「○○ができてないよ」や「○年生なら、~はできて当たり前」のように、子どものできていないことに目が向きがちですが、「今日は、○○を頑張ったんだね」「今、自主学習をやっているんだね」というように、子どもが自ら考え、動きだしている姿に目を向けていくことをもっと大切にしていきたいと思います。

引き続き、学校教育目標『「夢に向かって一生けんめい学ぶ子ども」の育成』に向けて、教職員一丸となって取り組んでいきますので、保護者の皆様、地域の皆様の御理解と御協力をよろしくお願いいたします。
                                                      校長 梅原 伸雄

 

令和2年 11月

朝夕はめっきり冷え込むようになりました。山々の木々が赤や黄色に色づきはじめ、紅葉の季節を迎えようとしています。

 

10月は、6年生の「修学旅行」、5年生の「野外宿泊学習」、そして、先日の31日(土)には、「ひかり参観デー」と大きな行事を実施いたしました。いずれも、年度当初の計画とは実施時期や内容などで大きな変更となりましたが、感染症予防対策を講じながらも、保護者の皆様の温かい御理解と御協力のおかげで無事実施することができました。改めて、お礼申しあげます。ありがとうございました。

 

10月8日(木)、9日(金)に実施した「修学旅行」に私も同行しました。当日の天候は、朝から雨。さらに、行き先の三重県は台風が接近している状況でしたので、天候は悪化していくばかり・・・。ところが、6年生37名は、悪天候をものともせず、2日間の“自分たちの修学旅行”を楽しんでいました。

イギリス出身で、「喜劇王」の異名をもつチャールズ・チャップリンは、「うつむいていたら、虹は見つけられない(You'll never find a rainbow if you're looking down.)」という言葉を残していますが、6年生の姿はまさにそうで、マイナスの言葉や感情、表情を表にすることがありませんでした。修学旅行のめあてを意識しながら、2日間を前向きに過ごし、そして思いっきり楽しんだのです。

 

6年生は、「学校がもっと楽しく、みんなが笑顔になることができるように」「そのために自分たちができること・やりたいことに取り組む」との思いを込めて「TV番組」を作成しています。

“今、学校に何が必要で、どうすればよいのかを考え、クラスのみんなで力を合わせて取り組み、全校に発信する。”この6年生の学びは、先月号の学校だよりでお伝えした、「主体的に学習に取り組んでいく姿勢」を育むために大切にしたいことを、見事に実現しています。丹波ひかり小学校のリーダー、6年生の取り組みを頼もしく思うとともに、その実現を応援したいと思います。

 

さて、「ひかり参観デー」いかがでしたでしょうか。子どもたちの様子はいかがでしたでしょうか。今後も、学校ホームページや京丹波町CATVに加えて、オンライン配信等の新しい手法も用いながら、学校での子どもたちの学びの様子をお伝えしていきたいと思います。

また、ひかり小学校案内小冊子『ともに前へ!一歩前へ!丹波ひかり小』を作成中です。こちらは保護者の皆様への限定配付とさせていただきますが、11月中旬までにはお届けできると思います。

ひき続き、本校教育の推進に、御理解と御協力をよろしくお願いいたします。

 

校長 梅原 伸雄

 

令和2年10月

朝夕はめっきり涼しくなり、秋の風情を感じる季節となりました。正面玄関横の花壇を、みのり会の方が、きれいに手入れをしてくださっています。赤や紫、オレンジやピンクなど色とりどりの花が、今日も子どもたちの活動を、優しく見守ってくれているように感じます。

9月19日(土)の運動会では、子どもたちに温かい声援を送っていただきありがとうございました。午前中開催や事前申込制による参観人数制限など、例年とは大きく異なるやり方での開催となりましたが、御理解と御協力をいただいたおかげで、大きな混乱もなく開催することができました。改めて、心より感謝申し上げます。また、アンケートへの御協力にも重ねてお礼申し上げます。いただきました御意見は、今後の学校運営に活かしていきたいと思います。
 一方で、いつもお世話になっている地域の皆様方には、御案内を差し上げることができませんでした。誠に申し訳ございませんでした。

さて、みのり会の方々にお世話になり、これまで大切に育ててきたお米や作物が、今まさに「実りの秋」を迎えています。先日は、5年生が稲刈りを行いました。今後、1年生がサツマイモ掘りを、2年生は黒豆を、3年生は白大豆の収穫を行います。
これら立派に実った作物のように、児童一人ひとりにとっても「実りの秋」となるよう、しっかりと目標(夢)を持って様々な学習に取り組めるようにするとともに、仲間と力を合わせることのすばらしさを味わう学習を実施していきます。

 加えて、子どもたちがこれからの社会をよりよく生きていくには、「主体的に学習に取り組んでいく姿勢」が重要であると考えています。そのためには、自分自身で何が課題なのか(自分で「問い」を見つけたり、どこがわかっていて、どこがわからないかを自覚できたり)を理解し、それを解決するためにはどのようにしたらよいのかを自分で考え、実行していく力を身に付ける必要があります。そのような力を育成できるように、特に次のことを大切にしていきます。

 ①授業の中で、子どもたちが解決したい「問い」をもてるようにする。
 ②授業の中で、子どもたちが表現する(話す・書く・創る・演じる…等)力を伸ばす。
 ③漢字や計算など、自分で学習したことを見直す力をつける。
 ④与えられた宿題だけでなく、自主学習できる力を伸ばす。

これらは、一朝一夕に身に付く力ではありません。学年や個々の児童の状況に応じて、丁寧に、また計画的・継続的に指導していきます。

ひき続き、本校教育の推進に、御理解と御協力をよろしくお願いいたします。

                                                                    校長 梅原 伸雄