京丹波町立丹波ひかり小学校 週予定

10月11日(月)     下校15:05
   12日(火)     下校16:00
   13
日(水)     下校15:05          
   14日(木)  1〜3年下校15:05   
           4〜6年下校16:00

   15日(金)     下校15:05
 

お知らせ

学校連絡アプリ「すぐーる」タイムライン校長日記を掲載していますのでご覧ください。
 

9月

第2学期がはじまりました。新型コロナウイルスの感染拡大が心配される中でのスタートとなりましたが、今学期も引き続き、「学校の新しい生活様式」に基づいて新型コロナ感染症予防対策をしっかりと行うとともに、熱中症等にも十分に留意をしながら児童の安全・安心をベースに、丹波ひかり小学校ならではの教育活動を工夫して実施していきたいと思いますので、1学期と同様に御理解と御協力をよろしくお願いいたします。

2学期の始業にあわせて、京都府南丹警察署や地元交番、駐在所、南丹船井防犯推進委員協議会、さらには地域学校協働本部と連携して、子どもの安全を守る取組を行いました。
まず、富田駐在所と須知交番の署員の方が中心となって作成していただいた「丹波ひかり小学校『こども110番のいえ』マップ」を、児童に配付し、地域児童会において、マップを活用しながらの防犯教室を実施していただきました。また、児童の下校時には、バスにはパトカーや青パトが追随し、徒歩児童には署員や委員の皆様が同行してくださり、地域担当の教職員も一緒に「こども110番のいえ」を確認しながら下校しました。
 「地域総がかりで子どもの安心安全を守る!」これからもたくさんの
方々や関係機関のお力添えをいただきながら、実現していきたいと思います。

 全国の小学6年生と中学3年生を対象に、「全国学力・学習状況調査」が実施されましたが、このほどその調査結果が公表されました。児童生徒へのアンケート調査の結果で、「学校に行くのが楽しいか」や「将来の夢や目標を持っているか」を問う質問で、肯定的な回答をした割合が目立って減少したとの報告に目がとまりました。
 夏季休業期間に脳神経科学について学ぶ機会があり、その中でとても印象的だった内容のひとつが「楽しむ」ということでした。「人から与えられたもので楽しむより、自分で・自分から楽しむことが大切」「日常生活の中で、楽しむということを意識することが大切で、その意識が力に変わる」「未知のことにも能動的に飛び込み、ワクワク楽しもう。自分から能動的に未知に飛び込むことは、受動的とは違い予測ができているからストレス状態にはなりにくい」というものでした。
  また、先月開催されたオリンピックの体操男子個人総合で、最終演技者として最後の種目「鉄棒」に挑み、見事な演技で金メダルを獲得した橋本大輝さんは次のようにコメントしておられました。「落ちてもいいから楽しんでこよう。」「最終演技者で逆転のかかる場面、緊張もあったけど、ここで通しきれたら間違いなく楽しい試合にできると思った。最後は楽しんで、一瞬一瞬の車輪を大きく回していた。」

さて、2学期の始業式では、子どもたちに次の3つの思いを伝えました。①命を守る ②自分で考える③チャレンジする ①は全ての教育活動のベース、②と③のベースは、ワクワク・「楽しむこと」だと思います。
どんな2学期になるのか、ワクワクしています!
                              校長 梅原 伸雄