部活動

 田辺高校陸上競技部は、令和元年現在、部員は3年生10名、2年生11名、1年12名で活動しており、中長距離パートと、短距離、跳躍、投擲パートで日々練習に励んでいます。顧問は田辺高校7年目の久次季里と、昨年より金田健志郎の2人で指導しています。

 この令和元年を振り返り、全国インターハイに3年連続で出場(沖縄インターハイ)、6月の京都インターハイでは男子総合3位、男子第70回京都府高校駅伝で3位に入賞するなど、大躍進することが出来ました。部の方針は①練習を休まない②文武両道③感謝の気持ちを持つ④何でも一流を目指す⑤監督を信じるです。今後の田辺高校陸上競技部の活躍にご注目ください。

                               顧問 久次 季里

 
 
 2020/12/24 

11月8日、丹波自然公園周回コースで第71回京都府男子高校駅伝が開催されました。田辺高校は7区間42.195キロ、タスキをつなぎ、5位に入賞。3年連続近畿高校駅伝競走大会に進出しました。

 
 
 
 
 2020/12/24 

10月23日から25日、広島県広域公園陸上競走場にて、全国高校陸上競技選権大会が開かれ、3年5組岡田晃成が3000m障害、2年3組北村亘が5000m競歩に出場しました。北村は2年生ながら9位に食い込み、59秒もベスト記録を更新しました。

 
 
 
 
 2020/12/24 

9月19日、大阪ヤンマーフィールドで近畿ユースが開催され、2年3組北村亘が男子2年生5000m競歩で3位、1年4組森田優誠が1年生5000m競歩で8位に入賞しました。

 
 
 
 
 2020/12/24 

今季初めての公式戦の第75回京都選手権が7月11日.12日に、太陽ケ丘で開催されました。

この大会は無観客で多くの制限がかかる中、大学生、実業団、高校生で、雨天の中、闘いましたが、田辺高校から3名が4位に入賞し、9月の和歌山で開催される近畿選手権に進出が決まりました。

3年3組 南部海斗 男子1500m 4位

3年6組 谷垣大翔 男子10000m競歩 4位

3年5組 岡田晃成 男子3000m障害 4位

また、国体予選の部では

2年3組北村亘が少年共通男子5000m競歩で

優勝、また、1年3組永田将人が少年Bの部の砲丸投げの部で6位入賞を果たしました。

 

 
 
 
 
 2019/11/29 

11月4日(月)、丹波自然公園で第70回男子京都府高校駅伝が行われました。結果は田辺新記録、最高順位の3位に入賞し、11月24日に南あわじ市で開催される近畿高校駅伝に進出します。男子は今年、記念大会ですので各府県代表を除く最上位校も全国大会に出場できます。

順位 第3位 タイム2時間12分27
11.JPG
 
 
 2019/11/29 

10月13日(日)、西京極陸上競技場で第54回京都府高等学校ジュニア陸上競技対校選手権大会が行われました。

1年4組 北村亘(西城陽中) 5000m競歩 優勝(大会新)
2年3組 平野達也(北宇治中)三段跳び  2位
陸上部.jpg
 
 
 2019/10/02 

9月13日(金)~15日(日)、和歌山県紀三井寺陸上競技場で近畿ユース競技大会が行われました。5名の部員が出場し、2名の生徒が入賞しました。

1年4組 北村 亘さん(西城陽中)5000m競歩 2位
2年6組 谷垣 大翔さん(木幡中)5000m競歩 6位 
shasinn rikuzyou.JPG  

 
 
 2019/09/18 

8月21日(水)~23日(金)、西京極陸上競技場で第52回京都府高等学校ユース陸上競技対校選手権大会が行われました。5名の生徒が入賞し、大会新記録を更新するなど大活躍してくれました。
2年3組 南部 海斗さん(宇治中) 800m    3位
2年3組 平野 達也さん(北宇治中) 三段跳び   3位
2年5組 服部 結月さん(木幡中) 5000m   3位
2年6組 谷垣 大翔さん(木幡中) 5000m競歩 2位
1年4組 北村 亘さん(西城陽中) 5000m競歩 優勝(大会新)

スライド1.JPG

 
 
 2019/07/01 

令和元年6月13日~6月16日、ヤンマースタジアム長居・ヤンマーフィールド長居で、第72回近畿高等学校陸上競技対校選手権大会(近畿インターハイ)に本校の陸上競技部から8名の生徒が出場し、以下の生徒が入賞しました。

・3年 田中 楓(西小倉中学校卒)  3000m障害 6位 全国インターハイ進出

・3年 上野 竜助(北宇治中学校卒) 5000m競歩 6位

・3年 今村 駿弥(東城陽中学校卒) 3000m障害 7位

001.jpg

 
 
 2019/07/01 

令和元年5月31日~6月2日、西京極総合運動公園陸上競技場で、第72回京都府高等学校陸上競技対校選手権大会(京都インターハイ)が開催されました。結果、本校陸上競技部の以下の生徒が入賞し、近畿インターハイに進出しました。又、男子総合では本校は3位に入賞しました。

・3年 田中 楓(西小倉中学校卒)  3000m障害   2位

                   5000m     優勝

3年 今村 駿弥(東城陽中学校卒) 3000m障害   4位

・3年 上野 竜助(北宇治中学校卒) 5000m競歩   2位

・3年 尾崎 舷太(精華中学校卒)  800m      5位

3年 土井 悠平(西城陽中学校卒) 800m      6位

・3年 山根 大輝(久御山中学校卒) 円盤投げ      4位

・2年 南部 海斗(宇治中学校卒)  1500m     6位

・2年 平野 達也(北宇治中学校卒) 三段跳び      6位

01.jpgimage00 (1).jpg 03.jpg

  

 
 
 2018/08/21 

第51回京都府高等学校ユース陸上競技対校選手権大会

近畿ユース選手権 4名5種目 進出決定

 8月20日(月)~22日(水)に西京極運動公園で、第51回京都府高等学校ユース陸上競技対抗選手権大会が行われました。この大会で3位に入賞した選手が、9月14日(金)~16日(日)に奈良市鴻ノ池陸上競技場で行われる近畿ユースに出場できます。今回は特に1年生の南部君が2種目も近畿出場権を得ました。

 また男子総合の部で4位を取りました。

 近畿ユース選手権に出場する選手は以下の通りです。

  • 2年 今村駿弥 3000m障害走 京都ユース2年の部 2位
  • 2年 上野竜助 5000m競歩 京都ユース2年の部 2位
  • 2年 山根大輝 円盤投げ 京都ユース2年の部 2位
  • 1年 南部海斗 800m走 京都ユース1年の部 優勝
  • 1年 南部海斗 1500m走 京都ユース1年の部 3位

 

 
 
 
 
 2018/07/18 

2年連続 全国インターハイ出場決定!!

 6月14日(木)~17日(日)に、滋賀県にある皇子山総合運動公園にて、近畿インターハイが行われました。今年は1500m走に尾崎舷太君(2年)が、5000m競歩に北村匠君(3年)と上野竜助君(2年)が、円盤投げに山根大輝君(2年)が出場しました。

 様々な種目で近畿インターハイに出場できるようになってきましたが、特に5000m競歩では北村君が3位に入賞し、2年連続で全国インターハイに出場することが決定しました。また上野君も7位に入賞しました。

 全国インターハイは8月1日(水)から三重県伊勢市で開催されます。5000m競歩は、予選が4日(土)に、決勝戦が5日(日)に行われます。ぜひ応援のほど宜しくお願いします。

 
 
 
 
 2018/06/18 

近畿インターハイに4名出場決定!!

& 北村匠 5000m競歩 2連覇!!

&男子・総合の部6位・トラックの部3位

 6月1~3日に西京極総合運動公園にて、第71回京都府高等学校陸上競技対校選手権大会(京都インターハイ)が行われました。この大会で6位(または4位)に入賞すれば、6月14日(木)から行われる全国高等学校陸上競技対校選手権大会近畿予選会(近畿インターハイ)に出場できます。

 この大会で、尾崎舷太君(2年)が1500m走に、北村匠君(3年)・上野竜助君(2年)が5000m競歩に、山根大輝君(2年)が円盤投げにと、合計4名の選手が近畿インターハイへと出場します。

 また今回は、男子・総合の部6位とトラックの部3位に入賞しました。選手個人ではなく、学校に対して表彰されるものとしては始めてのことになります。

 
 
 
 
 2018/05/24 

5000m競歩で全学年表彰

 5月19日(土)、20日(日)に西京極総合運動公園にて、第71回京都府高等学校総合体育大会(市内ブロック)が行われました。本大会は各学年で競技を行う大会であり、学年毎に表彰が行われました。

 今回は何と、5000m競歩にて1年生の谷垣大翔君が3位、2年生の上野竜助君が1位&大会新記録、3年生の北村匠君が学年1位&全体1位と、全ての学年で表彰されました。

 他にも、1年生の南部海斗君が800m走で1位、2年生の尾崎舷太君が1500m走で3位になり表彰されました。

 
 
 
 
 2018/05/24 

選手16名

京都府インターハイ予選(本選)進出!!

 5月3日(金)・4日(土)に山城総合運動公園にて、第71回京都府高等学校陸上競技対校選手権大会市内ブロック予選会に出場しました。この大会は、各種目上位25名が京都府インターハイ予選に出場する権利を得ます。

 春季大会ですでに出場権を得ている選手もいますが、本大会で田辺高校の選手16名が個人種目で本選に進出できることになりました。特に田中楓君(2年)は、5000m走と3000m障害走の2種目に出場します。

 本選は6月1日(金)・2日(土)・3日(日)に西京極総合運動公園にて行われます。本選でも6位(種目によっては4位)に入賞すれば、近畿大会に出場できます。今年は例年になく多くの選手が本選に進出できました。ぜひ彼らが近畿大会にも出場できるよう、応援をお願いします。

 

【本選出場選手一覧】

  • 800m走   :土井悠平(2年)、岡田晃成(1年)、南部海斗(1年)
  • 1500m走  :尾崎舷太(2年)
  • 5000m走  :松村蒼斗(3年)、田中 楓(2年)
  • 3000m障害走:今村駿弥(2年)、田中 楓(2年)
  • 5000m競歩 :北村 匠(3年)、上野竜助(2年)
  • 走高跳   :西田 誠(3年)、井上皓貴(2年)、山本博之(1年)
  • 砲丸投   :寺嶋将吾(3年)
  • 円盤投   :山根大輝(2年)
  • やり投   :谷井和泉(3年)
  • 八種競技  :木村 涼(3年)
 
 
 
 
 2018/04/16 

季大会

800m走2位&3000m障害走3位

 4月15日(日)に西京極総合運動公園にて、第53回京都府高等学校春期陸上競技大会に出場しました。

 新1年生が高校生としてのデビューを果たし、高校最初の記録を作りました。また、2・3年生は冬の練習を発揮し、多くの自己ベストを打ち出しました。特に土井悠平君(2年生)は、800m走で2分を切る記録を出し総合2位に、今村駿弥君(2年生)は3000m障害走で総合3位になりました。

 本大会では、各種目総合6位までに入賞すれば、6月にある京都インターハイに出場する権利が得られます。実に多くの選手が6位入賞を果たし、京都インターハイへの出場権を得ました。ぜひ京都インターハイで彼らが活躍する所を見て、応援してください。

 

【春季大会6位入賞者】

  • 土井悠平(2年) 800m走 2位
  • 今村駿弥(2年) 3000m障害走 3位
  • 田中 楓(2年) 3000m障害走 6位
  • 上野竜助(2年) 5000m競歩 4位
  • 山根大輝(2年) 円盤投げ 4位

 

 
 
 
 
 2018/02/19 

京田辺市の駅伝で優勝区間賞!!

 2月18日(日)に第34回京田辺市民駅伝競走大会が行われました。田辺高校陸上部は今年初参加、学生の部に出場しました。結果は55分54秒で、優勝しました。そして1区から6区までの各区間すべてで区間賞をいただきました。6区間全て1位でゴールし、学生の部でいただける全ての賞をいただきました。

区間賞一覧

  • 1区(3.6km) 松村蒼斗(2年) 1位
  • 2区(1.8km) 土井悠平(1年) 1位
  • 3区(3.4km) 今村駿弥(1年) 1位
  • 4区(3.7km) 田中 楓(1年) 1位
  • 5区(2.0km) 三原充起(1年) 1位
  • 6区(2.7km) 尾﨑舷太(1年) 1位
 
 
 
 
 2017/11/16 

京都府国公立陸上競技大会

男子総合位&入賞者

 11月12日(日)に西京極総合運動公園にて、第12回京都府国公立陸上競技大会が行われました。

 今回の大会はどの選手も健闘し、男子総合5位に入賞できました。また多くの選手が自己ベスト記録を出したり、表彰されたりしました。

 これから始まる冬の練習は春に向けての練習となります。新年度に選手たちがより成長できるよう応援をお願いします。

 

表彰された選手一覧

  • 2年:北村 匠 5000m競歩 1位(22"13'90)
  • 2年:松村蒼斗 5000m   2位(15"25'30)
  • 2年:寺嶋将吾 砲丸投げ   4位(10m11)
  • 1年:上野竜助 5000m競歩 2位(22"41'00)
  • 1年:尾崎舷太 1500m   3位(4"08'44)
  • 1年:田中 楓 5000m   4位(15"32'67)
 
 
 
 
 2017/11/07 

 今年度の京都府高校駅伝は総合9位でした(昨年度は15位)。今年のチームは1,2年生のみのチームで、大健闘を果たしてくれました。来年の近畿大会への出場も見えてきました。来年が楽しみです。

 またそれぞれの区間でも様々な事がありました。最も距離のある1区では好調な出だしで、7位で襷を渡しました。続く2区、3区では、それぞれ1年生の今村君、田中君が区間4位のタイムで順位を維持。4区は上り坂の多い8km区間で、走った上野君は強風の中総合8位とよく頑張ってくれました。5区の北村君も自己ベストで走りましたが、順位を1つ落として総合9位。6区の金光君(キャプテン)も順位を死守、アンカーの7区、尾崎君は8位の久御山高校に10秒差まで迫る快走でゴールしました。

 大会が終わって、地面を叩いて悔しがる選手、涙が止まらない選手がいました。

 各区間の出場選手は以下の通りです。

  • 1区 10km 松村蒼斗(2年)
  • 2区  3km 今村駿弥(1年)
  • 3区  8km 田中 楓(1年)
  • 4区  8km 上野竜助(1年)
  • 5区  3km 北村 匠(2年)
  • 6区  5km 金光紘平(2年)
  • 7区  5km 尾崎舷太(1年)
 
 
 
 
 2017/10/11 

えひめ国体日本海駅伝京都ジュニア大会

 10月7日(土)~9日(日)に行われた3つの大会それぞれに出場してきました。今回は様々な大会が同時に行われたため、選手たちは自分の専門分野が行われる大会に別れて出場しました。

1、えひめ国体(10月9日、愛媛県ニンジニアスタジアムにて)

 愛媛県で開催された全国国立体育大会に、2年生の北村匠君が5000m競歩で出場しました。

2、日本海駅伝(10月8日、鳥取県にて)

 鳥取県で開催された日本海駅伝に、長距離メンバーが出場しました。メンバー全体が一丸となり、たすきを繋いでいった結果、昨年よりもタイムを伸ばしました。

3、京都ジュニア大会(10月7,8日、西京極総合運動公園にて)

 京都府で開催された京都ジュニア大会に、短距離・跳躍・投てきメンバーが出場しました。