校長挨拶

第19代校長  杉本 憲一

田辺高校は次の50年に向かって発展しています!
☆従来の普通科 工業技術科 自動車科に加え
      平成27年度より工学探究科 機械技術科 電気技術科を新設☆

校長
 ようこそ京都府立田辺高校のホームページにおこしくださいました。校長の杉本憲一と申します。
 本校は創立53年を迎える、日本の将来を担う若い技術者育成を目指す工業に関する学科と普通科を併置する特色ある学校です。創立50周年を機に『50の輪!!から無限の輪へ!!』を合言葉に『田辺高校無限の輪プロジェクト(TMP)』を展開しています。(詳細は学校案内ホームページをご覧ください。)
 さらに、平成27年度より工業に関する学科を「工学探究科、機械技術科、電気技術科、自動車科」に再編して普通科とともに、次の50年を見据えた人づくり、学校づくりを推し進めています。
 田辺高校は、昭和38年に「ものづくり」の精神を教育の本質とする工業に関する専門学科を設置する高等学校として開校されました。当時の我が国の高度経済成長を支える優秀な技術者の育成を目指し、京都府においては、府の北部と南部にそれぞれ工業系の高校を設置することになり、南部に設置されたのが本校です。昭和52年には地元の熱い期待に応えて普通科が設置され、普通科と工業科を併置する特色ある高校として新たなスタートを切りました。
 「ものづくり」の原点は「人づくり」です。本校は「人間力ある人づくり」を学校経営方針の中心にすえ、多様で組織的な教育活動を個に応じて展開するとともに、人間力育成の大きな側面である部活動、特別活動、自主活動を積極的に推進しています。
 また、生徒の皆さんが、目的を持った有意義な高校生活となるよう、普通科では平成23年よりアドバンストコースとスタンダードコースを設置し、個々の生徒の進路希望実現に向けて、教育内容の充実に努めています。

 本校教育の柱としている『人間力ある人づくり』に魅力を感じてくれる多くの中学生の皆さんが本校入学を希望してくれることを期待しています。