「京都フロンティア校支援事業」報告会

 昨年に引き続き「京都フロンティア校支援事業」の一環として取り組みを進めてきた、木津高校と田辺高校の連携事業について、その成果の報告会が、2月13日(木)に木津高校で実施されました。田辺高校からは、「農作業運搬車」を製作した課題研究班(自動車科3年)の生徒8名と、「植物栽培用LED照明装置」を製作した課題研究班(工業技術科3年)の生徒9名が参加しました。木津高校からはシステム園芸科の生徒6名が参加しました。
 「農作業運搬車の製作」の報告では、昨年度製作した運搬車との違いや、今年度製作した運搬車の特徴と利用方法等が説明されました。そのほかにも課題研究で取り組みをした内容についての報告もありました。
 「植物栽培用LED照明装置の製作」の報告では、昨年の課題から、どのように改良したのかの説明と苦労した点について説明がありました。京都ものづくりコンテストへの出展以降に改良した点や、1月8日の交流会の報告もありました。
 「LED栽培装置の運用と課題」について、木津高校の那波先生からの報告がありました。昨年度は光量が少なくて、補助光として蛍光灯を利用したが、今年はLED照明装置のみで栽培したと説明がありました。ところが、今年の特徴として、「光阻害」が確認され、原因の究明が必要であることが報告されました。「光阻害」とは、葉緑素が減少し、葉が白くなり光合成が行われなくなる現象です。大学等の研究によると、青色の光が強すぎると起こることがあるそうです。今後の研究は、青LEDの個数を減らし、配置も検討が必要になります。このような結果になったけれど、「光阻害」についての研究にもつながる内容になって、次につながる研究ができたと報告されました。
 報告会の後、農場の玄関前で、「農作業運搬車」の引き渡しがありました。自動車科の生徒が実演をして、取り扱い方を説明しました。木津高校の生徒は、実際に操作をしてみて、大変喜んでくれました。実習をしっかり取り組み、作物を収穫した際に有効に利用したいと言ってくれました。
 来年度も引き続き、木津高校と田辺高校の連携事業ができたらいいなと言うところで、報告会と引き渡しが終了しました。

 

 




「植物栽培用LED照明装置」は事務室前に展示中です。

 

CSR学習を終えて

 早稲田大学の黒澤教授の協力を得て、1年生の全クラスにCSR学習を実施することができました。12月13日(金)・17日(火)に普通科が「大阪いずみ市民生活協同組合」、16日(月)に自動車科が「太平工業(株)」、18日(水)に工業技術科が「花王(株)和歌山工場」に行ってまいりました。
 CSRとは、Corporate Social Responsibilityの頭文字をとった名称で、一般的には「企業の社会的責任」と訳されます。経済的利益を追求するだけでなく、従業員、消費者、取引先、投資家、地域住民や自治体など、企業の活動にかかわってくる多くの利害関係者(ステークホルダー)にも配慮する経営姿勢・経営手法を含む概念のことです。企業に対して、責任のある存在として社会の中でどのような役割を果たし、持続可能な社会の構築に貢献するのかを問うものであります。具体的な例を示しますと、リサイクルを推進してゴミを減らす取組やCO2削減の取組、障がい者雇用の促進などの環境への配慮や社会貢献といったことがあげられます。
 現在の高校生は、いずれは社会人となります。いろんな企業や組織の中でリーダーとして活躍できる資質を高めるためには、ぜひとも身に付けておかなくてはならない概念だと感じました。
 黒澤先生の講義の中で、信頼されているから責任が生じるということが取り上げられていました。「信頼」を裏切らないために「責任を果たす」ことや「責任」が果たせなかったので「責任をとる」ということにも触れていただきました。また、「信頼」と同時に、「期待」も大切です。企業や組織は、現在できていないことに挑戦して目標を達成してほしいという社会の期待に応えられるように活動しなければならないともおっしゃられていました。この考え方は、現在の高校生にとってもあてはまると思いました。生徒にとっては、保護者・教師・地域社会からの期待に応えることで、信頼される人間に成長するのだということ理解してくれたら、今回のCSR学習はより意義のあった取組だったと言えるでしょう。
 『学校』もひとつの組織です。保護者・生徒・地域社会からの期待に応え責任を果たすということはどういうことか考えさせられました。生徒の学力を伸ばし、希望進路を達成させる。そして、社会のリーダーを育成することが、『学校』という組織に求められるCSRではないかと考えさせられました。

 

 

 

 
 

平成25年度「京都フロンティア校」

今年度本校は、府立高校特色化推進事業の「京都フロンティア校」に指定されております。

1 『工』と『農』のコラボで真の学力向上

  • 設定理由

    本校工業科と木津高校農業科がそれぞれの特色を活かし共同研究を行うことで互いの視野を広げ、新しい発見を生み出す取組
  • 到達目標

    年7回の両校の交流事業を実施し、年2回の専門家によるアドバイスを受け、成果発表会・研究集録冊子の作成
  • 計画

    5月木津高校にて両校合同で昨年度製成したLED植物栽培機器の見学と本年度取組の打合せ
    6月田辺高校にて工場見学と工業体験実習及びデータ提供
    田辺高校で改良品製作開始(10月完成)
    8月専門機関見学及び専門家によるアドバイス
    10月 木津高校にて改良品の利用栽培実験開始
    11月専門機関見学及び専門家によるアドバイス
    12月 木津高校にて両校生徒による生育状況確認 
    2月 成果発表会開催、研究集録冊子作成 

2 防災教育

  • 設定理由

    本校が立地する京田辺市は地震・水害が懸念される地域であることから単なる防災学習に留まらず、地域貢献できる取組としたい
  • 到達目標

    取組に関するホームページ作成
  • 計画

    4~9月フィールドワークによる調査・研究
    6月防災専門家による講演
    9月調査・研究発表会開催
    10月 防災施設見学
    1月取組まとめ
    2月 成果発表会・研究集録冊子作成

3 CSR学習

  • 設定理由

    企業の経済活動・環境問題・倫理観等についての取組を学び、社会人としての自己を考えることで、人間力向上の取組とする
  • 到達目標

    工業科・普通科の生徒がCSR専門研究者の講義を受け、企業見学を行う
  • 計画(1年生を対象として2学期実施)

    ①CSRについて研究者から講義
    ②CSRに取り組んでいる企業見学
    ③学習した内容についてディスカッション
    ④生徒作成の論文を企業及びCSR専門家から審査を受け、優秀作品の表彰を実施
 

活動の様子

活動の様子
2014/01/15

木津高校に設置してきました!

Tweet ThisSend to Facebook | by サイト管理者
 1月8日(水) 本校生徒が製作した植物栽培用LED照明装置を木津高校に設置してきました。
 木津高校では、昨年設置したLED照明装置での栽培・管理をしていただき、植物の発育状況や光量子密度測定結果をうけ新たな課題も発見できました。今後もさらなる改良を目指します。

 

 

15:23 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)