緊急時の対応

「気象警報等発表時における学校の対応」のお知らせ
令和3年7月より
 京丹波町内に気象警報(「大雨」「洪水」「暴風」「暴風雪」「大雪」)が発表された場合、及び震度4以上の「地震」を観測した場合、児童の安全確保のための対応について、次のような措置をとらせていただきますので、よろしくお願いいたします。
  なお、保護者の皆様におかれましては、テレビやラジオ等により、情報を正確に把握され、判断されますようお願いいたします。
  【登校時】
 状態 学校の対応 備考
午前6時の段階で、京丹波町内に「警報」が発表継続中の場合
「臨時休校」
◎「注意報」ではありません。
◎午前6時以降に解除となっても原則休校となります。
午前6時30分までに、教育委員会からアプリを通じて情報配信します。
上記以外で、荒天により通学時の安全が確保できないと判断した場合 「臨時休校」午前6時30分までに教育委員会から情報配信します。
午前6時以降から登校の間に「警報」が発表された場合

 「自宅待機」
◎「自宅待機」後、臨時休校になります。
◎既に登校している場合は、学校待機となります。
教育委員会から自宅待機の情報配信をします。
また、自宅待機から臨時休校への移行についても情報配信をします。
【登校後】
登校後に「警報」が発表された場合
状況に応じ「授業時間繰り上げ」措置をとります。
◎安全確認、保護者への連絡等措置後、下校(もしくは安全確保のため学校待機)とします。
児童の帰宅時刻が早まることがありますので、ご家庭が不在の場合の家の鍵等について、日頃からお子さんと十分に確認しておかれるようお願いします。
【その他】
●震度4以上の「地震」が発生した場合◎登校前に発生した場合
「自宅待機」
◎登校後は、安全確認後判断します。
 教育委員会から情報配信します。

  「気象警報等」とは、「大雨」「洪水」「暴風」「暴風雪」「大雪」が発表された場合及び震度4以上の「地震」を観測した場合です。

特別警報

警報の発表基準をはるかに超える豪雨等が予想され、重大な災害の危険が著しく高まっている場合

◎特別警報が解除になっても、警報が発令中であれば「臨時休校」は継続します。
町の避難指示等に従うなど命を 守る行動をとってください。
外出は控え、家の中の安全な場所にとどまってください。  


※平成25年8月30日から、市町村ごとの気象警報の発表に加え特別警報が発表されるようになっています。
※「京丹波町内に気象警報が発表されている場合」とは、「京丹波町」に警報が発表されている状態を指します。
※テレビやラジオの放送では、これまで通り「市町村をまとめた地域の名称(例えば、京都府南部、南丹・京丹波)で放送される場合がありますので、ご注意をお願いいたします。
※テレビ等で「南丹・京丹波」に警報発令とされている場合でも、南丹市のみに発令されており、京丹波町に発令されていない場合がありますので、特定のメディアだけでなく、複数のメディアにて確認いただきますようお願いします。