スクールマネジメントプラン(SMP)
平成28年度 学校経営計画(スクールマネジメントプラン)京丹波町立竹野小学校

学校経営方針
(中期経営方針)
かしこい子「質の高い学力を身につけた子」
やさしい子「友達を大切にする心、素直な心を身につけた子」
たくましい子「心身ともに健康で安全に、生き抜く実践力を身につけた子」

《中期経営目標》
①学力の充実・向上を図る密度の濃い教育指導の充実
②食文化の理解と食育の充実
③ふるさとを愛し、豊かな心と体の育成
④特色ある教育活動を実施し、魅力ある学校づくりの推進
⑤地域と連携した学校づくりの推進
前年度の成果と課題(1)質の高い学力の充実・向上
・各学力テスト結果等で学力実態を的確に把握し、学力の充実・向上を目指す指導に結びつけることができつつある。
・教育計画の綿密な進行管理により、教育活動が年度当初の計画に沿ってでき、学力や学習意欲を高めることができた。
・府小研指定研究校としての成果を、全ての教育活動に積極的に生かすことができた。
(2)生活習慣や学習環境づくり
・保護者との連携を強化して、家庭での学習習慣や生活習慣の定着に努める。
(3)学校評価
・学校評価や教職員評価を、教育活動の充実や教職員の資質向上・実践的指導力の向上に生かす。
(4)地域との連携強化
・「地域から学ぶ」をキーワードに地域の人々との連携を深めて竹野地域を見つめ直し、ふる里「竹野」の良さに気づかせる。
本年度学校経営の重点
(短期経営目標)
①「知・徳・体」がバランスよく身につくように教育課程を編成し、実施する。
②教育諸計画の充実と組織的な学力の充実・向上を図る取組を推進する。
③指定研究を中心にした校内研修会の計画的な実施と教職員の指導力の向上を図る。
④児童のための安全な環境整備や指導を進め、安全意識を高める。
⑤学校評価・教職員評価を活用した教育活動を進める。
⑥地域への積極的な情報の発信や、家庭との連携による教育の充実を図る。
⑦校種間連携による教育の質的向上を図る。

評価項目重点目標具体的方策
教育課程
学習指導
(共通)
◎「知・徳・体」の力がバランスよく身につくように教育課程を編成し、計画的に実施する。


◎教育諸計画の充実と組織的な学力の充実・向上を図る取組を推進して、質の高い学力を育成する。
○指導目標・指導計画・授業時数などの教育課程を適切に編成・実施し、質の高い学力の育成に努める。。
○学力調査等で学力実態を的確に把握し、授業改善・学力向上に生かし、主体的に学習に取り組ませる。
○本校の学力向上システムをもとに、ねらいを明確にした授業を行い、組織的・計画的に児童の学力向上を図る。
○家庭との連携を図り、家庭学習習慣の確立と定着を図る。
○積極的な授業公開を行い、授業研究会の充実と指導力の向上を図る。
○朝読書や学級ごとの読書指や全校での指導を通して、児童の読書力の向上を図る。
人権教育
◎自己を尊重し、他者を尊重する態度や実践力を培う人権教育を推進する。○人権教育年間指導計画に基づいた計画的な教科指導を通 して児童の人権認識を高め、豊かな人権感覚と人権尊重の態度を育成する。
○計画的に研修会を実施て指導者としての人権認識を高め、児童一人一人の学力・進路保証に努める。
○学校便りや学級便り等で人権教育の取組内容を伝え、保護者や地域への啓発を図る。
特別支援教育
 
◎個々の教育的ニーズに応じた適切な教育的支援を行う特別支援教育を推進する。

◎通常の学級に在籍する特別に支援の必要な児童に対する指導方法の工夫改善を行う。
 
○支援加配によるTT指導を充実させて指導方法の工夫改善を行い、児童一人一人の教育的ニーズに応じた支援を進める。
○各学年の発達段階に応じた理解教育を推進する。
○交流教育や理解教育の実践を学校便りや学級便りで伝え、保護者や地域への啓発を図る。
○町内関係諸機関との連携を強化し、必要に応じた教育を推進する。
○障害のある人に対する理解教育を教育活動全体に位置付け計画的・継続的に推進する。 
道徳教育  ◎豊かな人間性を育む「心の教育」の充実に努め道徳的実践力を高める。  ○「京の子ども 明日へのとびら」「実践事例集」等を活用して 、心に響く道徳教育を推進する。 
○道徳的心情や道徳的判断力を高める授業を推進する。 
生徒指導
特別活動
(共通)
◎生徒指導の3機能(自己存在感、共感的人間関係、自己決定)を生かした積極的な指導を進め、好ましい人間関係の育成を図る。○温かい人間関係による学級を経営する。
学校や家庭での実態について把握したことをもとに、基本的生活習慣と生活規律の確立を図る。
○児童の考えを生かした異年齢集団活動を実施し、学校生活の充実・向上を図る実践的な態度を育てる。
保健管理
(共通)
◎児童の生活実態を把握し、家庭と連携した保健管理を進める。

◎望ましい食習慣を身に付けた健康的な生活を自ら実践する能力と態度を育成する。
○児童の発達段階に応じた保健指導を定期的に実施し、児童の健康意識の向上を図る。
○保健だよりの発行や生活実態調査を通して家庭と連携し、個に応じた健康管理を進める。
○定期的に栄養指導を実施して、食に関する興味や関心を高め、望ましい食習慣を育成する。
体育学習を中心にした工夫ある取組により、運動能力や体力の向上を図る。
安全管理
(共通)
◎安心・安全な教育環境づくりを推進する。○安全計画・危機管理マニュアルに基づき児童の安全確保を図る。
○児童の安全意識や危機回避能力を高める。
○保護者や地域と連携して具体的な防犯対策に取り組む。
家庭・地域
との連携
◎開かれた学校づくりと、地域に根ざした教育活動の推進を積極的に行う。
○学校公開を積極的に行い、学校教育に対する保護者や地域の理解と関心を高める。
○学校ホームページや学校便り等で情報発信を積極的に行い 、保護者や地域住民の学校教育に対する理解を高める。
○教職員がPTAや地域の行事に積極的に参加する。
研修・研究
◎公教育に課せられた使命と責任を自覚し、実践的指導力の向上を図る。
○教職員評価の活用等を通して資質能力の向上に努め、計画的・継続的な教育実践に取り組む。
○積極的・主体的に研修会に参加し、その成果を校内伝達を行うなどして、校内研修に生かす。
○年間研修計画に基づいた研修・研究を行い、授業実践力や専門性を基盤とした実践的指導力を 高める。
○府小研音楽科研究協力校として、個々の教員が指導者としての実践力を高める。