京都府教育庁指導部社会教育課  
 
京都府教育委員会TOP > 社会教育課 > 社会教育課の取組
 
社会教育課の取組

 いつでも・誰でも・どこでも・多様な方法で生涯にわたる学習活動を主体的に行い、その成果を適切に活かすことができる「生涯学習社会の実現」に向け、京都府の社会教育の推進に努めます。
 

社会教育を推進するために

 今年度取り組むべき京都府の社会教育の方向性をまとめ、目標や具体的対応などを示すものとして「社会教育を推進するために」を作成しています。
 こちらから → 
 
TOPICS
2020/12/24

「子育て」及び「幼児ふれあい」学習プログラム実践発表会

| by nc9admin
【北部会場】 令和2年12月8日(火)京都府総合教育センター北部研修所  
【南部会場】 令和2年12月10日(木)京都府総合教育センター


くわしくはこちら→ 

13:03
2020/11/13

令和2年度京都府人権教育指導者研修会Ⅱ

| by nc9admin
人権教育指導者研修会Ⅱ 11月13日(金)ルビノ京都堀川で上記研修会を行いました。
 今年度のテーマ「気づきから行動へ~対話・活動を活かした人権学習~」のもと、「あらためて考える人権教育のめざすもの~様々な課題をふまえて~」と題して、Facilitator’s LABO(えふらぼ)代表 栗本 敦子様にご講演・演習をお世話になりました。
 講演・演習を通して、自分や社会の当たり前を問い直す機会をいただきました。差別のある社会をどう変えるか、誰もが生きやすくなる視点を学び、深めることができました。
20:22
2020/11/05

令和2年度京都府家庭教育支援関係者研修会を開催しました。

| by nc9admin
【北部】令和2年10月29日(木)北部産業創造センター(綾部市)
【南部】令和2年11月5日(木)ルビノ京都堀川 

 子育て家庭を包み込む地域づくりを目指して、教育と福祉が連携して開催する本研修会は、今年で4回目を迎え、今回は、家庭教育アドバイザー、家庭教育支援チーム、婦人会、まなび・生活アドバイザー、NPO、民生委員、保健師、放課後児童クラブ指導員、家庭相談員、社会福祉士等、様々な立場で保護者や子どもに関わる方々が参加されました。

【講演・ワークショップ】
「保護者とうまく関わるヒント~安心安全の学びの場を作れる支援者になるために~」  
講師  SELF CREATION LAB 代表 下村 恭子 様

 下村先生には、保護者対応の基本についてお話しいただき、ワークショップを通して保護者の相談を能動的に聴きながら信頼関係を築く方法について学びを深めていただきました。また、ワークショップでは、「仕事脳」をリセットして柔軟な発想で、保護者の安心安全な居場所づくりについて話し合い、ポスター発表で交流しました。

家庭教育支援関係者研修会

「相手に寄り添いながら一緒に考えていくことの大切さを学んだ」「悩んでいる保護者に多方面の方とチームで関わることが大切だと思った」「子育ては「こうあるべき」という思い込みがあったことに気づかされた」「それぞれの現場の方と話す機会ができてよかった」「感染症対策について配慮いただきありがたかった」等の感想をいただきました。
20:25
2020/11/02

令和2年度京都府PTA指導者研修会研修動画

| by nc9admin
京都府PTA指導者研修会研修動画 令和2年度京都府PTA指導者研修会の研修動画を掲載しましたので、PTA研修会等でご活用ください。令和3年3月31日まで視聴できます。  
 演題
「今こそ考えたい親子のかかわり」
 講師
 京都大学大学院教育学研究科
 教授 明和 政子 様 

こちらから → https://youtu.be/ddKUbVRCy6M
20:26
2020/10/28

令和2年度第2回地域学校協働活動研修会を開催しました。

| by nc9admin

地域学校協働活動研修会


 10月28日(水)京都府総合教育センターで上記研修会を行いました。 
    地域学校協働活動推進員や地域コーディネーター、行政職員、学校職員の方たちの参加がありました。
 天理大学 副学長 岡田 龍樹(おかだ たつき)様に「学校と地域の『協働』について考える」をテーマに講演いただきました。「学校・地域協働活動」のこれまでの経緯や奈良市の実践を元にコーディネーター等の人材育成と発掘をどのように進めていくかなどについてお話をいただきました。
 その後、青葉中学校地域支援協議会、摩気高山子ども未来塾、精華西中学校区地域連携プロジェクト、美山地域学校協働本部から、優れた実践を発表していただきました。どの取組も子どもの成長を中心に据え、学校と地域が連携・協働した活動をされていました。何より実践発表者の熱意や情熱といったものを肌で感じました。
 参加者からは「子どもたちのためにできることをやり続けていきたいと思った。」「地域と学校の繋がりは、それに関わる人を元気にすると感じた。」等といった前向きな感想をたくさんいただきました。


20:23