Loading…

商業と情報の専門学科を設置する京都すばる高校は、規律ある授業と高い目標を持った特別活動を通じて、確かな学力と豊かな心を持った人材を育成します。

 
【 2020/09/16 】
 
 

 企画科の2年生が取り組んでいる協働学習「みんなごと化プロジェクト」の一環で、青年海外協力隊に参加された方によるオンライン講演会を行いました。(3クラスのうち2クラス目)
 9月7日(月)午後の講師は、佐藤省吾さん(ボツワナ共和国・コンピュータ技術)。
 現在はドイツ在住なので、講演時の現地時間は朝7時!出勤前のお忙しい時間に、ご講演くださいました。
 ボツワナのネットワーク事情や活動の様子を、資料や写真を交えて話していただきました。活動中、国の施策により、配属先の学校の学生募集が突然停止になるという大ピンチ!でも「何もできない・することがない」ではなく、自分の強みを生かしてできることを見つける、というお話がとても印象的でした。

【生徒の感想(一部)】
・ボツワナは教育と医療の無償制度があると聞いて驚いた。水道水も飲めるそうで、「学校に行けない」「貧しい」という途上国のイメージばかりではないことを知った。
・「ツワナ語」を生まれて初めて聞いた。今でも現地の友人と関係が続いているのは、本当にいいなと思った。
・自分も海外でチャレンジしてみたいと思っていたけど、正直諦めようかなぁと思っている気持ちもあったので、ものすごく背中を押されました。

*****

 企画科2年生は、今回の講演内容をもとに、開発途上国の社会課題解決に向けたビジネスアイデアを考えていきます!(講演会③へ)(講演会①へ)