Loading…

商業と情報の専門学科を設置する京都すばる高校は、規律ある授業と高い目標を持った特別活動を通じて、確かな学力と豊かな心を持った人材を育成します。

 
【 2019/06/11 】
 

 本校は今年度、文部科学省「地域との協働による高等学校教育改革推進事業(プロフェッショナル型)」の実施校として指定されました。
 京都は毎年600万人以上の外国人が訪れる、国際観光都市です。京都に住んでいる人は、一度は外国人に道を聞かれたことがあるのではないでしょうか。
 いっぽう、全国的に課題となっている少子高齢化や商店街の衰退などは、ここ京都でも例外ではありません。
 これから京都は、「住む人にとっても、訪れる人にとっても快適なまち」を目指していくことになります。今回の文科省事業では、今後3年間、主に商業2学科(起業創造科・企画科)において、地域の企業や大学等と連携しながら、京都が「住んでよし・訪れてよし」のまちになるよう、様々な取り組みをしていきます。
 例えば、起業創造科では伏見大手筋商店街、企画科では台湾の高校と連携した授業などを展開する予定で、授業の中では、行政のまちづくり担当者や大学の先生、企業の社員さん、留学生など、いろんな方と接する機会があります。
 「一歩前に踏み出したい!」
 「コミュニケーション力をつけたい!」
 「新しい世界を知りたい!」
 という中学生のみなさんは、ぜひ学校説明会に来て、文科省事業の説明や学科の紹介を聞いてみてください。