南丹市立園部幼稚園
幼児の館すこやか学園

     
 

お知らせ

040120 濃厚接触者のお知らせ.pdf

「児童虐待の根絶に向けて
 ~地域全体で子供たちを見守り育てるために~」
https://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/
seitoshidou/1422396_00005.html

「文部科学省から全国の子供たちへ」
https://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/
seitoshidou/1422396_00006.html
 

預かり保育について

警報発令時の対応について


警報発令時の措置について

幼稚園_.pdf

すこやか学園_.pdf

※すべての連絡は幼稚園メールで配信しますので、常に確認ができる状態にしておいてください。
 

アクセス


南丹市立園部幼稚園
南丹市立幼児の館すこやか学園
(園部幼稚園内)
〒622-0004
京都府南丹市園部町小桜町44
TEL 0771-68-0083
FAX 0771-63-1660
 

幼稚園

5歳児
12345
2022/01/18

♪1月のドキュメンテーションより

Tweet ThisSend to Facebook | by 管理者
<松   組>  1月11日.pdf  1月12日.pdf  1月13日.pdf  1月14日.pdf

<紅葉組>  1月11日.pdf  1月12日.pdf  1月13日.pdf  
17:34 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2021/12/10

♪生活発表会の取組からの学び♪

Tweet ThisSend to Facebook | by 管理者
12月10日(金)5歳児の生活発表会を行いました。
今年度は学年での開催。保護者1名の参加制限の中でしたが、保護者の温かい見守りの中、友達や先生と共に創り上げてきた劇遊びを表現することが出来ました。

<これは当日までの遊びの様子です>
 経験したことや大好きな絵本からイメージしたことを友達と共有しながら遊んできました。なりきることや言葉を交わすことはとても楽しいですが、相手に伝えるためには同じ役の友達と言葉をそろえないと伝わらないことに気づきました。

「みんなバラバラやったらわからへんなあ」「何て言ったらいいやろ」
相談し、自分たちで言いやすい言葉を決めます。
そうやって台詞が生まれていきます。

かえる母さんに名前を呼んでもらう時は、ここに来ることにしよう!
自分の場所に自分で目印を付け始めました。

「ごちそう屋さんはワゴンを使って移動式にしてみるのもいいかもね」と先生に提案してもらい、「いいね!」と意欲が沸いてきました。

<紅葉組>
 劇遊び~エルマーのぼうけん~

手作りリュックはリュウを助けるアイテムを入れるために欠かせません。

原作の「エルマーのぼうけん」には出てこない場面ですが、いつも遊んでいたネコだからこそのびのびと表現しています。しっぽはこだわって作りました。

相談していた台詞が皆で言えた時の満足感が次の意欲へつながります。

得意なことも劇遊びに取り入れて!認め合います。

この時、小さい組さんが劇遊びを観ようと入室。
この表情から観てもらうことへの喜びが感じ取れます。

見事、リュウを助けることができました!


<松組>
 劇遊び~おたまじゃくしの10ちゃん~

1学期、飼っていたオタマジャクシが弱ってきたため、園部公園に逃がしに行きました。その時の経験からこの劇遊びは始まっています。

作り直した可動式ワゴンは自分たちもやってみて良かったようです。

タガメはザリガニとの対決場面で、「どうやったら戦っているように見えるか?」を考えるように先生から課題を出され・・・スローモーションで動く!など考えていました。

そのザリガニです。タガメと一緒に表現を考えました。相互の思いが合わなければ出来ない表現です。

かえる母さんを助けるためのミッションに挑戦!
出来るようになることも大切ですが、できない友達をどう支えるかを考える取組になってほしいと願っていました。

見事!ミッションクリア!!


4歳児が憧れの表情で観ています。息を飲むように!
17:34 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0)
2021/11/14

園外保育(福知山市動物園)に行ってきました!

Tweet ThisSend to Facebook | by 管理者
11月12日(金)
延期していた園外保育に出かけました。福知山市動物園です。
大型バスにクラスごとに乗り込み、いざ出発!

ここからはグループごとに地図と餌をもって園内を巡ります。

さあ!どの動物から見ようかな?その動物はどこにいるかな?
地図で確認です。

自分が見たいところは友達に伝え、相談し、自分たちで決めて行動します。
一人一袋もらった餌も、どこでどれだけあげようかと子どもなりに考えていました。

リクガメのかめきちくん。本当は雌なんだって。どうしてかめきちくんになったのか?動物園の園長先生がその訳を教えてくださいました。

飼育員さんにもいろいろと尋ねながら、目的の動物の場所を探します。

動物によって餌を与える細工が違い、その仕組みにも興味をもって餌をあげていました。

エサを食べてくれると嬉しくなって思わず笑顔がこぼれます。

餌袋には野菜とペレットが入っています。与えてはいけない動物のこともしっかり聞いて、それぞれに合った餌を選びました。

お弁当がおいしかったね。

わんぱく広場に移動し、大きな遊具で遊びました。

いっぱい遊んだね。楽しかったね。
みんなで楽しんだこの日の体験が、今後の遊びに生かされることでしょう!
14:01 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0)
12345

★創立100周年記念歌★

 ♪ たからもの ♪
               作詞 保護者有志
               作曲 小谷   里美
1.ずっと ずっと 昔から
  みんなの笑顔 あふれてた
  竹馬 かんけり 小向山(やま)のぼり
  きらきら輝け どろだんご
  ありがとう ここでみつけた
  ありがとう たいせつなたからもの

2.いっぱい いっぱい けんかして
  にっこりあくしゅ なかなおり
  こっそりつくった ひみつきち
  ないしょの話を はじめよう
  ありがとう ここでみつけた
  ありがとう たいせつなたからもの

3.どんどん 青空(そら)に 広がるよ
  みんなのこえが ひとつになって
  ともだち せんせい 思いをのせて
  かがやく未来に とどけよう
  ありがとう ここでみつけた
  ありがとう たいせつなたからもの