新着情報

 
練習見学in 広島
硬式野球部
選手コメント④
硬式野球部
選手コメント③
硬式野球部
今日の校門
パブリックスペース
選手コメント②
硬式野球部
選手コメント①
硬式野球部
<今後の予定>
パブリックスペース
3年生お疲れ様会
硬式野球部
主権者として
パブリックスペース
成長するチームとは
硬式野球部
90306
学校紹介>校長あいさつ
 

校長あいさつ

  校長 上垣 昌之

 京都府立園部高等学校のホームページにアクセスいただき、厚く御礼 申し上げます。
 本校は、明治20年に船井郡高等小学校として創立以来130年の歴史と伝統を受け継ぎ今日を迎えることができました。これもひとえに地域の皆様をはじめ、卒業生の皆様や保護者の皆様、また本校教育振興会の皆様等々の温かい御理解と御支援の賜物と感謝申し上げます。



”伝統と歴史に支えられ”

 明治41年船井郡立高等女学校となり、京都府立高等女学校を経て大正15年京都府立園部中学校、昭和23年の学制改革により京都府立園部高等学校となりました。
 これまで多くの卒業生諸氏が各界で活躍されています。
歴史と伝統を引き継ぐとともに、地元の皆様の期待と信頼に応え地域に愛される学校となる努力を重ねてまいりました。


”健全・明朗・誠実”

 本校は『健全・明朗・誠実』を教育方針としてきましたが、平成10年には新しいタイプの専門学科『京都国際・福祉科』が設置され、これに伴い教育目標を
Global&Aware(~世界へ、思いやりをもって~)
と定めました。
 21世紀を担う人間としてグローバルな感覚をもち、国際理解と福祉の心を携えた人材育成を目指すとともに、知・徳・体の調和のとれた人間育成を基本としながら、個性の伸長を図ってまいりました。
 また、平成19年にはこの学科を発展させるため『京都国際科』と名称変更し推し進めてまいりました。
 さらに、平成18年には附属中学校が併設され、洛北高校附属中学校に次ぐ京都府立で2校目の中高一貫教育を導入し、基本コンセプトを『大志・知・創造』と定め、大きく高い志をもって、知の世紀をリードする創造性に富んだ人間の育成を目指し取り組みを始めました。
 平成23年度の中高一貫教育の完成年度を経て、平成27年度には開校10周年を迎えました。
 ここに至るまで先人が築いてこられた財産を引き継ぎ、そこで安穏とするのではなく、今後も更なる高みを目指して努力してまいります。
 様々な価値観が混在し、正解が一つとは限らない課題が山積する現代社会において、人々の多様性を受け入れその価値を見いだし、協働して課題解決に取り組むと同時に、自分の幸せのためだけでなく他人のため地域のためにも頑張れる、そんな生徒を育てたいと思っております。

 
   

Message from the principal              

   
                  

Principal UEGAKI Masayuki

                             
   
Thank you for visiting Kyoto Prefectural Sonobe High School’s website.   
   

Sonobe High School’s origins traced back more than 130 years, when Funai District Elementary School was established in 1887. Our rich cultural heritage is a key advantage as we move ahead in the 21st century. 

 We are deeply grateful for the support of our local community, parents and guardians, past graduates, as well as our school’s Education Promotion Committee. Thank you for your kind understanding and assistance. 

   
   

”Our history” 

   

In 1908, Funai District Elementary School was converted to Kyoto Prefectural Girls’ High School, which then became Kyoto Prefectural Sonobe Junior High in 1926. In 1948, following educational reforms, the school was officially renamed Kyoto Prefectural Sonobe Senior High School. 
 
Many notable alumni have made their mark in various fields. Together, we endeavour to pass on our rich traditions and become a

 school that is trusted and loved by the local community.

   
   

”All-round Development ・Optimism & Initiative・Honesty”

   Sonobe High School’s motto is “All-round Development ・Optimism & Initiative・Honesty”. With the establishment of the Kyoto International Welfare Course in 1998, we have also aimed to instill in our students a consciousness of international issues. This is encapsulated in our school vision: “Global & Aware”.

“Global & Aware”

As young people living in the 21st century, students of Sonobe High School should have a keen understanding of global issues.We aim for our students to be aware of, and sensitive to, global and humanitarian issues while cultivating their character, emotional, moral, intellectual and physical development. In 2007, the Kyoto International Welfare Course was renamed Kyoto International Course.

In 2006, we established the Integrated Course. Students who enter our attached junior high school will be granted direct admissions into our senior high school. We were the second high school (after Rakuhoku Senior High) in Kyoto to establish the Integrated Course.

Our attached junior high school aims to groom ambitious, well-learned and creative students who will thrive in a knowledge economy. Hence our motto, “Ambition, Intellect, Creativity”. 

At the end of theacademic year in 2011, students from the first class of our attached juniorhigh school completed their 6-year course of study.  Then, in the 2015 academic year, wecelebrated the 10th year of the program. 

Rather than merely taking over the wealth we have inherited from our predecessors, we will continue to reach for greater heights.  We will embrace the diversity of people in contemporary society where various values are mixed and correct answers are not limited to just one.  We see the value in this kind of society, as it is a chance to work together to solve problems and make ourselves happy at the same time.  I would like to nurture students who can work not only for their own benefit, but also for that of the community and its people.
 

校長  上垣 昌之