新着情報

 RSS
令和元年度同窓会総会のお知らせ
同窓会
4日目
R1台湾研修旅行
5日目 その1
R1シンガポール・マレーシア研修旅行
3日目 その2
R1台湾研修旅行
3日目 その1
R1台湾研修旅行
4日目 その2
R1シンガポール・マレーシア研修旅行
4日目 その1
R1シンガポール・マレーシア研修旅行
2日目 その2
R1台湾研修旅行
3日目 その2
R1シンガポール・マレーシア研修旅行
2日目 その1
R1台湾研修旅行
356491
H30台湾研修旅行
123
2018/07/06

園部公園到着

| by 研修旅行
直行便到着しました。
保護者の皆様をはじめ、お世話になった全ての方に感謝いたします。
ありがとうございました。
謝謝
21:32 | 投票する | 投票数(21)
2018/07/06

9号線開通

| by 研修旅行
9号線通行止め解除とのことです。渋滞がどれだけ解消されるかわかりませんが、上鳥羽で降りて、9号線経由で亀岡に入るルートに変更します。
現在八尾料金所です。近畿道に入ります。
19:43 | 投票する | 投票数(27)
2018/07/06

飲茶

| by 研修旅行
空港の近くまで来て、飲茶を頂きました。

写真は一部です。まだまだ運ばれてきます。





この後は、空港です。
関空からの帰り道が心配ですが、予定の飛行機に搭乗します。
生徒は若干疲れが見えていますが、皆元気です。
この後は、しばらくページ更新ができなくなると思います。
12:37 | 投票する | 投票数(28)
2018/07/06

野菜と肉

| by 研修旅行
故宮博物院へ向かう道です。通勤ラッシュです。


館内では、ガイドさんの解説を聞きながら、


定番の野菜、肉を見学しました。

ガイドさん曰く「野菜からの方が体に良い」とのこと。

館内で最も高価な茶碗(一客で時価4億円のものが2脚ありました)も写真撮影
生徒の向こうにあるので、写真には写っていません。


昼食会場に向かいます。
11:33 | 投票する | 投票数(23)
2018/07/06

最終日の朝

| by 研修旅行
今朝は青空の面積が大きいです。








ホテルをチェックアウトして、バスに乗車します。
この後は、故宮博物院を見学します。
08:40 | 投票する | 投票数(27)
2018/07/05

ホテルに帰ってから

| by 研修旅行
さて、ホテルに帰ってからの生徒の行動をお伝えします。

まずは、部屋に帰って、研修ノートにその日1日の訪問先の記録、収集資料を記録し、印象に残った場面や1日の感想を記入します。

各部屋の代表が、ツアーデスクの各担任に届けます。




その後、掲示板を見て、翌朝の行動時間を確認し、部屋に戻ります。
今晩の掲示板には、明日の臨時休校や月曜日の校時の連絡もありました。


集まった研修ノートの山


担任はこの後点検し、翌朝に返却します。
21:55 | 投票する | 投票数(27)
2018/07/05

課題研究のテーマ

| by 研修旅行
本校では2年生で課題研究に取り組みます。課題研究では、生徒一人一人が研修旅行前に研究テーマを設定し、フィールドワーク等の現地調査を経て、2学期にレポートやポスターにまとめ、発表します。

ここで、今年の研究テーマの一部を紹介します。
・台湾で人気の日本の観光地はなぜ寺なのか
・台湾では茶によって茶器が変えられる工夫がされているのか
・台湾の一般家庭では外食をすることが多いと言われているが、その程度はどうか
・日本と台湾のかき氷の違い
・日本と台湾の校則の違い
・日本と台湾のラーメンの違い

それぞれ、日本の文化と台湾の文化を意識しながらテーマを設定しているようです。
どのような結論が導き出されるのか、レポートと発表会が楽しみですね。
21:31 | 投票する | 投票数(30)
2018/07/05

楽しい思い出の交流

| by 研修旅行
夕食は、モンゴリアンバーベキュー
肉や野菜を自由に取って渡すと、鉄板の上で焼いてもらえます。



テーブルを囲みながら、午前中の交流や午後のフィールドワークを仲間で共有し、大変盛り上がっていました。
21:14 | 投票する | 投票数(26)
2018/07/05

フィールドワーク終了

| by 研修旅行
口丹地域の大雨情報が気になりますが、ページ更新します。

楽しい時間があっという間に過ぎ、集合場所に帰ってきました。
大学生や育成高校生との別れを惜しみながら、夕食会場へと向かいました。





21:02 | 投票する | 投票数(25)
2018/07/05

育成高校生、現地大学生と共に

| by 研修旅行
育成高校で全員の集合写真を撮った後


グループ毎に、市内フィールドワークに出ます。
本校生徒6名、育成高生徒4名、大学生1名程度のグループです。


自己紹介の後、本校生徒があらかじめ考えていた行動計画を確認し、フィールドワークに出かけました。行きたい所が伝わるようにコミュニケーションを取っているでしょうか。
17:08 | 投票する | 投票数(24)
123