SAGANO BLOG >> 記事詳細

2018/03/23

SGHアメリカ フロリダ研修の課題研究を京都大学で発表!

Tweet ThisSend to Facebook | by 京都府立嵯峨野高等学校サイト管理者
 SGHアメリカ フロリダ研修に参加した生徒たちが、現地で行ったフィールドワークを基に行っている課題研究を京都大学大学院地球環境学堂 地域資源計画論分野の 西前 出先生の研究室で発表し、大学院生の方々と交流させていただきました。この研究室には、日本、インド、サモア、ヴェトナム、中国、インドネシア等の各国からの学生が在籍されています。


                       国際色豊かな西前研究室の方々と共に

 海に漂うプラスチックゴミのように、人間の生活が及ぼすウミガメ等の生物への害や、その一方でウミガメ保護を積極的に行うフロリダの施設、また、白頭ワシの保護に取り組みながら事業を展開するアメリカの電力会社等を見学した経験や、フロリダ ジュピター高生とのフィールドワークで学んだことを基に、京都の現状と合わせて分析をし、取り組んでいる課題研究の内容を英語で発表しました。





発表後にはたくさんの質問やコメントをいただきました。


和やかな雰囲気の中、質疑応答が進みました。


 まず「知る」ことが大きな1歩につながるという生徒たちの主張から出てきた、"Education is important." というメッセージに対して、温かなコメントや質問をたくさんいただき、非常に有意義な交流となりました。このような貴重な場を提供してくださった 西前先生と大学院生の方々に御礼を申し上げます。
18:24 | SGH
 

カウンタ

897748